大人のメルボルン! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

世界で最も住みやすい街に選ばれた「メルボルン」は、ヨーロッパ調の歴史的建造物や緑豊かな公園がたくさんあり、のんびりと過ごせるオーストラリアの都市です。

今回は、そんなメルボルンからおすすめの観光スポットや名所を厳選して10か所ご紹介します。

スポンサーリンク

メルボルン 人気観光スポット1. フリンダース ストリート駅

メルボルン市街地の中心にある「フリンダース・ストリート駅」は、1854年に完成したオーストラリア初の駅です。エドワード王朝風の威風堂々たる外観の建物は、歴史的建造物に認定されていて、メルボルンのシンボルとなっています。

「フリンダース・ストリート駅」は、1日に25万人もの人が利用するターミナル駅で、駅前はメルボルンの名物ともいえる無料路面電車「トラム」のターミナルになっています。

また駅の下は、「キャンベルアーケード」と呼ばれる地下街になっていて、ショップやカフェがあり定期的にイベントも開催されています。

「フリンダース・ストリート駅」は、夜には美しくライトアップされ、メルボルンのシンボルとして市民や観光客の定番の待ち合わせ場所としても人気です。

メルボルン 人気観光スポット2.ロイヤルアーケード

「ロイヤルアーケード」は、1869年に開業したメルボルンでも最も古いアーケードの1つで、100年以上の歴史を誇るショッピング通です。ルネサンス様式のクラシカルなデザインは、観光客だけでなく市民にも親しまれています。

19世紀ビクトリア様式の高級感あふれるアーケードは、建築された当時に電気が普及していなかったため、ガラスを多用し自然光をたっぷり取り入れる設計となっています。

入り口にある古い大時計が目印で、アーケード内には、輸入雑貨やアンティークなど、古くからここで営業を続けるお店が並んでいます。また、チョコレート専門店やマカロン専門店などスイーツのお店やお洒落なカフェもたくさんあります。

メルボルン 人気観光スポット3.ビクトリア州立図書館

「ビクトリア州立図書館」は、1854年に完成したオーストラリア最初の図書館です。メルボルン・セントラル駅の向かい側にあり、RMIT大学(ロイヤルメルボルン工科大学)の学生や観光客でいつも賑わっています。

「ビクトリア州立図書館」は、200万冊以上もの蔵書があるだけでなく、書物以外にも絵画などの多くの美術品も展示されていて博物館の機能も併せ持った施設です。

「ビクトリア州立図書館」は、世界一美しい図書館と言われ、その一番の見所は入り口を入るとすぐの「La Trobe Reading Room」で、吹き抜けの広々とした八角形のドームには、3段にわたり扇形に蔵書スペースがあります。

メルボルン 人気観光スポット4.メルボルン動物園

「メルボルン動物園」は、1857年設立のオーストラリアで一番古い動物園で、世界でも3番目の古さです。

メルボルンのシンボルである「フリンダース・ストリート駅」から北西に約3kmと、市の中心部から電車でもトラムでも行くことができる好アクセスの場所にありながら、22haという広大な敷地を持っています。

広大な敷地の中には、350種以上、3000頭以上の動物や鳥類が生息しており、なかでも、コアラやウォンバット、カンガルー、カモノハシなどオーストラリアと固有の動物は、ぜひ見ておきたいエリアです。

また「メルボルン動物園」には、オーストラリア固有の植物が見られる「オーストラリアブッシュガーデン」や日本庭園もあります。

メルボルン 人気観光スポット5.グレート オーシャン ロード

「グレート オーシャン ロード」は、ビクトリア州南西部のトーキーからアランズフォードまでの約240kmも続く海岸沿いを走る、世界で最も美しい海沿いのドライブルートと言われる道路です。

その美しい景色からCM撮影にも良く使われる場所で、特に「12使徒」と呼ばれる奇岩群は人気の観光スポットとなっています。また、「ロンドンブリッジ」や「ロックアードゴージ」といった名まえが付けられた数々の奇岩が見られます。

「グレート オーシャン ロード」にある「オトウェイフライツリーウオーク」では、太古からの冷温帯雨林の木々上に設けられた全長600m、高さ30mの空中遊歩道で、音をたてて流れる滝や渓谷やコケで覆われた太古の木々の眺めを上空から楽しむことができます。

また、コアラやカンガルーなどオーストラリアならではの野生動物達がたくさん生息しているので自然観察にもおすすめです。

メルボルン 人気観光スポット6.クイーン・ビクトリア・マーケット

「クイーン・ビクトリア・マーケット」は、1878年にオープンし130年の歴史を持つマーケットです。また、南半球最大の市場として知られています。

19世紀の雰囲気を今もそのままに残こす広い建物の中は、生鮮食品のエリアやデリのエリア、衣料品のエリア、お土産店のエリアなど、いくつものエリアに分かれ、新鮮な野菜や果物などの食料品はもとより、小物やインテリア用品、アクセサリーなどが並んでいます。

夏季(11月~3月)と冬季(6月~8月)の毎週水曜日にはナイトマーケットが開催され、世界各国の料理が並ぶ屋台や、ミュージシャンによるライブ、地元アーティストの作品展示販売などが楽しめます。

海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび