名古屋の担々麺がおいしいお店ランキングbest8!スープと肉味噌が味の決め手!汁なしも旨い!

東海

名古屋には担々麺の人気店が群雄割拠しているので、どの店に行ってみようか悩んでしまうことも多いでしょう。

今回は、名古屋の坦々麺の人気店からさらに厳選したランキングbest8をご紹介します。どの店の担々麺も高レベルなので、他の料理のクオリティも評価のポイントに加えました。

ランチはもちろん、ディナータイムにも楽しめる店がそろっています。

スポンサーリンク

名古屋の担々麺ランキング第8位 大須たんたんめん

名古屋の担々麺ランキング第8位の「大須たんたんめん」は、元々は大須で人気の担々麺店でしたが火災で一時営業休止、その後現在の新栄で再開しました。「大須たんたんめん」のお店は、地下鉄東山線の新栄町から徒歩で7~8分の場所にあります。

「大須たんたんめん」は、麻(マー)と辣(ラー)の効いた本格的な担々麺を売りとしており、「担々麺」(800円、以下全て税込)は不動の人気No.1です。

クリーミーな「辛さをおさえた担々麺」(800円)は人気No.2。その他「パイコー担々麺」(1,080円)や「味噌担々麺」(880円)も人気です。

「汁無担々麺」(780円)は刀削麺をイメージした食べ応えのある麺に、辛さがやみつきになるとリピーターが続出しているメニューです。

「大須たんたんめん」には、ランチタイムには「ライス」が無料、「ぎょうざセット」(150円)や「からあげセット」(180円)、「サラダセット」(100円)などお得な追加メニューもあります。

「大須たんたんめん」は、名古屋でもおすすめしたい担々麺店の一軒です。

名古屋の担々麺ランキング第7位 FARO 花楼

名古屋の坦々麺ランキング第7位は「FARO 花楼(ファーロー)」です。

「FARO 花楼(ファーロー)」は国際センター駅徒歩5分、名古屋駅からも徒歩圏内にある中華バルです。売りは餃子と担々麺です。

「FARO 花楼(ファーロー)」は、1920年代の上海裏通りにあったような、小さな食堂をイメージして作られています。「FARO 花楼(ファーロー)」に入ったら、「やなぎ橋 焼き餃子」(10個400円、以下全て税込)とビールでスタートが人気のパターンです。

「FARO 花楼(ファーロー)」の「担々麺」はオリジナルの平打麺の「汁なし」(830円)、極細麺の「汁あり」(850円)に胡麻とラー油と花椒を組み合わせ、「金」、「銀」、「赤」、「黒」、「白」、「白金」と6色の味を用意しています。

「FARO 花楼」には、その他にも「アヒージョ」(700円)や「四川麻婆豆腐」(900円)もあるので、居酒屋使いにも最適の店です。名古屋の担々麺店では第7位にランキングしました。

名古屋の担々麺ランキング第6位 錦城 本店

名古屋の坦々麺ランキング第6位は「錦城 本店」です。地下鉄東山駅徒歩で10分弱、高畑公園近くにある「錦城 本店」は、名古屋でも人気の四川料理店です。

「錦城 本店」のご主人は四川料理の大家である東京の四川飯店、陳建民氏の技を受け継ぎ、現在の名古屋でその料理を提供し続けています。

「錦城 本店」の「たんたん麺」(880円、以下全て税込)は、辛さの中にしっかり旨みがある本格的なもの。この店の一番人気です。

「錦城 本店」のランチタイムには「担々麺とご飯セット」(960円、大盛り1,250円)、「炒飯と半量担々セット」(1,160円)などのセットメニューもあります。

その他、四川飯店直伝の「マーボ豆腐」(1,080円)も人気の一品。これには「半量」(620円)もあるので、トッピング的に利用できます。

なお「錦城 本店」ではフランチャイズとして、小牧店、春日井店、住吉店、中切店、上前津店の5店舗があるので、近くに行ったときには寄ってみてはいかがでしょうか。

名古屋の担々麺ランキング第5位 中国名菜 來杏本店

名古屋の担々麺ランキングの第5位にランクインした「中国名菜 來杏(らいか)本店」は名古屋駅から徒歩5分、いちご名古屋ビルの地下一階に店を構えます。

「中国名菜 來杏(らいか)本店」の看板メニューの担担麺は細麺の「汁有り担担麺」と、きしめん風の平打ち麺が特徴の「汁無し担担麺」があって、基本メニューだけで11種類のラインアップを誇ります。

辛さも「無し」から「花椒(ホアジャオ)」や「青山椒」の追加まで調整できます。特に、定番の担担麺に花椒を加えた「漢源花椒入り麻辣汁有り担担麺」(950円税込)がおすすめ。本格的な山椒の痺れを楽しむことができます。

名古屋駅から徒歩圏内で本格的な痺れ担担麺を楽しむなら、ここ「中国名菜 來杏本店」へぜひどうぞ!

名古屋の担々麺ランキング第4位 中国料理 桂花

名古屋の坦々麺ランキング第4位は「中国料理 桂花」です。「中国料理 桂花」は名古屋臨海高速鉄道の中島駅から徒歩20分と、アクセスには恵まれた場所ではないにもかかわらず、名古屋でも人気の中華料理店としての位置を確立しています。

「中国料理 桂花」の担々麺は具に金針菜が乗っているのが特徴で、これだけでも本格的な中国料理であることが伺えます。ランチタイムには「麺ランチ」(1,000円、以下全て税込)で担々麺が食べられます。

辛みもしっかりありながら、胡麻の香りと旨みが絶妙の肉味噌が味の決め手で、一度食べたら病みつきになると人気です。

「中国料理 桂花」でもうひとつの人気メニューが「天津反」。一般にいう「天津飯」ですが、このお店独特の香ばしさが人気の秘密です。ランチタイムには「天津反ランチ」として1,000円でいただけます。

「中国料理 桂花」は名古屋の中心部ではありませんが、この担々麺と天津反を食べるために出かける価値のある名店です。

スポンサーリンク