名古屋で角打ちが楽しめるレトロな酒屋厳選8店!角打ちとは?

東海

「角打ち」とは、量り売りの酒を升で飲むことから転じた、酒屋で買った酒をその場で飲むこと、つまり「酒屋で酒を楽しむこと」です。

酒屋で買ったお酒に、おつまみは店にある乾き物や缶詰が中心なので、居酒屋などとは比較にならないくらい安くすみます。これこそが角打ちの魅力でもあります。

今回は、名古屋でおすすめの角打ち酒屋をご紹介します。どの店もコスパ抜群の、気軽に角打ちを楽しめる店ばかりです。

スポンサーリンク

名古屋の角打ち酒屋1.佐野屋

名古屋の角打ち酒屋、最初にご紹介するのは「佐野屋」です。佐野屋は、名古屋の角打ちを語るには、外すことができない一軒です。

名古屋駅からは3~4km、ナゴヤドーム近くの大曽根にあり、JR、名鉄、地下鉄の各大曽根駅から徒歩3分くらいの場所です。

酒屋の店内に立ち飲みスペースがあるという、「角打ち」の典型的な店造りになっています。そしてカウンターは、居酒屋の定番スタイルの「コの字型」です。

佐野屋の特徴は、何といっても「料理」。乾き物や缶詰だけの店も多い角打ち店にあって、佐野屋には刺身(マグロ中落ちが200円くらい)、焼き鳥(80円×2本~、店で焼きます)、揚げ物(揚げたて)などがそろっています。。

さらに、角打ちならではの「ゆで玉子」(50円)をはじめ、「きゅうり浅漬け」など100円から150円のメニューなども充実しています。

名古屋で「センベロ」の角打ちを楽しみたいなら、ここ佐野屋は「わざわざ出向く価値のある店」といえるでしょう。

スポンサーリンク