埼玉のおすすめ紅葉スポット8選!ライトアップも楽しめる名所!見頃はいつ?

関東

秋が近づくと、紅葉を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

カエデやモミジ、イチョウやコマユミなど、とても綺麗。木のパワーをもらって心のデトックスができそうです。

それでは、自然の木々たちの紅葉が観れる埼玉のおすすめスポット8選をご紹介します。

同じ埼玉ですが木々により色づく時期に少しずつ差があるので、それぞれの見頃を追いかけながら紅葉狩りスポットへお出かけください。

(気象庁による埼玉県の紅葉の見頃は平年は11月下旬、寒くなるのが早い年は遅めの12月上旬と予想されています)

スポンサーリンク

埼玉のおすすめ紅葉スポット1. 吉見町 八丁湖公園

埼玉の県央にあたる吉見町が運営している八丁湖公園では、湖の周りを季節感あふれる木々が立ち並んでいます。

その湖の八丁湖は、農作物のために徳川の時代に造られた人工のため池で、改修工事を経て現在の八丁湖公園になりました。

開園時間  いつでも入れます

利用料   無料

駐車場   町営の無料駐車場が隣接

湖には鳥や鯉や亀が泳いでいて、その様子を湖の中ほどにある桟橋から間近で観ることができるようになっていますが、桟橋から望む紅葉も素敵です。

八丁湖公園をぐるっと取り囲む遊歩道はウォーキングコース1.6㎞。紅葉を楽しみながら散策することができる最高のロケーションスポットです。

ウォーキングコースを途中で少し外れるとジョギングコース2.1㎞、八丁湖公園の東側にはトラッキングコース500mがあり、どこも紅葉を観ながら運動をすることができ、マイナスイオンを吸い込みながら、汗をかいてリフレッシュになります。

公園内はペットOKなので、愛犬や愛猫と一緒に散歩することもできますよ。

ただし、八丁湖公園内には野良猫さんたちが数匹いるので、喧嘩にならないようにご注意ください。

その他にも、八丁湖公園北側には丘陵コース、自然植物コース、野鳥観察コースがあり、自然の紅葉を満喫できます。

毎年11月中旬に週末の3日間、ヒーリングナイトのイベントが開催されます。

ヒーリングナイトでは、赤・青・緑などの色で木々がライトアップされ、バザーやオーケストラのアンサンブルコンサートなど多くのイベントが行われます。

このヒーリングナイトは、埼玉のイルミネーションおすすめスポットとして有名で、電飾と色のあるライトで照らされた幻想的な葉色は魅惑の世界です。(イベントの開催日は吉見町の公式サイトで確認することができます)

近隣にある吉見観音も一緒にヒーリングナイトが行われるので、そちらにも足を運んでみてください。

平年の見頃は11月中旬からとなっております。

■詳細情報

吉見町役場 八丁湖

埼玉県比企郡吉見町 黒岩1080

埼玉のおすすめ紅葉スポット2. さいたま市 盆栽村

埼玉県が世界に誇る伝統芸術の盆栽の村がさいたま市北区盆栽町にあり、盆栽の芸術美を観るために、通年を通して多くの人々が訪れます。

ここでは創作美の紅葉と、盆栽村の住人達が庭に植えている木々の紅葉が観られます。

東武野田線の大宮公園駅を出て徒歩5分のところにある盆栽村は、約10万坪の広さの街で、大正14年に盆栽職人たちが作った街です。

その頃は、住人になるための条件として盆栽を10鉢以上、門扉は開けておく、垣根を作るなどといった条件がありました。

その名残りが、今でも盆栽町の景観を引き継いでいるようです。

ここに来れば日本で観られない木は無いと言われているほど、盆栽村にはさまざまな木が植えられています。

また、通りの名前には植えられている街路樹の名前がついていて、カエデ通りにはカエデの木、ヤナギ通りにはヤナギの木というように植えられています。

紅葉の季節のスポットは、カエデ通り、モミジ通り、ケヤキ通りでしょうか。

そんな盆栽村の街全体が、風情を楽しめる季節情緒あふれる街となっているので、散策するにはピッタリです。

ライトアップは日が暮れると街路灯がともり、夜の盆栽町もひと味違った風情に変わります。月明かりと街の街路樹に癒されること間違いありません。

また、マンホールの柄も一つ一つ違う盆栽の柄がほどこされているので、マンホールを見つけながら紅葉狩りを楽しんでください。

盆栽村の伝統産業事業所の開園施設

・芙蓉園 さいたま市北区盆栽町96
・九霞園 さいたま市北区盆栽町131
・清香園 さいたま市北区盆栽町268
・蔓青園 さいたま市北区盆栽町285
・藤樹園 さいたま市北区盆栽町247

定休日  木曜日・年末年始(園により臨時休園あり)入場料  無料

※開園時間は園により異なります。

盆栽美術館

開園時間 3月~10月 9:00~16:30

11月~2月 9:00~16:00

定休日  木曜日・年末年始・展示替え期間

入館料  300円

芸術も味わえて紅葉も楽しめる盆栽村は、知る人ぞ知る埼玉のおすすめ紅葉スポットです。

近隣にある氷川神社の自然が織りなす紅葉を観たあとに、盆栽村の創作美の紅葉という楽しみ方もありますよ。

平年の見頃は11月中旬ですが、盆栽村は通年を通して何かの木々が楽しめます。

■詳細情報

さいたま市/大宮盆栽村

埼玉県さいたま市北区盆栽町

埼玉のおすすめ紅葉スポット3. 嵐山町 嵐山渓谷

与謝野晶子が愛した埼玉の景勝地、嵐山(らんざん)町にある嵐山渓谷は、京都の嵐山(あらしやま)に似ていることから「武蔵野国嵐山」と名付けられ、その後現在の嵐山になりました。

槻川が流れる嵐山渓谷の谷間と石畳を挟むようにそびえ立つ木々の紅葉は、埼玉県民の癒しの場のスポットとして親しまれています。

また、大きく180度カーブする槻川の地形と雄大な自然、紅葉風景は時間を忘れてずっと観てしまう美しさです。

開園時間  いつでも入れます

利用料   無料(バーベキューなど利用する場合は別料金)

駐車場   町営の無料駐車場があるが台数が少ない

バーベキュー場の駐車場は有料

嵐山渓谷には冠水橋や飛び石、渓谷の周りを散策できる遊歩道やキャンプ場があり、1日いても楽しめます。

愛犬と一緒に楽しみたい方は、近隣にドッグカフェ「フクロウの森」がありますよ。愛犬を連れている人が多いのも、嵐山渓谷の特徴です。

自然の紅葉風景を眺む埼玉の穴場スポット嵐山渓谷に、足を運んでみてください。

ライトアップがないので、日中のお出かけをおすすめします。因みに平年の紅葉の見頃は11月下旬です。

■詳細情報

嵐山渓谷

埼玉県比企郡嵐山町大字鎌形2627

埼玉のおすすめ紅葉スポット4. 国営武蔵丘陵 森林公園

埼玉県だけでなく、全国で初めて国営になった森林公園は、埼玉県比企郡の滑川町にあります。

それはそれは広大な敷地の公園で、広さは東京ドーム65分、まるで一つの街ができてしまいそうな広さです。

公園入口は4ヵ所ありますが、目的地により園内で相当歩くことになりますので、下調べをしてから出掛けられることをおすすめします。

開園時間  3月1日~10月31日  9:30~17:00

11月1日~11月30日 9:30~16:30

12月1日~2月末日  9:30~16:00

休園日   年末年始・1月第3第4の月曜日

利用料   450円

駐車場   森林公園各入口に有料駐車場あり

入れない場合は近隣に民間有料駐車場あり

森林公園はイチョウやカエデなどの紅葉だけでなく、ツバキやシクラメンなどの花々や、キノコ類やリンドウなどの野草も観ることができ、通年を通して四季を感じる公園となっています。

また、ノウサギやタヌキ、ネズミ類も園内にいるので、散策をしながら動物達を見かけることができるかもしれません。

園内はさまざまなタイプの広場や公園がたくさんあり、シートを広げてお弁当を食べながら紅葉狩りを楽しんでいる方もいますよ。

おすすめスポットは10月6日(土)~11月4日(日)の土・日・祝日に行われる「ライトアップとアートなイルミネーション」イベントです。

時間は17:00~20:30(最終入園20:00)

見頃は11月中旬前ですが、すでに黄色く色づいてライトアップされたイチョウは、イルミネーションに負けないくらいきれいです。

園内のさまざまな場所で紅葉を楽しみたい方は、レンタル自転車をおすすめします。

17kmのサイクリングが楽しめるほか、好きな時にさまざまな紅葉スポットに移動できるので便利です。

料金 3時間410円 1日乗り放題520円(繁忙日以外)

※電動自転車などさまざまなタイプあり

また、園内バスも1時間に1~2本走っています。

料金 1回210円

埼玉県内の公園で最大の広さを誇る国営武蔵丘陵森林公園の自然体験をしながら、紅葉三昧の休日を過ごしてみませんか。

■詳細情報

国営武蔵丘陵森林公園

埼玉県比企郡滑川町山田1920

スポンサーリンク