大人のバルセロナ! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

日本での有名なサグラダ・ファミリアなど有名な建築家アントニオ・ガウディやドメネク・イ・モンタネーが手掛けた世界遺産に登録されている建築物が数多く立ち並ぶバルセロナは、ヨーロッパの中でも最も人気の高い観光都市です。

今回は、そんなバルセロナからおすすめの観光名所や穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

バルセロナ 人気観光スポット1.サグラダ・ファミリア教会

バルセロナの人気観光スポット、最初にご紹介するのは「サグラダ・ファミリア」です。

「サグラダ・ファミリア」は、バルセロナにあるカトリック教会で正式名称は「聖家族贖罪教会」といい、人々の現世の罪を贖うための浄財で建設費をまかなっています。

建築家アントニオ・ガウディが生涯をかけて取り組んだ大聖堂で、1882年に着工し今なお未完成です。

2005年に、サグラダ・ファミリアの一部(生誕のファサードと地下礼拝堂)が「アントニ・ガウディの作品群」として、ユネスコの世界遺産に登録されています。

1882年の着工から完成までに300年は必要とされていましたが、ガウディ没後100年となる2026年に完成する予定と発表されています。

ガウディの生前に完成しユネスコの世界遺産に登録されている「生誕のファサード」には、イエス・キリスト誕生の様子などが繊細な彫刻で表現されています。

また、日本の彫刻家、外尾悦郎氏が作った音楽を奏でる天使たちの彫刻も置かれています。

バルセロナ 人気観光スポット2.モンセラット修道院

バルセロナの人気観光スポット、次にご紹介するのは「モンセラット修道院」です。

「モンセラット修道院」があるモンセラットは、スペインを代表する重要な巡礼地「サンティアゴ・コンポステーラ」と並ぶキリスト教の聖地といわれる場所です。

「モンセラット」とは「のこぎり山」という意味で、標高1,241mのモンセラットの山には、円筒型の岩がいくつも寄り集まっています。

またこの山は、スペインの有名な建築家ガウディが創作のヒントを得るため度々通ったと言われています。

そのモンセラットの岩山に建つ「モンセラット修道院」は、9世紀からの長い歴史を持ち、黒いマリア像や、世界的レベルの少年聖歌隊のミサで有名です。

バルセロナ 人気観光スポット3.カサ・ミラ (ラ・ペドレラ)

「カサ・ミラ」は、グラシア通りにある建物で、建築家アントニオ・ガウディが設計し、実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅兼集合住宅として1906年から1910年にかけてて建設されました。1984年にユネスコの世界遺産に登録されています。

「カサ・ミラ」は、直線部分をまったく持たない独特のデザインが特徴的な建物で、建設当時のバルセロナ市民は、その見た目から「石切場(ラ・ペドレラ)」というニックネームで呼んでいました。

「カサ・ミラ」には、住宅部分は広さ約300㎡で8室あり、現在も4世帯が住んでいます。建物の内部は、ガウディ建築に関する博物館にもなっていて、住居部分や屋上も見学することができます。

バルセロナ 人気観光スポット4.カサ・バトリョ

「カサ・バトリョ」は、バルセロナのメインストリートであるパセジ・ダ・グラシア通り沿いに建つ建築家アントニ・ガウディが手がけた建築物の1つで、2005年にユネスコの世界遺産に登録されています。

「カサ・バトリョ」は、1877年に建設された建物で、実業家ジョセップ・バトリョの依頼で1904年から2年をかけてガウディが増改築を行いました。もともと5階建てだった建物は、地下1階と地上6階、屋根裏部屋が増築されています。

「骨の家」や「あくびの家」とも呼ばれるタイルやステンドグラスの装飾を施したユニークな外観が特徴の建物で、長く未公開でしたが、2002年のガウディ生誕150年に一般公開されるようになりました。

バルセロナ 人気観光スポット5.カタルーニャ美術館

「カタルーニャ美術館」は、バルセロナのモンジュイックの丘にあるにある国立美術館で、カタルーニャのロマネスク美術やゴシック美術、モデルニスモ美術などが展示されています。

なかでも11~13世紀のロマネスク美術は、ピレネー山脈周辺の修道院や教会、聖堂内部の壁画や祭壇装飾、彫刻を集めた世界屈指といわれるコレクションです。

特に、ボイ谷のタウル村にあるサン・クレメンテ教会から修復のため移された壁画「全能のキリスト」は絵画に奥行きをもたせる鮮やかな色彩が特徴で最高傑作といわれています。

バルセロナ 人気観光スポット 6.グエル公園

バルセロナにある「グエル公園」は、建築家アントニ・ガウディが手掛けた公園です。もともとは、ガウディのスポンサーであったグエル伯爵が計画したイギリス式の庭園式住宅でした。

しかし、グエル伯爵の家と、ガウディの家の他は1棟しか売れず、1992年にバルセロナ市が取得管理することになり公園となりました。

1984年には「アントニ・ガウディの作品群」として世界遺産に登録されています。

グエル伯爵の家だった建物は、現在は学校に、ガウディの家はガウディ博物館として利用されています。市場の上にある広場からはバルセロナの市街地が一望でき人気の絶景スポットとなっています。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび