フランス シャモニー発日帰り3か国周遊の旅が15ユーロから実現する旅行ガイド!

海外

夏場、日本人観光客も多いフランスのシャモニー。シャモニーは、スイスとイタリアの国境にも近く、それぞれ30分で国境越えができます。

そんな地の利を活かして、日帰りで3か国周遊の旅に出かけてみませんか?

スポンサーリンク

周遊の旅の起点フランスのシャモニー

モンブランのおひざ元シャモニーは、夏場日本からの観光客も多く、麓からでも十分大迫力の景色を堪能することができます。

また、アウトドアスポーツのメッカでもあり、各種アウトドアスポーツを体験するなら、世界のトップで活躍する講師陣に習える穴場でもあります。

特にクロスカントリースキーは、各年代で世界チャンピオンも多いので、運が良ければ世界チャンピオンのレッスンを受けれるチャンスもあります。実際に娘は、学校の授業で世界チャンピオンのレッスンを受け、元スピードスケートのフランスチャンピオンで、ワールドカップにもたくさん参戦した方に週一回レッスンを受けています。

スイスのジュネーブ国際空港からは、各社が相乗りのバスを運行しており、約1時間から2時間。片道10ユーロ未満から20ユーロでアクセスすることが可能です。

シャモニーは、イタリアとスイスの国境にも面しているので、周遊の旅をするのにも穴場の観光地です。

シャモニーから、スイスのマルティ二へ

まずは、シャモニーからスイスのマルティ二へ。マルティ二へのアクセスは、2通り。

①モンブラン・エキスプレス 所要時間1時間50分程 片道 27,70ユーロ

少し変だと思うかもしれませんが、同日往復の場合、往復で26,30ユーロと片道買うのよりも安くなります。この価格は、シャモニーの駅で確認したところ年中行っているプロモーション価格だそう。

なお、シャモニーの駅構内にある自動販売機で値段を確認したときには、通常価格で片道56,60ユーロと表示されたので、必ず窓口で購入するようにしましょう。

②車の相乗り 所要時間約1時間から1時間40分 相場は、5ユーロ

ヨーロッパでは、車の相乗り利用者はかなり多く、電車よりも早く、電車よりも約5分の1くらいのお値段で移動できる方法として大変人気が高く、私も週1回位利用しています。

旅の友もできるし、フランスの場合車を出してくれる人に教育関係者や、医療関係者が多く、とても素敵な出逢いがあります。語学上達にもつながるし、暮らした気分で旅の醍醐味も増します。

ヒッチハイクと違い、あらかじめサイトに個人情報を登録しないと利用できないため、交

通事故の心配を除けば、後は安心して利用できると思います。

相乗りサイト利用方法

① 出発地と、目的地、出発日を入力して検索をかけるだけ。

② 検索結果の中から、自分の出発したい時間帯や車を出す人が提示する価格で納得ができるものがあれば、無料のサイト登録をした後、予約をいれます。

③ 予約したときに、即時に予約オーケーな場合と、車を出す人がオーケーかどうか決められた時間までに返答する2種類があります。いったんサイトの口座に入金しますが、予約が成立しなければ返金されます。

④ 予約が成立したら、サイトから相手の電話番号が送られてくるので、相手と直にコンタクトを取り、待ち合わせ場所を確認します。

予約前に注意すること

① 相手と言葉が通じるか?相手が何語でアナウンスを出しているかに注意し、その言葉が話せない場合は、事前に英語が話せるかなど質問することをお勧めします。

② 荷物が多い人は、あらかじめどのくらいの大きさの荷物を受け付けてくれるか確認。

③ 待ち合わせ場所と、おろしてくれる場所を確認。特に、あなたが出発する地よりも前の都市から旅行している人、あなたが下ろしてもらう都市よりもまだ先に旅を続ける人は、高速道の出入り口付近で待ち合わせ場所を指定されたり、降ろされることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク