帯広豚丼の名店、老舗8選!元祖 ぱんちょうなど!

北海道

今や全国的に知られるようになった帯広のご当地グルメ「豚丼」。十勝、帯広は北海道でも有数の豚の産地で、その帯広にたくさんある豚肉料理の中でも「豚丼」は圧倒的に人気NO1です。観光客にも人気の豚丼ですが、今回は特に地元の人に人気の豚丼店を厳選して8店ご紹介します。

スポンサーリンク

帯広豚丼の名店1. ぶた丼のとん田

JR帯広駅から車で約8分の場所にある「ぶた丼のとん田」は、あの「ミシュランガイド北海道2017特別版」でビブグルマンに選ばれた話題のお店です。また、いろいろなテレビ番組でも紹介されています。

創業者は、精肉販売に長年関わり地元のためにと「ぶた丼のとん田」を開店。それ以来、40年以上引き継がれている秘伝のタレが美味しさの秘密です。「ぶた丼のとん田」で使われるお米は北海道産、お肉はもちろん十勝産のお肉を一枚一枚丁寧に手切りし網焼きしています。

「ぶた丼のとん田」では、バラ、ロース、ヒレと3種類のお肉から好みで選ぶことができます。中でも一番人気は「バラぶた丼」で、バラ肉の余分な脂を切り落としているので、赤身と脂身のバランスが最高のぶた丼です。また、ロースとバラを2種類のお肉を盛り合わせた「ロースバラ盛り合わせぶた丼」も、お肉を食べ比べることができ人気のメニューとなっています。

帯広豚丼の名店2. 元祖 豚丼のぱんちょう

帯広の豚丼と言えば、真っ先に名前の挙がるのがこのお店「元祖 豚丼のぱんちょう」ではないでしょうか。「元祖 豚丼のぱんちょう」の創業は昭和8年、豚丼は初代の社長が考案しました。今では、豚丼の専門店として週末には観光客がお店に前に並ぶ有名店です。

厳選した極上の豚ロースをじっくりと炭火で焼き上げ、秘伝のタレで味付けられた「元祖 豚丼のぱんちょう」の人気の豚丼は、炭火の良い香りと甘辛い秘伝のタレがコラボした絶品の味です。

なお、「元祖 豚丼のぱんちょう」の豚丼には松、竹、梅、華と4つのランクがありますが、当時の女将さんの名前が梅さんだったことから、通常とは違い松より梅の方が上とランクが逆になっています。