北海道 札幌のジンギスカンの名店 厳選6店

北海道

北海道といえば「ジンギスカン」。ジンギスカンは道産子のソウルフードとして北海道遺産にも認定されています。ジンギスカンの羊肉はヘルシーなうえ、疲労回復に効果があるといわれる「カルニチン」が豊富に含まれていて、健康志向の人たちに人気の食材です。今回は、そんなヘルシーで美味しいジンギスカンの名店を北海道の札幌から6店厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

札幌のジンギスカンの名店1. だるま 本店

札幌のジンギスカンの名店、最初にご紹介するのは「だるま本店」です。札幌でジンギスカンの美味しいお店と言って、真っ先に名前があがるのがススキノにある「だるま本店」です。創業昭和29年で60年以上続く老舗ジンギスカン店、だるま本店には、地元の札幌市民はもちろん、今では日本人観光客や海外からの観光客もこの味を求めて足を運びます。

だるま 本店のお店の場所は、地下鉄南北線の「すすきの駅」から歩いて7分ほどの場所です。だるま 本店の店内は、カウンター席のみ14席。人気店なので満席で外で待たなければならないことも多いですが、お客さんの回転が早いので意外にすぐに座ることができます。

365日毎日欠かさず仕入れし開店の直前に届くだるま 本店のジンギスカン用のマトンは、新鮮なので羊肉独特の臭みが少なくてとってもジューシー、そして女将が毎日自ら仕込む創業以来受け継がれる門外不出の秘伝のジンギスカンのタレは、甘さが控えめなため肉の味がぐっと引き立ちます。

さらにお好みでタレに特製ニンニクと唐辛子を加えると色々な味の変化が楽しめます。だるま 本店ではジンギスカンの他に女将が作る「チャンジャ」と「キムチ」も人気のメニューです。メニューにはありませんが、肉や野菜のうま味が溶けだした残ったジンギスカンのタレをご飯にかけたお茶漬けは、常連客の〆の定番メニューです。おすすめです!

札幌のジンギスカンの名店2. サッポロビール園

札幌のジンギスカンの名店、次にご紹介するのはサッポロビール園です。ジンギスカンと言えばやっぱりビールですよね。そして北海道と言えばサッポロビール。明治になり政府は札幌に開拓使を置き、明治9年には国内初の官営ビール工場として「開拓使麦酒醸造所」が開業しました。これがサッポロビールのスタートです。

そのサッポロビールのサッポロビール園へは、JR札幌駅の北口から「サッポロビール園・アリオ線」路線バスで行くことができます。かつて製糖工場や精麦工場だったサッポロビール園のレンガ造りの建物では、できたての生ビールと一緒に美味しいジンギスカンを味わうことができおすすめの人気の観光スポットになっています。

サッポロビール園の施設内にはいくつかのホールがありますが、そのうちのひとつ「ガーデングリル」では柔らかくてくせのないマイルドな味わいの高級生ラム「グレインフェッドラム」のジンギスカンを注文することができます。また、北海道限定の「サッポロクラシック」やビール園限定のビールもジンギスカンといっしょに楽しむことができおすすめです。

スポンサーリンク