函館 おすすめの朝食が食べれるお店8選!朝市グルメに感動!

北海道

北海道の人気の観光地「函館」は、世界三大夜景に数えられる函館山からの夜景や、異国情緒あふれる街並みなど見て楽しめるスポットがたくさんある一方、函館朝市で味わう新鮮な海鮮丼やご当地グルメの函館ラーメンなどグルメが魅力の街でもあります。

今回は、函館でおすすめ朝食が食べられるお店を8店厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

函館のおすすめ朝食が食べられるお店1. 朝市の味処 茶夢

「朝市の味処 茶夢」は、函館の人気グルメスポット「函館朝市」の「どんぶり横丁」にある食堂です。

「どんぶり横丁」には、19軒のお店が並んでいますが、なかでも「朝市の味処 茶夢」は函館朝市で40年以上も営業を続けていて、地元の常連客や全国からの観光客のリピーターが何度も足を運ぶほどの人気です。

「朝市の味処 茶夢」の店主は、道南の松前町で漁師だった人。漁師として培った確かな目で新鮮な魚介を仕入れています。

おすすめのメニューは「イカソーメン定食」です。そーめんのように2~3㎜の細さに切られたイカ刺がお皿に山盛りのせられて、さらにその上には薬味のおろし生姜がのっています。

そして、定食にはその季節の旬の食材を使った煮物や塩辛などの店主手作りの一品料理がサービスで何皿も添えられてきます。

「イカソーメン定食」の他にも、イクラの醤油漬けやホタテ、生うに、サーモン、甘エビがたっぷりのった「五色丼」や、生うに、いくら、かにの三色丼に毛がに汁がついた「Cセット」も人気です。

営業時間は朝の7時から午後3時までなので、函館での朝食にもランチにもぴったりのお店です。

函館のおすすめ朝食が食べられるお店2. 朝市食堂二番館

「朝市食堂二番館」は、JR函館駅から歩いて5分程、函館朝市「駅二市場」の2階にあり、ワンコインで海鮮丼が食べらことで人気のお店です。営業時間は6時から14時まで。

「朝市食堂二番館」の目玉メニューの500円丼は、「五目丼」「カニ丼」「鮭親子丼」「ジンギスカン丼」「イカ三升漬丼」「イカ刺丼」のなんと6種類。中でも一番人気の「五目丼」は、マグロ、エビ、イクラ、カニ、ホタテ、鮭フレーク、サーモン、とびっこ、玉子焼きなど豪華なネタが丼にのせられて、「本当にこれでワンコイン?」と驚くような内容です。

また、メニューには函館朝市限定のスイーツ「イカ墨プリン」もあります。「イカ墨プリン」はゴム風船に入って出され、そのゴム風船を楊枝で刺すとプルンと器に飛び出します。味は、ミルクの味が濃厚でイカ墨の風味はそれほど強くないので美味しく食べられます。

函館のおすすめ朝食が食べられるお店3. 一花亭たびじ

「一花亭たびじ」は、函館朝市の「どんぶり横丁」にあるお店で、1階にはいす席、小上がり、カウンター席、2階にもいす席と全58席と広々とした店内で新鮮な海鮮が楽しめます。営業時間は、4月から10月の観光シーズンには5時~15時、11月から3月までは6時~14時です。

「一花亭たびじ」で創業以来人気のメニューは「活いか踊り丼」です。新鮮な活イカを丸ごと1パイ使い、さらにイクラものせた豪華な丼です。丼の中のイカ刺しの上には、まだ動いているイカのゲソが乗せられて、醤油をかけると踊りだします。ゲソはそのままかぶりついてもいいですが、食べづらい人はお店の人にいうと食べやすく切ってもくれます。

「活いか踊り丼」の他にも、1日限定20食の活あわびなど10種類の海鮮が豪華に乗った「蓮華丼」や、ウニ、カニ、イクラ、ホタテ、マグロ、ホッキ、ボタンエビ、サーモン、イカの中から好きなネタを3種類自由に選べる「一膳丼」などもおすすめです。

スポンサーリンク