大人の街 蒲田 ディープな飲み屋、居酒屋8選!

関東

蒲田は東京有数の飲み屋街ですが、まだ「知る人ぞ知る」という認知度なので穴場の店がたくさんあります。

ここでは蒲田のおすすめ飲み屋、居酒屋を、店の特徴やおすすめメニューなどとともにまとめてみました。ディープな穴場飲み屋や居酒屋はもちろん、蒲田名物の「餃子」店や「とんかつ」店の「飲み屋使い」もご紹介します。

スポンサーリンク

蒲田のおすすめ飲み屋、居酒屋1.八幸

蒲田のおすすめ飲み屋、居酒屋、最初にご紹介するのは、もつやき「八幸」です。

JR蒲田駅西口の飲み屋が立ち並ぶ、ディープな雰囲気漂う一角にもつやき「八幸」はあります。この店こそ、蒲田の知る人ぞ知る「もつ焼きの名店」です。

八幸では芝浦の食肉市場直送、いわゆる「つぶしたて」の「もつ」が食べられます。

品書きも「もつ」などの串焼きが10種類にサイドメニューは「お新香」、「冷奴」350円、「がつさし」(各350円)の三品のみという「もつ」にこだわった飲み屋です。

ビルの階段を上がった2階の扉を開けて店内に入ったら、まずは「ビール」(560円)で喉を潤しましょう。おつまみは「冷奴」(350円)がおすすめです。

次に「がつさし」(350円)を注文すれば、一口でその新鮮さがわかります。「もつ焼き(串)」は一本120円で2本単位の注文になります。通常は「塩焼き(タレもあります)」です。なお、「つくね」だけは2串で400円となっています。

残念ながらかつての名物「ればさし」は今ありませんが、すべての串がおすすめでどれを食べてもハズレはありません。

小ぶりな串なので、二人で来たなら全種類を食べるのも無理なことではありません。

もつ焼きにはテーブルにある「青海苔」と「七味」をかけて食べるのが八幸流。一通り食べたら「しろ」、「れば」のお代わりは「タレ」でいただくのもおすすめです。

店内の壁には有名人のサインが直書きされていますが、その中に超グルメで有名な方のサインもありました。この店の味を保証するものですが、誰のものかは来店時のお楽しみです。

スポンサーリンク