大人のニュージーランド! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

雄大な大自然を目当てに世界中から多くの観光客が訪れる人気の観光エリア「ニュージーランド」。ニュージーランドには、他では見ることができないような絶景スポットがたくさんあります。

今回は、そんな国ニュージーランドから人気の観光スポットやおすすめの見所、穴場などをご紹介します。

スポンサーリンク

ニュージーランド 人気観光スポット1.アオラキ マウントクック国立公園

「アオラキ マウント・クック国立公園」は、ニュージーランドの南島にある国立公園で、公園内にはニュージーランド最高峰である標高3754mのマウントクックがそびえています。

1990年には周囲の国立公園と共に「テ・ワヒポウナム」の名称でユネスコの世界遺産に登録され、ニュージーランドを代表する観光スポットとして高い人気です。

「アオラキ マウント・クック国立公園」の中には、ハイキングトラックがいくつも整備され、特に春から夏にかけては誰もが気軽に大自然の中でトレッキングを楽しむことができます。

一番人気のハイキングコースは「フッカーバレー・トラック」です。とても歩きやすいコースで往復約4時間で、ミュラー湖から流れるフッカー川とそこに架かるつり橋、氷河がせり出すフッカー湖などの景色を眺めながらトレッキングを楽しめます。

ニュージーランド 人気観光スポット2.ロトルア

「ロトルア」は、ニュージーランドの北島を代表する人気の観光地で、ロトルア湖のほとりにある町です。

環太平洋火山帯上に位置する「ロトルア」は地熱活動が活発で、温泉公園クイラウパークでは、温泉が湧き出ている様子を観察したり、足湯を楽しむことができます。

また、「ロトルア」で最も人気の観光地である「テ・プイア」のファカレワレワ地熱谷では、世界三大間欠泉のひとつである「ポフツ間欠泉」の迫力満点の光景を見ることもできます。

「ロトルア」は、ニュージーランドの先住民であるマオリが今でも多く暮らしている町で、中でも「オヒネムツ・マオリ村」は、観光客にも開放されておりマオリの伝統的な集会所であるマラエや彫刻、住居などが見学できます。

ニュージーランド 人気観光スポット3.トンガリロ国立公園

「トンガリロ国立公園」は、1894年にニュージーランドで初めて指定された一番歴史の古い国立公園です。ニュージーランドの北島のほぼ中央に位置しトンガリロ、ナウルホエ、ルアペフという3つの火山を取り囲むようにあります。

1,800年にわたり噴火し続けている火山と、ニュージーランドの先住民マオリ族の聖地という歴史的な重要性から、ユネスコ世界複合遺産としても登録されている地域でもあります。

「トンガリロ国立公園」は、雄大な山々と、エメラルドブルーに輝く火山湖「エメラルド レイクス」など美しい景色が有名で、一年中、トレッキングやスキーなどを楽しむ人たちでにぎわう人気の観光スポットです。

ニュージーランド 人気観光スポット4.ワイ オ タプ サーマル ワンダーランド

「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」は、ニュージーランドで最も色彩豊かと言われる地熱地帯で、ロトルアにある北島を代表する観光名所です。

敷地内には、数千年に及ぶ火山活動で作られたいくつものクレーターや熱泉があり、それぞれシャンパン・プールやアーティスト・パレット、レインボークレーター、デビルズ・インクポットなどユニークな名前がつけられています。

また、「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」から約1.5km離れたところにある「レディ・ノックス・ガイザー」では、1日1回だけ10:15から最大20mの高さまで吹き上がる間欠泉を見ることができます。

ニュージーランド 人気観光スポット5.アーサーズ・パス国立公園

「アーサーズ・パス国立公園」は、クライストチャーチの北西、サザンアルプスの北の端にあり、東西に流れるワイマカリリ川の東側は広く開けた砂利の川原と広大なブナ林が広がり、西側は生い茂る温帯雨林がに覆われています。

1864年に測量家アーサー・ドブソンが、この峠道を開いたことによって、「アーサーズ・パス国立公園」の名前が付けられましたが、そのずっと以前より、先住民マオリの人々は東海岸と西海岸を結ぶルートとしてこの峠を使っていました。

「アーサーズ・パス国立公園」のアバランチピーク(スコッツトラック)は、往復6~8時間という本格的な登山ですが、標高1833mからはサザンアルプスと呼ばれるニュージーランド南島の山脈が見渡せる最高の眺めを楽しめる人気のトレッキングコースです。

ニュージーランド 人気観光スポット6.ミルフォード サウンド

「ミルフォード サウンド」 は、ニュージーランドの南島の南西部のフィヨルドランド国立公園に位置するフィヨルドで、その特徴的な地形はイギリスの小説家「ラドヤード・キップリング」が「世界8番目の不思議」と記述したほどです。

「ミルフォード サウンド」 は、テ・ワヒポウナムの一部としてユネスコの世界遺産に登録されています。

長い年月をかけ氷河で削られてできた垂直に突き出す崖の上には、いくつもの峰が並び、最大落差1000mにもなる滝が流れ落ちる雄大な自然の景色が魅力です。

シーカヤックやダイビングなどのアクティビティが楽しめ、ハリソン・コーブにある海中展望台では、黒サンゴや足が11本もあるヒトデなど珍しい海中の生物にも出会うことができます。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび