岡山のせんべろ飲み屋11選!レトロでディープな大人の隠れ家!

中国

1,000円もあればベロベロに酔えるような安い価格で、通称「せんべろ」と呼ばれる居酒屋。東京のように立ち飲み文化が定着している地域では、多くの「せんべろ」が楽しめる飲み屋がありますが、東京以外の地方都市ではそれほどの軒数はありません。

今回は、岡山でせんべろが楽しめそうな飲み屋さんを11軒見つけましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

岡山のせんべろ飲み屋1.駅なか立ち呑み だるま酒場

岡山駅の改札を出て1分、駅ナカにある「駅なか立ち呑み だるま酒場」は、電車の待ち時間などでも、気軽にちょい飲みができる飲兵衛にはうれしいお店です。

店内には立ち飲みのカウンターと、お店の前には通路にはみ出して立ち飲み用のテーブルが置かれ、夕方には会社帰りや出張帰りのたくさんのサラリーマンで賑わっています。

「駅なか立ち呑み だるま酒場」は、昼の11時からの営業なので、明るいうちから飲むことも出来ちゃいます!

「駅なか立ち呑み だるま酒場」のドリンクメニューには、サワーや酎ハイが380円、各種ハイボールも同じく380円とあり、ポケットに入った小銭で飲める安さです。また、久米島の泡盛「久米仙」も置かれています。

おつまみメニューは、串揚げやおでんが100円から、一番高いメニューでも450円と”せんべろ”をしっかり楽しめます。ベロベロになって駅のホームから落ちないように注意してくださいね。

岡山のせんべろ飲み屋2.立ち呑み処 たまりば

JR岡山駅から徒歩5分程、駅と西川緑道公園の間にある「立ち呑み処 たまりば」は、名前の通り立ち飲み専門のお店で、狭い店内は30人も入ればいっぱいになります。

店内の壁に貼られたメニューには塩ダレキャベツ200円や枝豆250円、タコわさ250円など200円から300円台中心にお酒にぴったりの1品料理が並んでいます。

中には気仙沼いかの塩辛や岡山津井ままかり酢漬け、沖縄もずく酢など産地が書かれたこだわりメニューもあります。

ドリンクメニューも超炭酸角ハイボール290円から300円~400円台で楽しめます。「立ち呑み処 たまりば」のおすすめは、「おかんの作った自家製らっきょ」280円で、ビールにも日本酒にも相性ばっちりの最高のおつまみです。メニューには、〆にぴったりのうどんや焼きそばなどの麺類もあります。

岡山のせんべろ飲み屋3.大漁酒場 魚松本店

JR岡山駅から桃太郎通りをまっすぐ進み川沿いを左折してすぐ、歩いて10分程の場所にあり「大漁酒場 魚松本店」は、新鮮な地魚を使った海鮮料理で、美味しい地酒が飲める人気の居酒屋です。

140席と広い「大漁酒場 魚松本店」の店内は、36名まで利用できる掘りごたつの席や、40名までのお座敷席などがあり宴会での利用に便利なお店ですが、カウンター席も用意されているので、ひとりで静かに飲むこともできます。

「大漁酒場 魚松本店」では、お刺身など海鮮料理がメインですが、枝豆やもろキュー、冷奴などの居酒屋定番メニューも300円で揃っています。

日本酒党におすすめはホタルイカ沖漬け380円で、ついつい日本酒が進む美味しさです。ドリンクは生ビールが380円、グラスワインも種類が豊富に用意されていて380円で楽しめます。