渡嘉敷島 ケラマブルーの楽園でダイビング、シュノーケリングを楽しむ!

沖縄

沖縄本島から高速船で35分と日帰りでも楽しめる「渡嘉敷島」は、ケラマブルーともいわれる美しい海が広がり、ウミガメや熱帯魚にであえるダイビングスポットやシュノーケリングスポットがありマリンスポーツを楽しむ人には人気の観光地です。

今回は、渡嘉敷島で初めてでも楽しめる体験ダイビングをはじめ、おすすめのホテル、人気のビーチ、おすすめのグルメなどをご紹介します。

スポンサーリンク

渡嘉敷島へのアクセス

「渡嘉敷島」へは、沖縄本島の泊港「とまりん」から出るフェリーの「フェリーとかしき」か高速船の「マリンライナーとかしき」に乗って渡ります。

それぞれ1日の運航便数は時期によって変わりますが、「フェリーとかしき」は所要時間約70分、「マリンライナーとかしき」は約35分で渡嘉敷島に移動することができます。

「渡嘉敷島」の島内の移動には、レンタサイクル、レンタバイク、レンタカーなどの手段がありますが、渡嘉敷島の景色を隅々まで楽しみたい人には、レンタカーがおすすめです。

渡嘉敷島には「くじらレンタカー」「アロハレンタ企画」「かりゆしレンタルサービス」の3つの会社があるので、事前に予約するといいでしょう。

渡嘉敷島のおすすめホテル

とかしくマリンビレッジ

「とかしくマリンビレッジ」は、目の前に真っ白い砂浜の「渡嘉志久(とかしく)ビーチ」が広がり、渡嘉敷島の中でも最高のロケーションの場所にあるリゾートホテルです。

「とかしくマリンビレッジ」は、慶良間諸島で唯一ビーチサイドに立つホテルで部屋の窓からがオーシャンビューの景色を楽しめます。

食事は、館内にある「レストラン タートル」で沖縄産の海ぶどうや慶良間近海で水揚げされマグロや島魚、そして新鮮な島野菜を使った料理をビュッフェスタイルで味わえます。

レストランには屋外のスペースもあるので天気の良い日には、美しい景色の「渡嘉志久ビーチ」を眺めながら食事を楽しむことができます。

ケラマテラス

「ケラマテラス」は、抜群の透明度を誇る海でシュノーケリングやダイビングで人気の「阿波連ビーチ」にある隠れ家的ホテルです。民宿が多く立ち並ぶ「阿波連(あはれん)ビーチ」では、唯一のおしゃれなリゾートホテルです。

「ケラマテラス」の客室はスタンダードツインルームとロフトルーム、ラグジュアリールームの3種類で、1室のみのラグジュアリールームは、広さ40㎡で独立したリビングと寝室や大型のジェッバス、ゼミダブルベッドを2つ並べたハリウッドツインでラグジュアリーな時間を過ごせます。

ホテル館内の「レストランabisso(アビッソ)」では、沖縄の地元食材を使ったコース料理が楽しめ、渡嘉敷島で無農薬で育てられた島野菜や、古くからクスイムン(薬のような食べ物)を日常で食べてきた祖先の知恵を生かした医食同源の考え方に沿った健康的な料理が味わえます。

ペンションニライカナイ

「ペンションニライカナイ」は、渡嘉敷島の阿波連に2008年にオープンした比較的新しいペンションです。

「ペンションニライカナイ」は、建物の2階に和室が2室、洋室が2室、専用の広いバルコニーがついたスイート(特別室)が1室の全5室の小さなペンションです。建物の1階は居酒屋兼食堂になっていて、朝食や夕食はここで食べます。

「ペンションニライカナイ」では、渡嘉敷島で楽しめるマリンスポーツや釣りなどのガイドやサービスを紹介してくれます。ボートを貸し切ってマグロ釣りにチャレンジすることもできます。

ペンション ニライカナイ

沖縄県島尻郡渡嘉敷村 (ケラマ諸島)阿波連124

渡嘉敷島の観光スポット

シーフレンド

「シーフレンド」は渡嘉敷島のスキューバダイビングサービスです。

海の楽園ともいわれるケラマブルーの渡嘉敷島の海で、3分から20分ポイントまでボートで移動してダイビングを楽しむ「ファンダイビング」や、全くの初心者でも泳げなくてもインストラクターがダイビングを教えてくれる「体験ダイビング」、ボートに乗ってポイントに移動してシュノーケリングを楽しむ「ボートシュノーケリング」などさまざまな体験プログラムが揃っています。

また、「シーフレンド」ではペンションやログハウス、民宿も運営していて、ペンションにはトリプルルームが2室、ツインルームが12室あり、シュノーケリングやダイビングがセットになったプランも用意されています。

渡嘉志久ビーチ

「渡嘉志久(とかしく)ビーチ」は、渡嘉敷島の西側ほぼ中央にある真っ白な砂浜が美しいビーチで、人気の観光スポットになっています。

「渡嘉志久ビーチ」の海岸線は弧を描いた湾になっていて、波が穏やかなため海水浴やシュノーケリングで人気のビーチです。

「渡嘉志久ビーチ」は、ウミガメがよく見られることで有名で、運がよければウミガメと一緒に泳ぐことができるかもしれません。

渡嘉敷島のもう1か所の人気のビーチ「阿波連(あはれん)ビーチ」よりは観光客は少なくプライベートビーチのような雰囲気を味わえます。

またシャワーやトイレもあるので、海辺でのんびりと過ごすにはおすすめのスポットです。

阿波連ビーチ

「阿波連ビーチ」は、美しい白い砂浜とケラマブルーの海が美しい慶良間諸島の中でも最も人気の高いビーチでおすすめの観光スポットです。

白い砂浜から透き通るようなきれいな海に入ると、遊泳区域の中にもサンゴ礁が広がり、チョウチョウウオやデバスズメダイ、クマノミなどの色鮮やかで可愛らしい熱帯魚の群れを見ることができます。

「阿波連ビーチ」の右手を進みトンネル岩を抜けると長い階段の先に「阿波連展望台」があります。「阿波連展望台」からは阿波連ビーチはもちろん、ビーチの沖に浮かぶパナリ島や、慶良間諸島の座間味島や阿嘉島までの景色を一望することができます。

アラン展望台

渡嘉敷島の南東部、人気のビーチ「阿波連ビーチ」や「渡嘉志久ビーチ」の方向に向かう渡嘉敷集落内の道を進み、集落を抜けたあたりから山へと登る脇道を進むとある「アラン展望台」。

この展望台までの道を登るのは正直大変ですが、登る価値があるだけの絶景を見られる観光スポットです。

「アラン展望台」からの景色は、目の前にさえぎるものがまったくなく、天気の良い日には沖縄本島の姿も見ることができます。

展望台には双眼鏡が設置されていて、冬に慶良間の海に姿を見せるザトウクジラを見ることもできるホエールウオッチングのスポットとしても有名です。

渡嘉敷島のおすすめグルメ

喰呑屋バラック

渡嘉敷島の人気ビーチ「阿波連ビーチ」の近くにある「喰呑屋バラック」は、昼は定食屋、夜は居酒屋として地元の人はもちろん、美味しいとの口コミを聞いた観光客もたくさん押し寄せる人気のお店です。

「喰呑屋バラック」の店内に貼られたメニューには、沖縄そばやカレーライス、とんかつ定食など定食屋らしい料理が並んでいます。

17:30から21:00までの夜の営業には、もずく酢や島魚の唐揚げ、島豆腐を使った揚げ出し豆腐など沖縄らしい料理を楽し事ができます。

おすすめは、刺身酢味噌和え。マグロの赤身のお刺身とタマネギやキュウリなどが酢味噌で和えられた海鮮サラダ的なお料理で、酢の酸味がすっきりとして美味しいです。

まーさーの店

「まーさーの店」は、人気のシュノーケリングスポット「阿波連ビーチ」から続く集落のメインストリートにある島民にも観光客にも人気のお店です。店内には掘りごたつの席もあり、どこかのんびりした雰囲気が漂っています。

「まーさーの店」では、沖縄の家庭料理が味わえて、メニューには沖縄そばやゴーヤちゃんぷるー定食、島魚の唐揚げ定食などが並びます。

「まーさーの店」で人気のメニューは、タコスを沖縄風にアレンジして、ごはんの上に野菜とひき肉をのせてピリ辛のトマトソースで味付けした「タコライス」や、渡嘉敷近海で獲れたマグロを使ったマグロ丼です。

世界屈指の美しさを誇る渡嘉敷島の海を楽しもう!

いかがでしたか?今回は、沖縄本島の那覇から高速船で約35分と日帰りでも楽しめる「渡嘉敷島」の魅力に迫ってみました。

ケラマブルーともいわれる美しい青い海と真っ白な砂浜のビーチがある渡嘉敷島は、シュノーケリングやダイビングなどマリンスポーツの聖地です。初心者でも体験できるツアーもあるので、ぜひ渡嘉敷島の美しい海を楽しんでください。