ミシュランガイドに掲載された東京の焼き鳥店!おすすめはここ!

関東

焼き鳥といえば庶民の食べ物、サラリーマンが会社帰りにちょいと1杯というイメージもありますが、今やレストランやホテルの世界的なガイドブックである「ミシュランガイド」で星を獲得する焼き鳥店もたくさん登場しています。

こだわりの地鶏を使いワインと一緒に楽しむ。今回は、そんな東京の焼き鳥のおすすめ店をミシュランガイドに掲載されたお店からご紹介します。

スポンサーリンク

ミシュランガイドに掲載された東京の焼き鳥屋1. バードランド(Bird Land)

「ミシュランガイド東京2018」で1つ星を獲得した「バードランド」。焼き鳥店としては日本で初めてミシュランの星を獲得したことで知られ、多くのグルメ雑誌にも取り上げられています。

「バードランド」は、焼き鳥にワインを組み合わせて提供し、串焼きのおまかせコースをメニューに取り入れた先駆的なお店です。

「バードランド」では、茨城県産の奥久慈軍鶏を使った焼き鳥が味わえるお店で、奥久慈軍鶏は肉質がしまって弾力があり脂肪が少ないのが特徴の地鶏です。

6,300円のおまかせコースは、前菜、レバーのパテ、串焼き8本、山椒焼き、親子丼(小)。

8,400円のおまかせコースは、前菜、レバーのパテ、ササミの梅しそ焼きまたはバジルソース、串焼き8本、山椒焼き、焼きチーズ、親子丼(小)、プリンと奥久慈軍鶏のお肉を串焼きや親子丼で味わえます。

お店の場所は東京メトロ銀座駅のC6出口から直結、数寄屋橋交差点すぐ近くのビルの地下。営業時間は17時から21時30分、超人気店のため事前に予約されることをおすすめします。

ミシュランガイドに掲載された東京の焼き鳥屋2. 七鳥目

「ミシュランガイド東京2018」で1つ星を獲得した南青山の焼き鳥店「七鳥目」。お店は、地下鉄日比谷線の広尾駅から歩いて10分のフォレストビルの地下にあります。

店内はカウンターに11席と個室に4席の合計15席、高級感と清潔感がある雰囲気は、とても焼き鳥店とは思えないほどです。

メニューは、先付け、季節のおひたし、串焼き、焼き野菜、一品料理などが出てくる「七鳥目コース」5,800円。追加メニューで自家製のデザートや食事も注文することができます。

「七鳥目」では、兵庫県産の松風地鶏や京都産の京赤地鶏、こだわり仕入れた新鮮な食材、季節を感じる旬の素材を使っています。

使用している炭は最高級といわれる紀州備長炭。お好みで素材を選べるサービスもあります。飲み物はビールや日本酒、焼酎、ウイスキー、サワーなど種類が豊富で、コースの内容や好みに合わせて楽しめます。

ミシュランガイドに掲載された東京の焼き鳥屋3. 蘭奢待 (らじゃんたい)

都営地下鉄新宿線・三田線の神保町駅のA4出口から歩いて1分の予約困難な超人気店「蘭奢待(らじゃんたい)」は、「ミシュランガイド東京2018」で1つ星を獲得した話題のお店です。

店内は、まるでレストランのようなお洒落な雰囲気に、カウンターに12席、テーブル席が8席の合計20席が用意されています。

「蘭奢待(らじゃんたい)」では主に秋田比内地鶏を使い、毎日1羽丸ごと仕入れ、店主自らがさばき、串を打ち、炭火で焼いています。鶏や野菜などの食材は、店主自身が産地にまで行って味わって気に入ったものだけを使いこだわりよう。

「蘭奢待(らじゃんたい)」のメニューはおまかせのみ。前菜から始まり胸肉、ハツ、砂肝、うずらの卵、蒸し鶏、腿肉、野菜焼き、つくね、鶏炊き込みごはんのようにコースで串や料理を楽しめます。

店名の「蘭奢待」は、岐阜の日本酒「蘭奢待」からつけられていてお店のドリンクメニューにもあります。

ミシュランガイドに掲載された東京の焼き鳥屋4. 鳥しき

JR目黒駅の東口から徒歩2分の路地裏にある「鳥しき」は、予約を取るのが難しいことで有名な超人気店です。

2010年に焼き鳥店では初めてミシュランガイドで1つ星を獲得し、その焼き鳥を求めて海外からも多くの人が訪れます。

「鳥しき」の店内はカウンターのみ17席。上品な白木のカウンターはコの字に配置され、店主の見事な焼きの手さばきを眺めながら絶品の焼き鳥を味わうことができます。

串を焼くのは店主のみ。店主の焼きに対するこだわりは、串をできるだけ炭火に近づけ「直火の強火」で肉の表面を焼き、旨味を閉じ込めています。そうすることで中がふっくらジューシーな仕上がりに。

「鳥しき」では福島産の伊達鶏を使い、一般的に食べられる部位以外にも食道やハツ元、アキレス腱などなかなか手に入らない希少な部位も食べることができます。

メニューは基本的におまかせのみ。〆には鶏ガラを8時間かけて煮込んだ鶏スープが出され、焼きおにぎりにを入れてお茶漬けとしても楽しめます。

また、電話での予約が必要ですがお土産用の「焼き鳥弁当」は、かしわ、つくね、軟骨入り鶏そぼろ、うずらの卵、しいたけなど「鳥しき」のこだわりがぎっちり詰まった逸品です。

スポンサーリンク