東京の美味しいビフカツが食べれるお店8選!ソースが決め手のビフカツサンドも!

関東

東京で「ビフカツ(ビーフカツ)」といえば、「とんかつ」の陰に隠れたメニューでしたが、最近は専門店ができるほどの人気料理になっています。

今回は、東京で美味しいビフカツが食べられる店をご紹介します。ビフカツの専門店から洋食店、とんかつ店で食べるビフカツやソースが決め手のビフカツサンドの店まで、名店が揃っていますよ!

スポンサーリンク

東京のビフカツおすすめ店1.そよいち

東京のビフカツおすすめ店、最初にご紹介するのは「そよいち」です。

「そよいち」は、東京におけるビフカツの名店として名高い人形町の「キラク」から独立した女性主人が立ち上げた、同じ人形町でビフカツをメイン料理にする店です。

その評判は今や本店を超え、洋食ジャンルでは数少ないミシュランガイドの「ビブグルマン」を獲得し、東京を代表するビフカツの名店という評価を得ています。

「ビーフかつ」1,900円(税込)は豚汁にごはん(お替り自由)付き。肉は高級なランプ・イチボクラスのものをミディアムレアに揚げてくれます。

テーブルには中濃ソースとウスターソースに醤油(マスタードや塩もあります)も置かれているので、好みで使うとよいでしょう。

「そよいち」では、「ポークソテー」1,900円(税込)も名物なので、ビーフかつとともに味わってみてはいかがでしょうか?

東京のビフカツおすすめ店2.キラク

東京のビフカツおすすめ店、次にご紹介するのは「キラク」です。

人形町を代表する老舗の洋食店が「キラク」です。店員が独立した「そよいち」とは複雑な関係があるようで、以前のファンが離れた(そよいちに行った)とか評価が落ちたとかの話もありますが、依然として高レベルの料理を提供している店です。

地下鉄人形町駅(A3)出口すぐ、カウンター8席だけの小さな店なので、昼時などは行列覚悟になります。

「ビーフカツライス」2,400円(税込)は、高品質な赤身肉をミディアムレアに揚げたもの。ソースがよく絡んでその旨みを引き立てます。

元祖ならではの「ポークソテーライス」2,000円(税込)も人気です。某テレビ番組の「汚いけど美味しい店」で三ツ星を獲得したほどで、その味には定評があります。

「キラク」で、人形町の老舗洋食を味わってみましょう。

東京のビフカツおすすめ店3.牛かつ おか田

新橋駅前のニュー新橋ビル地下1階にある「牛かつ おか田」は、東京のビフカツ専門店としては先駆けといえる店で、開店して20年になります。

ご主人はフレンチの経験もあって、それを活かした独特のビフカツを提供してくれます。メニューは「牛ロースランチかつセット」1,400円(税込)をはじめとして、それぞれにつけられた「番号」で注文します。

この店のビフカツは、ロース肉を使い30秒の揚げ時間という「レア」状態で仕上がります。肉質に自信がある証拠でしょう。一方まわりの衣がカリッと揚がっているのが好印象なビフカツです。

2種類のソースが入れられる小皿が出されるので、ソースと醤油の両方で味わえます。最初はわさび醤油で味わうのがおすすめです。

「牛かつ おか田」は以前には夜の営業もありましたが、現在は11時からのランチタイムのみで、売り切れ次第終了になるのでご注意ください。

東京のビフカツおすすめ店4.牛かつ もと村

「牛かつもと村」は、全国に20店舗以上を展開する牛かつの専門店で、近年の「牛かつブーム」を象徴する代表的な店です。

「牛かつもと村」のビフカツの特徴は、食べやすく薄切りされていること。そして肉の色はピンクで白いサシが入るレアな揚げ方であることです。そのため、肉の味がわかりやすく、女性でも食べやすいサイズだといえます。

メニューは「牛かつ麦飯セット」1,300円(税込)がメイン。肉は130gで、260gのサイズ(2,100円税込)にすることもでき、それぞれ「とろろ」を付けたセット(100円増し)もあります。

ソースは「わさび」、「醤油」、「特製わさびソース」が出されます。その他「岩塩」もあるので、いろいろな味でビフカツを楽しむことができます。

東京も各地に店舗がありますが、ここでは「牛かつ おか田」もある新橋の店を紹介します。場所も近いので、食べ比べやどちらかに入れない場合などに便利に使えるでしょう。

東京のビフカツおすすめ店5.牛かつ 壱弐参

「牛かつ 壱弐参」も、最近の牛かつ専門店の形態をとっている人気の一軒です。地下鉄末広町から徒歩2分、秋葉原駅からでも5分ほどのビル地下一階にあります。

店内はカウンター7席に6人ほどのテーブルがあります。収容人数が少ないので、昼は毎日行列ができています。

「牛かつ麦飯セット」は130gの肉で1,300円(税込)、「とろろ」を付けると100円増しになります。つまり、「牛かつ もと村」と同じメニューです。ソースに醤油、岩塩で食べられるのも「牛かつ もと村」同様です。

「牛かつ 壱弐参」では、60秒の揚げ時間で肉はレアに近い状態で提供されますが、各席の目の前に小さな鉄板があって、ここで好みの焼き具合に調整することもできるのが、この店の特徴といえるでしょう。

秋葉原でビフカツを食べたいと思ったら、「牛かつ 壱弐参」を覗いてみてください。

東京のビフカツおすすめ店6.神田ポンチ軒

東京ではビフカツ(ビーフカツ)よりも「とんかつ」が一般的でした。それゆえ、とんかつの名店は都内に数多く存在します。

その調理技術は牛肉にも活かされるので、とんかつの一流店には「ビフカツの穴場」といえる店がたくさんあります。

その代表として紹介したいのが、神田小川町にある「神田ポンチ軒」です。この店は「揚げ物」にこだわりを持っており、都内でも有数のとんかつ店として「ミシュランガイド」のビブグルマンにも選定されています。

「ビーフカツ」単品2,000円(税込)は、ランチタイムには「ビーフカツ定食」として1,600円でいただけます。ソースの代わりに「わさび醤油」が提供されます。

ビフカツとわさび醤油の相性は抜群ですが、テーブルには「とんかつソース」とウスターソースタイプの「太陽ソース」が置いてあるので、何切れかをそれぞれのソースで味わってみるのもおすすめです。

「ビーフカツサンド」2,440円(税込)もあります。最高級のビーフカツにパンとソースの組み合わせは、これもまたおすすめの一品として外せません。

「神田ポンチ軒」は、とんかつの名店で食べるビフカツは美味しい!ということを証明してくれますよ。

スポンサーリンク