東京の心に優しい自然派レストラン!おすすめのお店はここ!

関東

出かけた時にどこで食事をするかで悩むことも多いでしょう。でも、せっかく食事をするならば体に良い料理はいかがでしょうか?

ここでは、東京の体にも心にも優しいおすすめの自然派レストランを厳選してご紹介します。なるべく広いジャンルの料理からセレクトしていますので参考にしてください。

スポンサーリンク

東京の自然派レストランおすすめ1.hugo

東京の自然派レストランおすすめの一軒目には「hugo(ユーゴ)」を紹介します。hugo(ユーゴ)は東急東横線の都立大学駅から徒歩5分の場所にあるビストロです。

hugo(ユーゴ)のコンセプトは、カジュアルながら落ち着いた雰囲気の店内で、時期の食材を使った料理をいただくというもの。特に野菜の使い方にこだわりがあり、ワインも自然派のものを取りそろえています。

hugo(ユーゴ)の土日祝日限定のランチはとうもろこしの冷たいスープ、アンディーヴやほおずきを使ったサラダにトマトやキノコのソースを使った魚・肉料理をセットにしたものが2,500円(以下全て税抜)です。

hugo(ユーゴ)は、ディナータイムもメインが1,300円からと良心的。こちらも野菜を上手く使った自然派の作りが自慢です。料理に合わせる自然派ワインは700円から楽しめます。

なお、hugo(ユーゴ)では会計時に消費税の他、チャージ・パン代として500円が加わります。

東京の自然派レストランおすすめ2.福笑本店

東京で「これぞ自然派レストラン!」といえる一軒が「福笑本店」です。「福笑本店」の場所はJR恵比寿駅西口降りてすぐ、アクセスのよさも魅力でしょう。

「福笑本店」の店はビルの5階に看板もなくひっそりと構えています。料理は素材にこだわり、産直の鮮魚に旬の無農薬・有機野菜を使います。「福笑本店」では、化学調味料や食品添加物を徹底して廃し、素材本来のよさを楽しませてくれます。

魚介類では「特大岩ガキ」(時価:700円~1200円、以下全て税抜)がおすすめ。身がぷっくり厚く、とてもクリーミーな天然牡蠣です。ただし旬は夏時期のみです。

野菜類では何といっても「極太アスパラボイル」。開店以来の名物メニューで、天然もろみと無添加豆乳マヨネーズのソースでいただきます。これも時価ですが、「太」サイズで400円、「極太」が700円、「超極太」が800円程度になります。

おしゃれな街の隠れ家で自然派の料理を食べるなら、この「福笑本店」は一押しのお店です。

東京の自然派レストランおすすめ3.四季ごはん 晴れ間。

最近、穴場の料理店が集まりだした代々木上原~八幡地区。「四季ごはん 晴れ間。」はそんな代々木の一角にあるおすすめの自然派レストランです。「四季ごはん 晴れ間。」へのアクセスは、小田急線の代々木八幡駅から徒歩で3分くらいになります。

カジュアルな「四季ごはん 晴れ間。」の店内は落ち着いて食事が楽しめる雰囲気で、カウンターでの一人飲みも楽しめます。

「四季ごはん 晴れ間。」の料理は「晴れ間。の本日の夜膳」として4種類のコースが用意されています。「晴れ間。の本日のゆうげ」3,800円(以下全て税抜)は、旬の厳選食材を使った全6品のコースで(コースに追加するアラカルトもあります)、この店の代表的なメニューです。

その他、「晩酌コース」(旬のおつまみ盛合せ5品と生ビールのセット2,000円)、「定食コース」(おつまみに福井のソースカツ丼 or 旬の焼き魚のセット2,500円)、「おきまり」(旬のおつまみ盛り合わせ5品、1,500円)があります。

「四季ごはん 晴れ間。」では、いずれも福井の素材や料理を中心に提供しており、日本酒も福井の地酒を用意しています。

代々木の隠れ家で福井の自然派料理を楽しむなら、ここ「四季ごはん 晴れ間。」は要チェックのお店でしょう。

東京の自然派レストランおすすめ4.ナタラジ 銀座店

「ナタラジ 銀座店」は、地下鉄の銀座駅を出て中央通り沿いのビル7~9階にある東京でも珍しい「自然派のインド料理」を提供してくれるおすすめのレストランです。

「ナタラジ 銀座店」の料理は野菜を中心に、ノンコレステロールの大豆ミートなどの植物性素材を豊富に使います。その秘密は「ナタラジ」には自社のオーガニック農園があるからです。自然素材を使った様々なインド料理にはきっと驚かされることでしょう。

「ナタラジ 銀座店」のもうひとつの特徴は他店にはない「天然酵母のナン」。天然酵母を使うことで、ふっくらと柔らかい仕上がりで旨みの深いナンになります。

「ナタラジ 銀座店」自慢のカレーも「ベジタブルカレー」(1,230円税込)など17種類と豊富。好きな野菜料理を組み合わせてコースを仕立てられるのも、この店の楽しみ方といえるでしょう。

インド料理で自然派のレストランをお探しなら、この「ナタラジ 銀座店」は特におすすめの一軒です。

東京の自然派レストランおすすめ5.カフェむぎわらい

東京の自然派のパン屋では穴場中の穴場が「カフェむぎわらい」です。地下鉄日比谷線の三ノ輪駅から徒歩3分ほどの場所に店を構え、イートインもあるのでカフェとしても利用できます。

「カフェむぎわらい」では、小麦粉のおいしさを引き出すために2日間かけてじっくりと発酵させ、酵母は天然、塩は自然塩を使っています。その仕上がりは旨みにあふれた味になるのが特徴です。

「カフェむぎわらい」では、体に良いとされる「雑穀」にもこだわり、雑穀パンやカフェメニューにも取り入れています。人気の「パンドミー」は、「プレーン」(440円以下税込)、「ごま」(480円)、「全粒粉」(480円)の3種類をそろえます。

「カフェむぎわらい」のカフェメニューでは「卵サンドとスープ」(1,000円)や「パンの盛合せ(トースト3種類にプチパン2個)とスープ」(1,200円)などがおすすめです。

なお「カフェむぎわらい」は、月・火曜日は通常のパンの販売は休みで、普段店頭に並ばないサンドウィッチが販売されます。