東京の牡蠣料理がおいしいお店ランキングbest8!食べ放題情報も!

関東

牡蠣は全国に名産地があります。それを東京でおいしく食べるには、店選びがポイントです。ここでは、東京のおすすめ牡蠣料理店をランキングでご紹介します。

店の特徴やおすすめのメニュー、食べ放題情報などもまとめていますので、牡蠣料理店選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

東京の牡蠣料理店ランキング第8位 かき小屋 祐天寺

東京の牡蠣料理店ランキング第8位は、「かき小屋 祐天寺」です。

東急東横線の祐天寺駅から徒歩4~5分の場所にある「かき小屋 祐天寺」は、都内から横浜、沖縄にも店舗展開する「かき小屋」の祐天寺店です。

「かき小屋 祐天寺」の特徴は、テーブルで網焼きができるBBQスタイル、食べ放題メニューに、飲み物の持ち込みもOK(600円/1名)というもの。氷やワインクーラーなどは無料で貸してくれます。

「生ガキ3種盛り合わせ」(時価)は当日、一番おすすめの生牡蠣をセットにしています。まずはこれを味わって、宴会のスタートというのもよいでしょう。

「食べ放題」3,380円(税抜)は毎日OK。120分で、焼き牡蠣の食べ放題に、牡蠣フライ2個、海老2尾、焼き野菜、ソーセージ、牡蠣めし、浅漬けがセットになっています。

「かき小屋 祐天寺」では、お酒を持ち込んで、食べ放題でワイワイ!というのがおすすめの楽しみ方です。

東京の牡蠣料理店ランキング第7位 DESERT

東京の牡蠣料理店ランキング第7位は、「DESERT(デザート)」です。

「DESERT(デザート)」は、地下鉄六本木駅すぐの場所にあるレストランです。店では「豪快 イタリアン食堂」と銘打っています。

名物メニューは「牡蠣食べ放題コース(90分)」3,980円(税抜)。まずは牡蠣が「生」、「蒸し」、「焼き」の順で提供され、その後は好きな調理法で注文ができます。

「牡蠣フライ」200円(税抜)も人気のメニュー。素材が良いため、旨みが凝縮されています。ビールなどにはピッタリの一品です。

「イタリアン食堂」を掲げるだけに、イタリアンメニューもおすすめです。天然鮮魚を使った料理からパルマの生ハム、各種パスタまで、牡蠣以外の食事も十分に楽しめることも「DESERT」をおすすめする理由です。

「DESERT」の食べ放題には「生牡蠣」が含まれており、「食べ放題のランキング」ではトップクラス間違いなしの店です。

東京の牡蠣料理店ランキング第6位 オストレア 新宿三丁目店

東京の牡蠣料理店ランキング第6位は「オストレア 新宿三丁目店」です。

「オストレア 新宿三丁目店」は、地下鉄新宿三丁目駅から徒歩1~2分の場所にある人気のオイスターバーです。

席に着いたらまず、「オイスター・プラッター」2,680円(税抜)を注文しましょう。本日のおすすめ牡蠣6個の盛り合わせです。平日の19:00まで、土・日・祝日の12:00~17:00は「Oyster Hour」として2,100円になります。

「オストレア」創業以来、10年以上人気の大定番メニューが「牡蠣と大葉のリゾット」1,480円(税抜)。牡蠣の旨みと大葉の香りがベストバランスの一品です。

新宿で牡蠣を食べるなら、ここ「オストレア 新宿三丁目店」がおすすめの一軒です。

東京の牡蠣料理店ランキング第5位 MAIMON GINZA

東京の牡蠣料理店ランキング第5位は「MAIMON GINZA(マイモンギンザ)」です。

「MAIMON GINZA(マイモンギンザ)」はJR新橋駅徒歩3分、銀座コリドー街の入り口にある東京のオイスターバーの魁といえる店です。ひときわ目を引くラグジュアリーな店構えで、本場ニューヨークの雰囲気を漂わせています。

豊富な牡蠣の品揃えが自慢で、北海道から九州までの国産ものから世界各国の牡蠣までが揃います。牡蠣は1ピース400円(税抜)から注文できます。

「オイスタープラッター」は牡蠣の盛り合わせ。「Japanese Platter」は国産4種を2個ずつの8ピースが3,200円(税抜)、3個ずつ12ピースが4,800円(税抜)になります。

その他、国産と海外産牡蠣の盛り合わせ「Collaboration Platter」(Japanese Platterと同価格)や、岩牡蠣も加えた「DELAX Platter」(8ピース4,200円税抜)などもおすすめです。

「MAIMON GINZA」は世界の生牡蠣が食べられて、デートにも向いたラグジュアリーな雰囲気が魅力の本格オイスターバーです。

東京の牡蠣料理店ランキング第4位 銀座楸(ひさぎ)

東京の牡蠣料理店ランキング第4位は「銀座楸(ひさぎ)」です。

「銀座楸(ひさぎ)」は、他のどの店にもないコンセプトを持つオイスターレストランです。特に「牛肉と牡蠣のコラボレーション」に力を入れており、各種のメニューが揃っています。

「銀座楸」では、気軽に牡蠣を楽しめる「ベーシックセットコース」3,980円(税・サービス料別)がおすすめ。日本各地からの岩牡蠣か真牡蠣を中心に、牡蠣の前菜に焼牡蠣などがセットになっています。

牡蠣はいろいろな食べ方がありますが、この店の看板メニューが「オイスターロックフェラー」。殻付きの牡蠣にバターソース、パン粉、緑黄色野菜などを乗せて焼いた料理で、ニューオーリンズの「ANTOINE’S」で創作されたものです。

ランチタイムには、「牛と牡蠣のステーキのせ黒いカレーライス」(ランチタイム1,100円税込)が人気です。牛ステーキと牡蠣のコラボという「銀座楸」らしいメニューといえます。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび