家庭菜園でのキュウリの育て方 実録!

家庭菜園

キュウリは実成が多く作り甲斐もあり、食べても美味しい夏の人気野菜です。

家庭菜園ならではの楽しみ方もあり、いろんなサイズで収穫するのも家庭菜園でのキュウリづくりの楽しみです。

キュウリは一度実が成るとあっという間に大きくなるので、収穫期には目が離せませんが、それも楽しみの一つ。大きくなりすぎてしまったキュウリも、ジャンボキュウリならではの調理方法で美味しくいただけます。

外国の人にはジャンボキュウリが意外と人気です。炒め物やスープに入れてもとてもおいしいです。

キュウリは品種も最近はたくさん出回っていますが、病害虫対策を考えるとやはり育てやすい品種を選ぶのが良いでしょう。

VR夏すずみ、夏ばやし、つや太郎、ラリーノ(ミニキュウリ)などは比較的耐病性が有ると言われており、食味もよいのでおすすめです。

キュウリの栽培には、主に苗を購入して支柱を立てて育てる支柱栽培と、夏に種から撒き秋まで収穫する夏キュウリ(余まきキュウリ。主に地這い性。)が有りますが、家庭菜園の場合は土地に限りが有りますので、支柱を立て上に伸ばして栽培する支柱栽培をおすすめします。

スポンサーリンク

キュウリの育て方1. 苗選び

キュウリの苗は、本葉2~3枚で、節間が短く、茎が太く、濃い緑色をしていて、葉の裏側の葉脈がはっきりしているのもを選んでください。

勿論、しおれた元気のないものはダメ。病害虫対策を考えて、かぼちゃの台木を使った接木苗をおすすめします。

キュウリの育て方2. 土づくり

キュウリを地植えする場合は、植え付けの遅くとも1週間前までには苦土石灰と元肥をすきこみます。

水はけの悪い場所での地植えの場合は畝をつくることをお勧めします。

畝の高さは約20~30㎝ぐらい、幅は分かりやすく自分の肩幅ぐらい。土地が狭い場合は幅を調整してください。水はけの良い場所ではわざわざ畝をつくらなくても問題ありません。

キュウリのプランター栽培の場合は市販の野菜の土を使うことをお勧めします。調整がされているのでそのまま使えて便利です。

きゅうり

きゅうり

キュウリの育て方3. 植付け

年によっても若干異なりますが、4月中旬から5月上旬の暖かい、風の強くない日を選んでキュウリの苗の植付けをします。

風が強いと、折角植えたキュウリの苗が風で折れてしまう事が良くあります。

株間は40㎝以上離してください。キュウリの根は下だけでなく横にもかなり広がります。

キュウリの苗をポットから出すときには根を崩さないように注意して、やや浅植えにします。

植えた後はたっぷり水を与えてください。植付け後、風の強い日が続くようであれば、寒冷紗などで風よけの施策をすることをお勧めします。

キュウリの育て方4. 支柱立て・誘引

1週間もすると。キュウリの苗が成長しツルが伸びてきます。

主茎から2~3㎝ぐらいのところに1m~1.5m位の(長めの)支柱を立て、伸びたキュウリのツルを麻ひも等で結び誘引します。

その際あまり強く結わえすぎたり、キュウリのツルの先を強くつまみすぎたりすると先が千切れたり、枯れてしまいますので注意してください。

結び方は、ナスやトマトの誘引と同じで、キュウリの茎と支柱の間にばってんをつくるように八の字に結ぶのが良いでしょう。

支柱の数は1本でも良いですが、あまり深く地中にさせない場合は、実が成った後の安定を考えてメインの支柱から少し離してあと1~2本立てても問題ありません。

キュウリのツルが伸びてきたら一番近い支柱に、同じ要領で誘引していきます。

キュウリのツルは細くて暴れますので、隣の苗に絡んだりしない様注意を払いながら、こまめに誘引を行って下さい。

キュウリの育て方5. 摘芯

キュウリの親づる(主茎)を誘引したら6節より上の子ずる(親ずるから枝分かれしたつる)を葉2枚残して摘芯します。孫づる(子ずるから枝分かれしたつる)も同じく葉を2枚残して摘芯します。

キュウリの育て方6. 追肥

キュウリの苗の植付けをしてから大体1か月程度で花が咲き結実し始めるので、そのころから3~4週間ごとに3~4回追肥を行います。

1株に対し、有機肥料(油かすや魚かす)の場合大体一握りぐらい、化成肥料の場合は商品記載の適量を株間にすき込み上から土をかぶせるようにしてください。。

キュウリの育て方7. 水やり

キュウリの原産はインド北部で暑さには強いですが、乾燥には弱いので水切れ、乾燥は禁物です。また、キュウリは根が比較的浅いところにも張りますので、根元の乾燥には注意しましょう。

1日1回早朝の気温が低いうちにたっぷり水を与えるのが基本です。

キュウリのプランター栽培の場合は底から水が流れ出るのを確認するまでしっかりやりましょう。

貸農園など遠隔地で毎日の世話が厳しい場合もあると思いますが、その場合はキュウリの苗の根元に藁(わら)をひいて根の乾燥を防ぐ対策をしてください。

水分が不足すると、キュウリは花が散って実が結実しなかったり、折角結実しても変形していびつになることが良くあります。

また、水やり時には高いところからではなく根元に水をかけるようにして地面からの跳ね返りを極力抑えましょう。水跳ねは病害虫の原因になります。

きゅうり

きゅうり

キュウリの育て方8. 病害虫対策

接木苗であればそれほどでもありませんが、キュウリは他の夏野菜に比べ病害虫の発生頻度は多い作物です。

有機栽培にこだわらなければ市販の薬剤を2~3週間に1回散布してください。

有機栽培にこだわる方は、風通し、水跳ね、葉や茎に着く虫にこまめに注意を払いながら出来れば毎週ハーブ液などの有機の防虫液を葉の裏までしっかり散布してください。

べと病(葉に黄色い斑点が出来て枯れる病気)やうどんこ病(葉に白い斑点が出来て枯れる病気)、ツル枯れ病等キュウリがかかりやすい病気は沢山ありますが、葉っぱに異常を見つけたらすぐにその葉を切り取り処分してください。

また、下に落ちた葉っぱもそのままにしておか拾うように心がけましょう。

キュウリの育て方 まとめ

キュウリの収穫は好みのサイズで行ってよいのですが、キュウリの成長は早いので遠隔地の農園で毎日世話のできない場合は注意が必要です。

少し油断すると、50㎝越えのお化けキュウリになっていることも多々あります。あまり実を大きくし過ぎると、茎、葉の成長に栄養がいかなくなり早枯れの原因にもなります。

また、キュウリの収穫の時間は、他の野菜同様午前中(出来れば早朝)の野菜が水分をたくさん含んでいるタイミングが良いです。

キュウリは1苗でも沢山の収穫が楽しめて、成長も早く育てがいのある野菜ですので、是非一度地植えでもプランター栽培でも試してみてください。

家庭菜園
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび