実演!家庭菜園でのトマト(夏トマト)の育て方 初心者でも簡単!

家庭菜園

家庭菜園の定番、トマトの育て方をご紹介します。家庭菜園でトマトを育ててみたいとお考えの方は、初心者の方でもわかりやすく説明していますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

はじめに

夏トマトとは、春先に苗を植え主に夏に収穫期を迎えるトマトで、皆さんが良く作られているのがこの夏トマトです。

一方、夏に苗を植え秋に収穫するトマトを秋トマトと総称します。

プランターから本格的な菜園まで、一番人気のある野菜と言えばトマトですよね。

大玉、中玉、ミニと様々な種類が有り、トマトは作って楽しい野菜です。

なかでも、比較的手軽にプランターでも作りやすいトマトが、中玉とミニトマトではないでしょうか。

ベランダや庭先でプランター栽培されているのをよく見かけますが、ほとんどがフルティカなどの中玉か純甘やアイコなどのミニトマトの場合が多いようです。

これらのトマトが選ばれるのはやはり、食べやすさと育てやすさです。

大玉トマトに比べ病気、害虫に強い品種が多く、実付きも良く、限られたスペースでも栽培ができます。

広い畑に種から蒔く場合は別として、ほとんどの場合はホームセンター、スーパー、ネットショップなどでトマトの苗を購入して植える方がほとんどだと思います。

市販のトマトの苗も大体品種が決まっており、作り易くて実成りが良く、甘い品種が多いようです。

代表的なのが中玉ではフルティカ、シンディースイート、レッドオーレなど、ミニでは純甘、アイコ(赤、黄色)、千果、オレンジキャロル、シュガーミニ、などですね。

特に人気が高いトマトは、中玉ではフルティカで糖度が7~8度と高く、一房に8~12個ほど成る50gぐらいの重さのある中玉。甘くて沢山収穫でき病気にも強い品種です。

ミニでは純甘がおすすめで、糖度は8~12度とかなり高く、肉厚でフルーツの様な口当たりで、生食には最適のトマトです。

病気、害虫にも強く最近ホームセンターなどで良く見かけるトマトの品種です。

ただ、味はそれぞれ好みが有ると思いますので、少しずつ何種類か育てて自分の好みのトマトを見つけてください。

育てる品種が決まれば次は栽培方法ですが、トマトのポイントはズバリ、土づくり、水やり、腋芽(わきめ)摘み、摘心、風通し、雨避けです。

本当に難しくないので、トマトの作り方を順を追って説明してみます。

トマトの育て方1. 苗選び

まず、トマトの苗選びですが、茎ががっちりしていて根張りがよさそうで、本葉が8~11枚程度ついていて、苗の先端の方が元気なものを選んでください。(売り場の人に遠慮なく聞いてください。)

土づくり

次はトマトを育てるための土づくりですが、地植えの場合とプランター、鉢植えの場合と分けて説明します。

トマトの育て方2. 地植えの場合

まず、トマトを植えようとしている土地の広さをザックリで良いので測っておきましょう。元肥や苦土石灰を撒く量の目安になります。

特にトマトは酸性土に弱く、肥料のやり過ぎも実成りが悪くなるのでこのあたりはしっかり準備しましょう。

土づくりは遅くとも植え付けの2週間前までには終わらせれるように準備しましょう。

トマトは酸性の強い土で育てると生育が悪くなるため、事前に苦土石灰を土に施します。

目安としては1㎡あたり120~150g(ざっくり2握り位)。

ミニトマトが好む酸度は大体5.5~6.5位です。

日本は雨が多いので土が酸性に傾きがちです。なので多くの場合、苦土石灰等で酸度を落としてあげます。

また、苦土石灰を撒いた後は必ず耕してください。

本格的にやりたい方はホームセンターやネットショップで酸度計を購入して実際に測ってみることをお勧めします。

次に元肥として堆肥を1㎡あたり3~4㎏と化成肥料を120g(もしくは緩効性肥料の場合は150g)を加えます。再度良く耕して土づくり完了。2週間程度土を休ませます。

水はけが悪い土地の場合は、畝をつくるのが良いと思います。

畝の高さは約20~30㎝ぐらい、幅は分かりやすく自分の肩幅ぐらい。

土地が狭い場合は幅を調整してください。

水はけの良い場所ではわざわざ畝をつくらなくても問題ありません。

トマトの育て方3. プランター、鉢植えの場合

土の無いベランダ等でのトマトのプランター栽培を前提に説明します。

土は培養土の購入をお進めします。

ホームセンターなどで野菜用、トマト専門、ミニトマト専門の培養土が売られていますのでそれらを使うのが簡単で失敗も少ないです。

値段を比較してみて、好みのものを使ってください。

また少し値段が張りますが、プランター用に軽量の培養土も売られているのでプランターを頻繁に動かしたい方はこちらがおすすめです。

トマトのプランター栽培の場合も土は基本的に地植えと同じなので、培養土の酸度、水はけのよさは購入前に必ずチェックしてください。(記載のない場合は売り場の方に聞いてみてください。)

プランターは場所の制約が無ければ、花用の物より大きくて深い野菜用の物をお勧めします。

トマトの根がしっかり張ればその分沢山養分を蓄えて美味しい実が成ります。

トマトの育て方4. 植え付け

トマトは地植えの場合も、プランターの場合も植え付け時期は大体4月末から5月初めのゴールデンウイークの頃が良いと思います。

まとまった時間も取れますし、気温も安定してくる時期です。暖かい日の午前中がベストです。

ただ、収穫を考えると、時期を微妙にずらしてトマトの苗を植えて行った方が収穫も一度ではなく、順々に出来るので良いと思います。

特にトマトはいっせいに実が熟してきますので、まとめて収穫して食べるのは大変です。

トマトの苗の植付け間隔は地植えの場合は50~60㎝は離して植えてください。

野菜用プランターの場合は、標準的な高さ(深さ)30cm、幅50cm、奥行き30cm、容量25ℓ程度のサイズで、無理して苗2つまで。できれば1つがおすすめです。

トマトの苗の植え方は、予め穴を少し深めに掘っておき、トマトの苗の茎を人差し指と中指で挟むように片手で上から持って、もう一方の手でポットの底をもって裏返し、根を崩さないように外して植えます。

土を少し多めに盛って軽く押さえてからたっぷり水をあげます。

プランター選びですが、場所の制約上、幅、奥行きは妥協しても、深さは30㎝以上のものをお進めします。

それより浅いとトマトの根が張りずらいだけでなく、支柱が倒れやすくなってしまいます。

プランター栽培の場合、置き場所は制限もあるかと思いますが、なるべく日当たりと風通しの良い場所においてください。

地植えの場合は可能であればトマトの苗のまわりに藁(手に入れば)を敷くと乾燥防止にもなりますし、雨の地面からの跳ね返りを防げて病害虫予防(病原菌や害虫は主に土壌にいますので)にもなります。無くても大丈夫です。

トマトの育て方5. 支柱立て

トマトの根元から少し離れたところに1~1.5m位の支柱を立てます。近すぎるとトマトの根を傷つけてしまいますし、離れすぎると上手く誘引できず苗自体が傾いてしまうので、トマトの茎と3㎝ぐらい離れたところに太すぎない支柱を選んでまっすぐに立てます。

トマト

立てた後は、麻紐等で支柱にトマトの苗を誘引しますがその際は紐を八の字にひねり、支柱とトマトの茎の間にばってんをつくるように結わえれば、きつ過ぎず茎が太くなっても紐が茎に食い込まず上に伸びていく邪魔になりません。

誘引箇所はトマトの苗の成長に合わせて、20㎝間隔ぐらいで順次増やしていって下さい。

支柱を何本も使い合掌造りに支立てて組んだりすることがありますが、1本の支柱でも十分ですし、その方がトマトの苗がまっすぐ伸びて隣りの苗と重ならずに済みます。

プランターの場合は支柱用の穴が底についているものが便利です。

トマトの育て方6. 水やり

トマトは幾分乾燥した環境を好むので水のやり過ぎは禁物です。

地植えの場合は、1週間に1度でも十分ですが、1度にしっかり水を与えてください。

プランターの場合は土の量も少なく根が深く張りませんので、1日に1度与えてください。

ただ、土の状況(種類)にもよりますので基本は表面の土が乾き、トマトの葉っぱに元気が無くなってきたら(少し垂れ下がってきたら)水を与えるようにしてください。

水やりのタイミングは午前中、出来たら気温が上がる前の早朝がベストです。夕方や夜間の水やりは控えましょう。

トマトは夜間に水分が多い状態になると、徒長(ひょろ長く伸びる)しがちです。

また、細かいですが、水は高いところから落とすのではなく根元にそっとあげてください。

土に落ちた水がはねてトマトの葉や茎にかかると、病害虫の原因になります。

ただし、トマトの苗を植えて1週間程度は根がしっかり土に張っていない状態なので根を乾燥させないよう頻繁に水をあげたほうが良いです。

また、屋外の地植えの場合ですが、収穫時期に乾燥した日が続き、いきなり大量の雨が降ったりするとトマトが急激に大量の水分を吸収してしまい、折角実った実がはぜてしまう現象が良く起こります。

雨の多い年には、雨避けの工夫も必要です。

トマトの育て方7. 腋芽(わきめ)摘み

トマトの苗本体の茎とそこから伸びる葉っぱの間(又)から生えてくる芽を腋芽と言います。

トマト

トマト

通常はトマトの脇芽を早い段階で全て摘んでいき本体の茎1本で育てる1本仕立てにしますが、地植えの場合で隣の苗との間隔に余裕が有る場合は早い段階でトマトの腋芽の1つを残して伸ばし2本仕立てにする場合もあります。

もちろん2本の方がトマトの実がたくさん取れるのですが、狭いところで2本仕立てをしてしまうと枝と枝が重なり合い日当たりが悪くなるのと、栄養も分散してトマトの実成りが悪くなります。

プランター栽培では1本仕立てをおすすめします。

トマトの腋芽摘みは小さいうちはまわりの茎を傷つけない様指先で掻き取るのが良いですが、見つけるのが遅くなり太くなったものは先の細いハサミで切り落としてください。

その際、刃先が土などで汚れたものを使うと病虫害の原因になりますので、きれいなものを使ってください。

トマトの育て方8. 追肥

トマトの追肥のポイントですが、化成肥料、有機肥料どちらの場合も与え過ぎは禁物です。

トマトに肥料を与え過ぎると、葉や茎がすくすく成長しすぎて、果実に栄養がいきわたらない状態になりがちです。

また、与える肥料の種類にも注意しましょう。

トマトなどの実菜類(実を食べる野菜)は実を充実させるためにリン酸を多く必要とします。

有機肥料の場合は発酵油かす(粉状タイプ)+リン酸成分を多く含む魚粉、骨粉類を与えると実成りが良くなります。

量の目安はともに1株に一握り程度で良いです。化成肥料を使う場合はトマト専用の化成肥料を使うのが一番便利です。

量は1回に一株当たり10g程度です。追肥の頻度は、有機肥料の場合効きがゆっくりで長持ちするので2ヶ月に1回程度、化成肥料の場合は2週間に1回程度で十分です。

液肥(液体状の化成肥料)を使う場合は、濃さもあるので必ずボトル記載の適切分量を確認して与えてください。

トマトの育て方9. 摘芯(てきしん)

トマトの茎を伸ばしたままにしておくと栄養が成長点(最先端部分)にとられて実成りが悪くなります。

ですので、ある程度の高さまでトマトが成長したら主幹の先端を切る作業をします。これをトマトの摘芯と言います。

地植えとプランター栽培でも、1本仕立てと2本仕立てでも最適な摘芯の時期は異なりますが概ね、大玉トマトの場合は第5花房(花が咲き、実が成る房)の上に葉っぱを2~3枚残して主幹をカットします。

中玉トマトやミニトマトの場合は、少し多めに6~7花房まで我慢して同じく葉っぱを2~3枚残して摘芯しても大丈夫です。

トマトの摘芯は、実を大きく甘くするための重要な作業の一つです。

トマトの育て方10. 病害虫対策

有機栽培にこだわらない方はトマトに適したの農薬などで定期的に虫退治、病気予防を行えばよいのですが、有機栽培で育てたい方はひと工夫が必要です。まず、日当たりと風通しは必ず確保してください。

トマトは日が当たらなかったり、湿気が多すぎたりすると病気、害虫の発生頻度が高くなります。

防虫効果のあるコンパニオンプランツ(バジルなど)をトマトの脇に植えることにより幾分は防虫効果が有ります。

また、トマトの栽培中は良く葉っぱの表裏、茎をこまめに観察してください。

アブラムシ(葉っぱの養分を吸って枯らしてしまう害虫)などよくトマトに着く虫を見つけたら指で捕殺するか、捕殺用の専用テープや棒も市販されています。虫の量が多い場合はデンプンなど食物原料由来の殺虫剤を使うのも有効です。

落ちて腐った実や葉をそのままにしておくとナメクジなどの温床になるのでトマトの根元はきれいにしてください。

土の中にナメクジが大量に発生してしまったら熱湯をかけると手軽に大量に駆除できます。

テントウ虫はアブラムシを食べてくれる益虫です、オレンジに小さな黒い斑点が沢山あるニジュウヤホシテントウなどのテントウムシダマシは葉を食べてからしてしまう害虫になりますので注意が必要です。

トマトの育て方 まとめ

トマトの育て方は以上になりますが、トマトは食べてもおいしく栄養豊富で、比較的誰でも簡単に作れる野菜ですので、是非一度育ててみてください。

市販のトマトと、自分で育てたもぎたての完熟トマトとの味比べも楽しいですよ。

トマト

トマト

家庭菜園
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび