銀座おすすめの高級寿司 大人のデートに最適な名店 厳選8

関東

一度は訪れてみたい銀座の高級寿司店。築地や日本各地の港から仕入れた最高級で新鮮なネタを、熟練の職人が目の前で握ってくれる。その寿司を握る職人の所作にも日本の伝統と江戸前寿司の技が見られ、和食文化に触れることができます。

今や外国人にも人気の「寿司」。銀座には、あのミシュランにも認められる名店がたくさんあります。

今回は、銀座の高級寿司店の中から、ミシュラン東京ガイドで星を獲得したお店、予約を取るのが難しい人気店など厳選して8店ご紹介します。ちょっとお値段は張りますが、ここ一番のデートの時に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

銀座のおすすめ高級寿司 すきやばし 次郎

銀座の高級寿司店といって、たぶん真っ先に名前が思い浮かぶのがミシュランガイド東京で11年連続で3つ星の評価をされる「すきやばし 次郎」ではないでしょうか。

また、安倍総理が2014年に来日したアメリカのオバマ前大統領との非公式な夕食会場として選んだことでも有名です。

お店の場所は、銀座駅から歩いて1分のビルの地下。世界のミシュラン3つ星店では他に例のない地下のお店、そしてトイレが他店と共同と異例づくめです。

店内はカウンター10席ほど。テーブル席が13席ありますが、こちらはデザート用です。「すきやばし 次郎」のメニューはおまかせで1人前18貫で35,000円からのコースのみ。気軽に入れるお店ではないですが、一生に1度は行ってみたいお店ですね。

銀座のおすすめ高級寿司 鮨あらい

「ミシュラン東京ガイド2018」で1つ星を獲得した「鮨あらい」。店主の新井さんは、名店「銀座 久兵衛」や「すし匠」で経験を積んで2015年に銀座8丁目に「鮨あらい」をオープンしました。

お店の場所は東京メトロ「銀座駅」のA5出口から歩いて6分ほどにあるビルの地下。

店内にはカウンター席が7席と完全個室のカウンター席が7席。個室のカウンター席は大事な接待などのビジネスや、家族でのお祝いの際にぴったりです。

ディナーコースは全て店主におまかせの「大将厳選おまかせコース」、ランチには「カウンター個室限定おまかせコース」があるが内容や料金は季節や仕入れの状況によって変わります。

ネタの中でも特にこだわりを持っているのがマグロで、その日のネタの状況によって包丁の入れ方やシャリの合わせ酢を変えています。

銀座のおすすめ高級寿司 さわ田

「ミシュラン東京ガイド2018」で星2つを獲得した、銀座の人気寿司店「さわ田」は予約がなかなか取れないことでも有名です。

店内はカウンター席のみ6席。ランチとディナーそれぞれ1回転のみで完全予約制です。なお、店内やお寿司の写真は撮影禁止になっています。

お店の場所は、東京メトロ銀座駅のA5出口から徒歩1分のMCビルの3階。ナプキン代わりのお店オリジナルの手ぬぐいは希望の方は持ち帰りOK。季節によって違ったデザインのものが使われるので、通う楽しみにもなっています。

銀座のおすすめ高級寿司 すし家 一柳

「すし家一柳」は、「ミシュラン東京ガイド2018」で星1つを獲得した、実力人気ともある銀座の名店です。

店主の一柳さんは銀座をはじめ各地の名店で修業を重ね、2009年にホテル西洋銀座の中で「すし屋 真魚」をオープンさせ人気となりましたが、2013年にホテルの閉館により現在の場所にお店を移転して店名も「すし家一柳」としました。

お店は、東京メトロ有楽町線の銀座1丁目駅の6番出口から歩いて2分の銀座コシミオンビルの1階。木目を基調として柔らかな自然光が差し込む店内には、カウンター席が10席と4人まで利用できる個室があります。

昼の営業もしており、昼は5,000円から15,000円のお任せにぎりコースが4つと、お任せおつまみ・にぎりコースが1つ。

夜は10,000円と15,000円のお任せにぎりコースと3つのお任せおつまみ・にぎりコースから選べます。4人で利用できる小さな個室があるため、女性同士のグループも気軽に利用できると人気です。

築地から最高級のネタを仕入れる「すし家一柳」ですが、シャリにもこだわりガス釜で炊いた2升のあきたこまちの炊きムラのない釜の中心部だけを使い、さらに握るネタに合わせ温度も調整しています。

銀座のおすすめ高級寿司 おたる政寿司 銀座

「おたる政寿司 銀座店」は、北海道小樽の寿司屋通りで創業から70年以上も続く老舗寿司店「おたる政寿司」の支店です。

お店の場所は、地下鉄有楽町線「銀座1丁目駅」の7番出口すぐのビルの10階。店内は53席と広く、また2名から利用できる個室もあるので接待やデートにもぴったりです。

「おたる政寿司 銀座店」は、本店のある北海道から直送した新鮮なネタを使い銀座とは思えないようなリーズナブルな価格で寿司を楽しめます。

特にランチでは、旬菜小鉢、おすすめ握り9貫、選べる1貫、止椀、デザートがついたコース「旬華」など3,240円から北海道から航空便で直送する旬のネタの握りが味わえます。

特に、小樽を感じるランチセット「小樽(おたる)」は、北海道直送の特大の生ぼたんえびや海水ばふんうに、いくらの醤油漬けなど厳選されたネタの寿司が12貫ついた人気のランチメニューです。

握りは単品でも注文可能ですが、宴会料理や接待コースなども豊富に揃っています。また寿司折りや松前漬けや自家製の塩辛など北海道の珍味などお土産の商品も豊富です。

銀座のおすすめ高級寿司 鮨たかはし

「鮨たかはし」は、東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」の11番出口から徒歩2分の場所にある、30代になったばかりの若き店主が営む今話題の寿司店です。

店主の高橋さんは、ミシュラン東京ガイドで6年連続で3つ星を獲得した有名店「鮨さいとう」で修業して、2014年に「鮨たかはし」をオープンしました。

「鮨たかはし」の店内は、カウンターのみ8席。特徴的なコの字型のカウンターで、素材は吉野檜の一枚板。壁には栃木県の大谷石を使い店内の装飾にもこだわっています。明るく洗練された雰囲気はデートや記念日の食事にぴったりです。

「鮨たかはし」のメニューは、つまみと握りのおまかせのみです。ネタは毎日、築地に店主自らが行って直接見て仕入れています。

ネタの中でもマグロにはこだわり、産地を限定せずにその季節で美味しい産地のものを厳選しています。鮨にかかせない山葵は、静岡県天城産の最高級品。また、日本酒にもこだわり季節に合わせ常時10~15銘柄と豊富に揃えています。

銀座のおすすめ高級寿司 銀座寿司幸本店

創業明治18年で、江戸前の寿司の伝統と技を今に受け継ぐ老舗寿司店「銀座寿司幸本店」。お店は、東京メトロ各線の銀座駅から歩いて3分の場所にあります。

現在のご主人杉山衛さんは四代目で、大学卒業後の1976年に弟子入りして今年で寿司職人歴42年のベテランです。

「銀座寿司幸本店」は、江戸前寿司の伝統と本質を守りながらも、時代に合わせたチャレンジも行う名店で、現在のご主人は特に寿司とワインのマリアージュを試みたさきがけの人としても知られています。

「銀座寿司幸本店」のメニューは、昼の営業、夜の営業ともにおまかせコースのみ。ネタは季節やその日の仕入れによってかわりますが、「マグロ」は近海で獲れた国産マグロを使い、日本酒やワインにも合うようにネタを薄めに小ぶりに握っています。

厚めに焼かれた「タマゴ焼き」は創業以来ほぼ同じ製法で作れてている「銀座寿司幸本店」の名物です。また、二代目が考案した「焼き椎茸の握り」も名物の握りです

銀座のおすすめ高級寿司 すし善 銀座店

北海道札幌に本店を構える「すし善」。その支店である「すし善 銀座店」は、JR新橋駅から歩いて5分のFUKUHARA GINZAビルの地下1階にあります。店内はカウンター席13席と別にカウンター席9席の合わせて22席です。

「すし善 銀座店」のメニューは、突き出し1品、刺身5種、小鉢1品、強肴1品、握り8貫、巻物1本、お椀、デザートの「椿」と、握り13貫、サラダまたは小鉢、巻物1本、お椀、デザートの「楓」の2コースで、どちらも16,200円です。

また午前11時から午後2時30分のランチは、サラダまたはお浸し、握り9貫と巻物、お椀、シャーベットの「福」3,780円からと気軽に利用することができます。

ネタのなかでもおすすめは、本店のある北海道から届く「塩水ウニ」。ミョウバンを使っていないので、口の中にいやな味が残らずウニ本来の甘さやコクを味わえます。

最高のネタを最高の技で握る銀座の高級寿司店

いかがでしたか?今回は、お洒落で大人の街「銀座」のミシュラン東京ガイドで星を獲得したお店や、予約が取れないお店として有名な高級寿司店を8店厳選してご紹介しました。

高級なお寿司屋さんでカウンターに座り、おまかせで握ってもらう。これって誰もが1度はやってみたいって憧れますよね。庶民には頻繁に行くことは難しいですが、特別な記念日や大切なデートの時に、今回ご紹介したお店を利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび