東京のこだわりの焼鳥屋 厳選6店! 大人が通うおすすめの名店

関東

焼鳥は五感で楽しめる日本食の代表です。

漆黒の備長炭の上で焼かれる新鮮な地鶏が醸し出す、えも言われぬこうばしい香りと、炭に落ちた脂のこげるジュッという美味しそうな音、こんがりと焼けた食欲をそそる色、口に含み、噛んだときに溢れ出すにく汁の旨みと食感。

焼鳥の満足度が高いのは、人間の5感全てを刺激してくれる食べ物だからではないでしょうか。

焼鳥は食材を炭火の上で焼くだけというシンプルな料理だけに、食材の特徴、下準備の手間、焼きの技術で大きく味に差が出てしまう食べ物だと思います。

今回は東京都内で名店と言われる焼鳥屋を選りすぐって6店ご紹介します。

スポンサーリンク

東京のこだわりの焼鳥屋1. 鳥よし(中目黒)

東京のこだわりの焼鳥屋、最初にご紹介するのは「鳥よし」です。焼鳥界のイノベーターと言われている東京中目黒の名店鳥よし。落ち着いた鳥よしの店内はきれいに磨かれたカウンターのみのおとなの空間です。焼き鳥はお任せで1本ずつ供され、お腹がいっぱいになったところでストップでき、食べたい串が有れば注文もできます。

鳥よしの熟練の職人さんの火入れは絶妙で、どの串もこうばしい香りとともに素材の味をしっかり味わえる正統派の焼鳥です。珍しい部位もあり、濃厚なうまみの「ちょうちん」は必ず食べたい1本。

おかわりする人も多いようです。 目黒の鳥しき、錦糸町のとり喜もこの鳥よしで修業を積んだ職人さんが独立して始めた焼鳥屋だそうです。西麻布、赤坂、銀座などにもお店が有ります。

東京のこだわりの焼鳥屋2. 鳥しき(目黒)

東京のこだわりの焼鳥屋、次にご紹介するのは「鳥しき」です。東京目黒の鳥しきは2007年にオープンし、2010年に焼鳥屋では初めてミシュランガイドで1つ星を獲得した超人気店。 紀州備長炭の上で、通常よりも近火の強火で焼かれる鳥しきの焼鳥は、どれもにく汁とうまみがしっかり閉じ込められていて、外は香ばしく噛むとにく汁が溢れだします。まさに、高い焼きの技術が無いと出せない味です。

鳥しきで使われる鳥は、平飼いされてストレスなく育った新鮮な伊達どり。絶妙の焼き加減のレアで出されるささみは、サッパリとしながらも伊達どりの肉の美味しさがしっかり味わえ、タレで出されるレバーは嫌な臭みが全くなく、旨みが凝縮しています。レバーが苦手な人でも一度食べてみる価値が有ります。鳥しきの料理はお任せで、こちらがストップというまで出てくるシステムです。お土産のお弁当も絶品。

鳥しきの店内はカウンターの12席のみという事もあり、なかなか予約がとりずらいですが、毎月1日の午後2時から電話で予約を受け付ける仕組みなで、頑張って電話をしてみる価値があると思います。予約は基本、2ヶ月先からになります。

東京こだわりの焼鳥屋3. とり喜(錦糸町)

東京のこだわりの焼鳥屋、3番目にご紹介するのは「とり喜」です。とり喜は東京錦糸町の静かな住宅街にあるこじんまりとした焼鳥屋さん。ミシュランガイド1つ星の焼鳥屋です。

とり喜の一串一串丁寧に時間をかけて火入れする串は、どれもジューシーで、厳選した国産地鶏や新鮮な野菜の素材の味が最大限に生かされています。野菜の焼き加減も絶妙で、甘みが引き立ちます。単品注文もできますが、とり喜の焼鳥を十分に堪能出来る、お肉8種類、野菜4種類のおまかせコースがおすすめです。

とり喜は予約のとりづらい人気店ですが、1部18:30~、2部21:00~の2部の方が狙い目かも知れません。前日までの予約が必要な、メニューに載っていない絶品の裏面メニューもあるようなので、予約の際は是非聞いてみてください。

東京のこだわりの焼鳥屋4. 蒼天(大塚)

東京のこだわりの焼鳥屋、4番目にご紹介するのは「蒼天」です。蒼天は東京の山手線大塚駅から徒歩3分ほどの便利な場所にある老舗の焼鳥屋さん。芸能人もよくお忍びで訪れる人気店です。蒼天のメニューは単品でも注文できますが、自慢の串を堪能できるうえに、串の合間に鳥刺しや、レバーパテ、サラダ、茶碗蒸しといったこれ又絶品の料理を挟んで楽しませてもらえる蒼天コースがおすすめです。言うまでもなく、お肉が新鮮で、下ごしらえが丁寧にされているので、ハツモトやレバーなどの内臓系の旨さが際立ちます。

もちろん胸肉やササミ、モモなどのお肉も食感、味共にハイレベル。良いお店はどこもそうですが、火入れが絶妙。蒼天は場所柄もあり、銀座や六本木のお店と比べたら値段もとてもリーズナブルです。予約は取りづらいですが、急なキャンセルなどもありますので、是非蒼天の焼鳥にトライしてみて下さい。

東京のこだわりの焼鳥屋5. バードランド(銀座)

東京のこだわりの焼鳥屋、4番目にご紹介するのは「バードランド」です。バードランドは銀座で焼鳥といえばここと言われるほどの焼鳥の名店。厳選した奥久慈シャモを絶妙の火入れで焼き上げた、プリプリでジューシーなバードランドの焼鳥はちょっと他では食べられません。

良くしまった肉の程よい弾力と、溢れ出すにく汁が香ばしい炭の香りと合わさり、本当にうまい。さすが、ミシュランの星を獲得している焼鳥屋です。バードランドは焼鳥以外の料理も豊富で、特にレバーパテはほとんどのお客さんが注文する名物です。ワインの種類も豊富ですので、絶品の焼鳥とワインのマリアージュもゆっくり楽しめます。

東京のこだわりの焼鳥屋6. 松本(恵比寿)

東京のこだわりの焼鳥屋、最後にご紹介するのは「松本」です。東京の山手線恵比寿駅前の喧騒がら少し離れたところにひっそりとある、知る人ぞ知る焼鳥の名店松本。松本で食べられるのは、肉質がしっかりしてお肉の味が濃厚な、厳選した比内地鶏の焼鳥です。

肉質がしっかりっているので、噛めば噛むほどにく汁が溢れ出し、地鶏の旨みが口に広がります。松本で特に人気なのが、胸皮で、歯ごたえがありジューシーな胸肉をパリパリに焼かれた香ばしい皮が包んだ絶品の串です。

松本はカウンターと狭い小上がりだけのこじんまりとしたお店なので、週末はとても混み合います。予約を入れた方が無難。

東京のこだわりの焼鳥屋 厳選6 まとめ

東京都内の焼鳥の老舗、名店を厳選して6点ご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。どの焼鳥屋も予約の難度の高い人気店ばかりですが、是非一度トライしてみてください。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび