東京の鴨料理がおいしい名店8選!鍋やフレンチ、専門店も!

関東

鶏料理はよく食べるけど鴨料理はあまり食べない、という方が多いのではないでしょうか?実際に、鴨自体が希少なため肉の流通量や専門の料理店も多くはありませんが、実は鴨料理こそが栄養価も高い「大人の鳥料理」です。

今回は東京で食べられる鴨料理がおいしい店を厳選してご紹介します。鴨料理といえば人気は「鴨鍋」ですが、その他フレンチや鴨のコース料理が食べられる専門店まで選んでいます。ぜひ参考にしていただき、おすすめの名店でおいしい鴨料理を味わってください。

スポンサーリンク

東京の鴨料理の名店1.呂尚

東京の鴨料理の名店で1軒目に紹介するのは、品川神社参道にある「呂尚(りょしょう)」です。最寄り駅は京浜急行の新馬場です。

一般に鴨料理といえば「鴨鍋を出す店」という場合が多く、鴨鍋をメインにコース料理を提供している場合が多いのですが、この店は鴨を中心とした居酒屋的なメニューを出してくれます。

名物は「鴨炒め(千寿葱)」1,000円(税抜)。鴨肉とその旨みを吸った千寿葱が最高のバランスの一品で、ランチタイムには「鴨ねぎ炒め」として、ご飯とコーヒー付きで税込の1,000円で食べられます。

鴨を使ったメニューは「鴨あぶり焼き」1,200円(税抜)、「鴨スモーク」、「鴨釜めし」1,000円(税抜)などがあります。コース料理は5,000円(税抜)で、鴨を使った料理に「鴨鍋」が付いて、お酒が飲み放題になります。

気軽にいろいろな鴨料理が食べたいなら、品川の「呂尚」がおすすめです。

スポンサーリンク