キャンピングカーで山口県の唐戸市場から角島を巡る旅!

中国

アウトドアに無縁だった筆者家族がトレーラーハウス宿泊をきっかけに、2012年にキャンピングカーを購入!それ以来、西日本各地を巡りながら週末キャンパーとしてB級な旅を楽しんでいます。基本的に1泊2日の小旅行。有名観光地とご当地ならではのニッチな場所を巡って楽しんでいます。

今回は我が家自慢のキャンピングカーでの山口県唐戸市場~角島をめぐる旅をご紹介します。

スポンサーリンク

我が家自慢のキャンピングカーはマンボウイブ!

キャンピングカーで小旅行するのが大好きな私たち家族。その魅力をたっぷりとご紹介します。

相棒はマンボウイブ。ベースの車はマツダのボンゴです。この形は通称「キャブコン」といってキャブコンバージョンの略です。運転席の上の飛び出した部分をバンクといってここで就寝する事ができます。その他、テーブル座席・キッチン・トイレ・冷蔵庫・テレビ・エアコン・発電機・ソーラーまで搭載していて、まるで動く家です。

そして何よりの魅力はこちらの車種、これだけの装備を備えながら、普通駐車場に駐車できるサイズ!これでグッと活動範囲が広がります。
この相棒とともに多くの小旅行に出かけていますが、今回はその中から山口県唐戸市場~角島を巡った旅のからおススメスポットをご紹介します。

山口県唐戸市場とカモンワーフで下関名物のフグ三昧

キャンピングカーでの旅の日程を決めたらどこに行こうか地図と相談。一から計画を立てるのも楽しい時間です。 今回のテーマは「魚を楽しむ」ということで、今回は瀬戸内海側の唐戸市場から日本海にある角島を目指して相棒のキャンピングカーで巡ることにしました。

まずは山口県唐戸市場へ。早朝からお刺身を楽しむため、前日夜に山口県の唐戸市場近くの壇ノ浦PAまで移動して仮眠を取る事にしました。こういう行動ができるのもキャンピングカーならではです。ちなみに壇ノ浦PAは宿泊施設があり、高速から下りずに宿泊できるので長旅にはとても便利ですよ。

朝早く起床し、準備を整えて唐戸市場へ。週末だったので唐戸市場の中に入るとすでに活気に溢れ、市場の人だけでなくお客さんの姿も多く見えます。魚を見て回りたい気持ちをぐっとこらえ、まずは唐戸市場2階にある市場食堂よしへ。山口県下関といえばフグ!奮発してフグ刺しを2人前と人気のよし定食を頼みました。フグはプリプリ、お刺身も美味しい。さすが海峡に近い魚たち。

市場食堂よしで食事をした後は唐戸市場を散策。店員さんのおまけなどに釣られながら何品か購入しました。もちろん魚なので要冷蔵ですが、キャンピングカーに冷蔵庫がついているので問題ありません。ご当地食材を買い歩きできる楽しさが増えます。

出典|http://www.karatoichiba.com/stores/261/

今日は行きたいところがたくさんあるので、唐戸市場を早々に後にして隣のカモンワーフへ。カモンワーフには多くの飲食店やお土産物屋があり、瀬戸内海を眺めながらゆったりとできる観光客向けの施設です。

ここでテイクアウト形式のフグ唐揚げのお店を発見。小さなフグを唐揚げにしたものを手で摘まんで食べます。下関産ではないとの事でしたがホクホクして美味しかったです。こんなメニューも山口県下関ならではですね。

いざ!角島大橋へ

下関を出発して同じく山口県の角島へ、国道191号線で50kmの道のりをキャンピングカーで進みます。海沿いを走る時間が長いので天気の良い日はとても気持ちよいルートです。途中で入ったコンビニでご当地メニューやご当地味のお菓子を探してみたり、キレイな場所を写真に収めたりしながら、キャンピングカーは角島を目指します。

海沿いの綺麗な景色を眺めてしばらく走ると、青い海にかかる角島大橋が現れます。

出典|https://shimonoseki.travel/spot/detail.php?uid=304

とにかく角島大橋は美しい!さすが角島大橋はCMやロケ地として使われるだけあります。角島大橋のたもとには駐車場があり、多くの観光客が写真撮影をしています。 角島大橋は通行料無料です。見て美しいだけでなく、走ってさらに美しい橋なので、見るだけではなくぜひ走ってみて下さい。

角島の大人気店おおはまでランチ 絶品海鮮丼

角島大橋を渡った私たちがランチに目指すのはお食事処おおはま。実はこの店に行くためだけに旅行をする程、気に入っているお店です。景色に目を奪われていると通りすぎてしまいそうな場所に建っているのでご注意を。とても素朴な造りの食堂で広い駐車場があります。

食事処おおはまは海鮮丼が絶品の大人気店です。もちろんランチ時間は行列必至のお店ですが、行列嫌いな私たちが並んででも食べるお店です。

なんといっても海鮮丼のボリュームが凄い。器からこぼれそうな程のお刺身の量。種類も豊富に入っています。分厚くカットされた新鮮なお刺身を口いっぱいに頬張ると、魚はプリプリ、貝はコリコリ、「これこれ、このために角島まで来たのよー。」と毎回感動します。さらに小さなサラダと味噌汁・漬物も付いていますよ。お食事処おおはまの海鮮丼は季節によってネタがガラっと変わるのも魅力です。

角島灯台の夕日

お食事処おおはまの絶品海鮮丼でお腹を満たしたら、夕陽を見るため再びキャンピングカーで角島灯台へ。おおはまから1kmくらいで着きます。 明治時代に御影石で作られた洋式灯台との事ですが、とてもモダンに感じる瀟洒な形です。 有料ですが灯台に登る事もできます。高所恐怖症の筆者は登ることができませんでしたが、登った家族の感想は「海がめちゃめちゃキレイ~。最高っ!」との事、頑張って登れば良かったかな?旅は勇気を出すことも必要ですね。

角島灯台は営業終了時間が早いので灯台の上から夕陽を見る事はできませんでしたが、灯台の後ろに落ちていく夕陽は壮大で美しく、写真を撮るのも忘れて見入ってしまいました。
この、角島大橋をドライブしてお食事処おおはまでランチに海鮮丼を食べて角島灯台で夕陽を眺める。というコースは皆さんに1度は体験してもらいたいおススメコースです。

他にも角島には、しおかぜの里角島という道の駅のような施設があったり、浜でキレイな貝探しをしたり、レンタサイクルがあったりと、楽しめる場所がいろいろあります。角島自体が小さな島なので、それぞれの移動距離が短く、1日でたくさん体験できるのもよい所です。

出典|https://shimonoseki.travel/spot/detail.php?uid=305

天然温泉が有る道の駅 蛍街道西ノ市

夕陽が落ちて薄暗くなった角島を後にし、遊び疲れた身体を癒すためキャンピングカーで温泉を目指します。 旅行ルートに無理が出ないように、次の目的地までのルートの中から立ち寄り湯を選びます。

今回は山陽道に戻るまでにあった道の駅蛍街道西ノ市へ。天然温泉がある道の駅なんて、さすがは温泉大国山口です。道の駅蛍街道西ノ市の温泉は純和風の造りで湯質はとろりとしていていました。美人の湯といわれるだけあってお肌がしっとりとして満足しました。

ここで立ち寄り湯の注意点を1つ。立ち寄り湯が宿泊施設も備えている場合は必ず先に電話連絡をして、行きたい時間が立ち寄り湯が可能か確認しましょう。宿泊者の利用時間外のみ入浴可であったり、混雑具合によっては入れない事もあります。1度現地に行ったもののお風呂に入れないという失敗をしてしまい、それからは毎回確認しています。

お風呂から上がったら混雑しやすい更衣室を早々に後にして、そのままキャンピングカーに乗って子供たちや自分の髪を乾かします。湯冷めもしませんし、更衣室の混雑を避けられるので快適です。

出典|http://www.toyota-hotaru.com/blog/2018/01/04/626

その後は山陽道に戻ってPAにキャンピングカーを停め宿泊。いつものように、運転の休息にPAに寄る周りの人の事を考えて、駐車する場所や声の音量などに配慮し、他人に迷惑をかけないというキャンパーの心得もしっかりと実践します。

キャンピングカーの車内では唐戸市場で買った魚と角島で買った魚を堪能しました。一度に瀬戸内海と日本海の食材が並ぶなんて贅沢な食卓です。ワイワイと今日の思い出を語りながら今回の旅も終了です。

山口県唐戸市場~角島のキャンピングカーの旅、いかがでしたか?
1つ1つの場所が旅行の目的にするには小さくても、それをキャンピングカーというツールを使って繋げていくと、オンリーワンで魅力的な旅が完成します。 旅行雑誌に取り上げられないようなニッチな場所を探してさらに深くキャンピングカーで日本を巡りたいと思います。
次はどこへ行こうかな。

スポンサーリンク
中国
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび