札幌でカニを食べるならこのお店!おすすめ厳選8

北海道

北海道で人気の海鮮と言えば、その代表はカニですね。北海道へ旅行に行ったら旅の思い出にカニ料理を食べたいって思っている人も多いはずですね。今回は、そんな北海道グルメの代表であるカニを食べるなら、絶対におすすめのお店を札幌から8店ご紹介します。

スポンサーリンク

開陽亭 すすきの店

「函館開陽亭 すすきの店」は、毛ガニやウニなど北海道の新鮮な海鮮が手ごろな価格で楽しめると人気のお店です。地下鉄「すすきの駅」から歩いて3分のススキノのど真ん中にあり、地元のお客さんや観光客で毎日賑わっています。

函館にある本店から直送される「函館開陽亭 すすきの店」の旬の海の幸を使ったメニューはどれも人気ですが、カニのメニューでおすすめは「浜ゆで毛がにの姿盛り」で、びっちり身やミソがつまった毛ガニを丸ごと1匹味わえます。

カニは好きがけどむくのが面倒くさいという人には、食べやすいように調理人さんが身をむいてくれた「毛がにむき身」がおすすめです。

また、活きた毛ガニはお刺身でも食べることができ、茹でたカニとは違った新鮮な美味しさを味わうことができます。

他にも、カニをたっぷり使った「北海道かにクリームコロッケ」や「毛がにむき身半身のサラダ」などカニを使ったメニューが人気です。

海鮮食堂 北のグルメ亭

「海鮮食堂 北のグルメ亭」は、札幌市中央卸売市場の場外市場にある「海鮮市場 北のグルメ」の店内にある客席数320席の広い食堂です。海鮮丼やうに丼、いくら丼など北海道内各地から直送された新鮮な魚介を使ったおすすめのどんぶりやお刺身などを気軽に楽しめると人気のお店です。また、「海鮮市場 北のグルメ」で購入した食材を、「海鮮食堂 北のグルメ亭」のお店の人に調理してもらって食べることもできます。

「海鮮食堂 北のグルメ亭」のおすすめのカニメニューは、毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニのフレークがたっぷりのった人気の「三大がに丼」です。また、タラバガニと毛ガニのフレークといくらの醤油漬けがのった「たらば・毛ガニ・いくら丼」も豪華な見た目で人気です。

他には「釜ゆで活毛ガニ」や備長炭で焼き上げた「焼本タラバ」も北海道でしか味わうことができない贅沢なメニューでおすすめです。

海鮮料理郷土料理 おが

「海鮮料理郷土料理おが」は、地下鉄「すすきの駅」から歩いて3分の場所にあるビルの8階で営業する海鮮料理が自慢の料理店です。店内はカウンター席の他、テーブル席や堀ごたつの個室、最大60名までの宴会が可能なお部屋まで、一人でも大人数でも利用できるおすすめのお店です。

「海鮮料理郷土料理おが」の店内に入ると水槽が設置されていて、そこで泳ぐイカやカニやエビなど活きた素材を目の前で料理してくれます。「海鮮料理郷土料理おが」で人気のカニ料理は水槽にいる活毛ガニを注文を受けてから釜茹でする「活毛蟹釜ゆで」です。その季節季節の旬の産地から仕入れた毛蟹を使用しています。

また、「海鮮料理郷土料理おが」の名物料理である「黄金三大しゃぶしゃぶ」は、活毛蟹、活伊勢えび、1本釣りのキンキをしゃぶしゃぶで食べるスペシャル豪華なおすすめ料理です。鍋の〆は、その贅沢な出汁を使い雑炊、稲庭うどん、おもちなどで楽しむことができます。

丸海屋 パセオ店

「丸海屋パセオ店」は、JR札幌駅直結のパセオの中にある北海道の海の幸をメインとした居酒屋です。広い店内では最大100名までの宴会での利用も出来ますが、2人掛けのテーブル席や、カップルシートなど少人数にも対応しています。

「丸海屋パセオ店」はランチ営業もしていて、うに丼やイクラ丼、お刺身定食など北海道の海鮮を使ったおすすめメニューがランチで味わえます。11時から15時は”ハッピーアワー”で、ドリンクが全品半額となり、リーズナブルに昼呑みが楽しめます。

北海道の海の幸が自慢の「丸海屋パセオ店」で特に人気なのがカニ料理です。「ズワイガニの刺身」や「ズワイガニの握り寿司」「浜茹で毛蟹の姿造り」、豪快な「タラバ蟹の炙り」など、カニそのものの味を楽しむ食べ方の他に、創業以来人気の自家製のホワイトソースにたっぷりカニが入った「蟹クリームコロッケ」も是非食べて頂きたいおすすめメニューです。

磯金 漁業部 枝幸港

「磯金 漁業部 枝幸港」は、地下鉄すすきの駅から徒歩で約3分、お店の若大将の出身である北海道枝幸を始め、道内各地から直送される選りすぐりの新鮮な海の幸が人気の海鮮居酒屋です。店内は活気がありながらも落ち着いた雰囲気で、カウンター席や仕切りのある個室など、様々なシーンで利用できます。特に人気の席は、ビルの10階からの夜景やススキノのネオンが見える窓側の席です。

北海道の海の幸山の幸を使った四季折々のこだわり料理が人気の「磯金 漁業部 枝幸港」ですが、なかでもおすすめなのがカニ料理です。新鮮なズワイガニのむき身にかに味噌をたっぷりのせた「朝むきカニ身カニ味噌のせ」は、おかわりする人がいるほどの大人気メニューです。

その他にも、「茹で毛ガニ」や「焼きタラバガニ足1本分」、「茹で毛ガニ半身&タラバガニの盛り合わせ」など様々なカニ料理がメニューに並んでいます。中でも特にオススメしたいのが、絶対に本場北海道でないと食べることができない新鮮な毛ガニを洗いにして頂く「活毛ガニの刺身」です。

札幌 かに本家 札幌駅前本店

北海道でカニ料理のお店と言って絶対に外すことができないのが、創業1971年の老舗「札幌かに本家 札幌駅前本店」です。「札幌かに本家 札幌駅前本店」は、JR札幌駅のすぐ目の前、歩いて2分の場所に建つ7階建てのビルの総席数460席という超大型のカニ料理専門店。和風の落ち着いた雰囲気の中で、獲れたてのカニを使ったオリジナルのカニ料理を楽しめます。

「札幌かに本家 札幌駅前本店」の看板メニューは、秘伝の出汁でカニと野菜を味わう「ズワイかにすき」と「本タラバかにすき」、本タラバとズワイガニを盛り合わせた「味くらべかにすき」です。また、新鮮なズワイガニをしゃぶしゃぶで頂く「ズワイかに かにしゃぶ」も人気のメニューで、〆にはカニの旨味がたっぷり出た出汁を使った雑炊やきしめんがおすすめです。

「札幌かに本家 札幌駅前本店」では、カニを使った豪華な会席料理のコースがあり、「昼のかに会席」では、かに豆腐やズワイかに酢、かにグラタンなど全7品の会席料理が3500円とお手頃の価格で味わえます。

氷雪の門

札幌を代表する老舗のカニ料理店といえば「氷雪の門」です。お店は、地下鉄豊水すすきの駅から徒歩1分の場所にあり、店内は掘りごたつやお座敷などのタイプが選べる個室が10室以上あり、2名から最大100名まで色々なシーンで利用することができます。

かに料理の店「氷雪の門」では、蟹コース料理から蟹単品料理まで豊富なメニューの中からカニ料理が楽しめます。コース料理でおすすめは、カニをメインに北海道の海の幸を贅沢に味わえる「北海道堪能コース」です。先付けから氷で作った器に盛られたタラバガニやボタンエビ、うになどのお造り、タラバガニの炭焼き、ズワイガニのしゃぶしゃぶ、エゾあわびのステーキなど北海道の旬の海の幸がフルコースでたっぷり味わえます。

蟹単品料理でおすすめは、ズワイガニのすり身、ズワイガニのほぐし身、タラバガニのほぐし身だけでつくった「かに屋の贅沢 蟹しゅうまい」や、カニ味噌をアクセントに味付けした「かに屋の贅沢 蟹甲羅揚げ」です。

活カニの花咲

「活カニの花咲」は、地下鉄南北線豊水すすきの駅から歩いてすぐの場所にあるタラバガニのフルコースが食べられる人気のカニ専門店です。店内は、和を感じる落ち着いた雰囲気で、22名まで入れる大広間から、個別に化粧室まである堀ごたつやテーブル席のVIPルームなど、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

「活カニの花咲」は、カニが好きで好きでたまらないという店主が目の前で活きたタラバガニを豪快に捌くライブパフォーマンスが話題のお店です。コース料理は1人前が23,800円からですが、目も舌も大満足できる活タラバガニのフルコースが味わえます。

最も豪華な「VIPコース」は、タラバガニの刺身。ちょい茹でのレア、もうちょっと茹でのミディアム、焼きガニ、爪ボイル、タラバガニで一番おいしい場所と言われるフンドシ、2番目に美味しい場所の抱き身とタラバガニのすべて部位を一番美味しい食べ方で味わえて、さらにアワビやウニやイクラも楽しめる超贅沢なおすすめコースです。

やっぱり北海道に来たらカニを食べなきゃ!

いかがでしたか?今回は札幌でカニ料理が美味しいと評判のおすすめのお店を厳選して8店ご紹介しました。今や全国どこにいても通信販売で北海道のカニを取り寄せて食べることができますが、浜茹での毛蟹やズワイガニやタラバガニのお刺身などは本場北海道でないと絶対に味わえません。是非、北海道に来たら美味しいカニを味わってくださいね。

スポンサーリンク
北海道
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび