大人のソウル! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

日本からのアクセスが良く、また一時期の韓流ブームで人気の観光地となった韓国の「ソウル」。ソウルは、昌徳宮や景福宮など歴史に触れられるスポットをはじめ、グルメやショッピングでも魅力がいっぱいです。

今回は、そんなソウルで人気の観光名所やおすすめの穴場などの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ソウル 人気観光スポット1. 宗廟

「宗廟」は、李氏朝鮮時代の歴代の王と王妃を祀った霊廟で、優れた建築様式と歴史性の高さから、慶州の石窟庵・仏国寺、海印寺蔵経板殿とともに1995年にユネスコの世界文化遺産となりました。

「正殿」には19人の王と49位、別廟の「永寧殿」には「正殿」に祀られなかった王と王妃、その他の王族の16室34位が安置されています。

位牌を収める小部屋が東西に並ぶ「正殿」は、国王らが亡くなり位牌が増えるたびに増築されて101mもの長大な建築になっています。中国にもこれほど大きな宗廟はなく、単一の木造建造物では世界最長の建物です。

「宗廟」では、1395年に建てられて以降、毎年5月に王室の祭礼儀式「宗廟大祭」が行われています。この儒教の教えにのっとり500年以上も続けられてきた伝統儀式は、世界無形遺産にも選定されています。

ソウル 人気観光スポット2.広蔵市場

ソウル市内中心部にある「広蔵市場」は、1905年にオープンし100年以上の歴史を誇る巨大マーケットです。市場の中では食料品から日用品、衣類に至るまで、ありとあらゆる商品が並べられています。

「広蔵市場」の「うまいもの通り」には、屋台のB級グルメが揃い、昼と夜には多くの人で賑わいます。「うまいもの通り」の人気グルメは、ピンデトッ(緑豆チヂミ)やキムパッ(韓国風海苔巻き)、ビビンパ、ユッケなどです。

「広蔵市場」は、もちろんショッピングも魅力のひとつで、市場の2階には洋服から靴、小物まで100軒近くの古着店が集まっています。また、古着以外にもチマチョゴリから精肉や鮮魚まで何でも揃っています。

ソウル 人気観光スポット3.北村韓屋村

「北村韓屋村」は、朝時代の正宮である、景福宮や昌徳宮、そして宗廟に囲まれた一画で、朝鮮時代から残る韓国の伝統家屋である「韓屋」が密集するエリアです。

ここは、清渓川と鍾路の北に位置する町という意味で「北村」と呼ばれる地域で、かつて朝鮮時代には、王族や両班と呼ばれた貴族の人たちが住んでいました。その頃の街並みが今も残るエリアとしてソウルの人気観光スポットとなっています。

2008年には、ソウル市が「北村韓屋村」の魅力が最も感じられる場所8か所を「北村八景」として選定しました。全て巡ると2時間半ほどかかりますが、カフェに立ち寄って休憩するなどゆっくりと散策を楽しむのがおすすめです。

ソウル 人気観光スポット4. 景福宮

ソウル市の中心部にある「景福宮」は、朝鮮王朝時代の正宮として、1395年に建てられた王の政務や生活の場となった特別な場所です。

ソウル市内にある5大王宮の中でも最も規模が大きく、クンジョンジョン(勤政殿)やキョンフェル(慶会桜)など優れた建築美を誇る韓国を代表する古宮のひとつとして、「イ・サン」や「トンイ」など、韓国歴史ドラマの舞台としてもよく登場しています。

「景福宮」の「興礼門」の前では、午前10時から午後4時まで定刻に守門将交代儀式が再現され人気となっています。また敷地内には国立古宮博物館と国立民俗博物館もあり、一緒に見学することができます。

ソウル 人気観光スポット5.昌徳宮

「昌徳宮」は、1405年に朝鮮王朝3代王である太宗によって建てられ、15代王の光海君以降約270年にわたり正宮として使われた宮廷です。自然と建築とが調和した配置などから、ソウル市にある古宮の内で唯一世ユネスコ世界文化遺産にも登録されています。

「昌徳宮」は、他の王宮同様に何度も火災に見舞われ焼失しては再建されていますが、それでも五大王宮の中では比較的保存状態が良く、鮮やかな色彩の木造建築は当時の雰囲気を漂わせています。

王の儀礼があった時に出入りしていた「敦化門」は、ソウルの宮殿に現存する正門では最古のものです。

また、「昌徳宮」は日本でも人気になったドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」や「屋根部屋の皇太子」などのロケ地にもなっていて、見覚えのある人も多いかもしれません。

ソウル 人気観光スポット6.南大門市場

ショッピングエリアや繁華街として有名な明洞のすぐ近くにある「南大門市場」は、600年の歴史を誇るソウルで最も古い市場で、東の東大門と並ぶソウルの2大ショッピングエリアです。

「南大門」は、正式名称を「崇礼門」といい1399年に造られたソウルを囲む城壁の大門のひとつで、李氏朝鮮時代の木造建築物として韓国では国宝第1号に認定された韓国のシンボルともいえる建造物です。

その「南大門」に隣接したショッピングエリアが「南大門市場」で、食料品からファッションや雑貨まであらゆる商品が並んでいます。

また「南大門市場」には、うまいもん横丁、太刀魚横丁、カルグッス横丁と3つのグルメ横丁があり、韓国伝統のグルメやB級グルメも味わえます。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび