ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン8選!本場のベトナム料理を堪能!

海外

ベトナムは、日本人の旅行先としても人気の国。旅行の楽しみといえば、何といっても現地の料理ですね。ベトナム料理は、アジア圏のエスニック料理を基本に隣接する中国や、かつて植民地統治を受けていたフランスなどの料理の影響もある豊かな食文化です。

ここでは、ベトナムの主要都市、ホーチミンのおすすめレストランをご紹介します。おすすめする理由や一押しのメニューなどもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。本場のベトナム料理を楽しめる店がそろっています。

スポンサーリンク

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン1.PHO24 (フォー24)

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン、最初にご紹介する店は「PHO24(フォー24)」です。PHO24は、ホーチミン市内だけでも30店舗ほどを展開するフォーをメインとしたベトナム料理店で、その名の通り24時間営業を行っています。

PHO24を最初におすすめするのは、市内に多く店舗があり、店内がきれい、料理が安くておいしいという3つの理由からです。特に現地のフォー専門店は、清潔度合いから日本人が入るのをためらうような店もあるのですが、その点では安心感があります。

おすすめメニューは、「フォーボー」。牛骨出汁ベースのスープに、スライス上の牛肉が乗ったフォーです。サイズは4サイズから選べますが、レギュラーサイズでも300円以下で食べることができます。鶏が好みの方には「フォーガー」もあります。

ここでは、付近に有名ホテルも多く、滞在に便利なホーチミンのシャンゼリゼともいわれる「PHO24ドンコイ通り店」のデータを載せておきます。

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン2.Mandarine(マンダリン)

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン、続いては「Mandarine(マンダリン)」です。ホーチミンでは最も知名度の高いレストランの一軒です。

特に小泉元首相がホーチミンを訪れた際に、Mandarine食事をしたことでも有名になりました。日本人街としても知られる「レタントン通り」から路地を入ったところで、アクセスもしやすい場所にあります。

Mandarineでは料理は注文しやすい「コース」がおすすめ。3,000円台から用意されています。シーフード系が得意ですが、人気の「生春巻き」や「揚げ春巻き」も食べられます。

ホーチミンでちょっと贅沢を味わいたいなら、ここMandarineがおすすめです。

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン3.Temple Club(テンプルクラブ)

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン続いては、「Temple Club(テンプルクラブ)」のご紹介です。この店も知名度の高いレストランの一軒で、その理由はハリウッドの大スター、ブラッドピットが訪れたことが大きな話題になったからです。

Temple Clubは、ドンコイ通りからサイゴンセンターショッピングモール方向に向かう一角にあります。店内は中華料理店の雰囲気をも思わせる重厚な造りです。

Temple Clubの名物メニューは「ビールとココナッツの蒸らすえび」(1,000円前後)。殻を剥いて、レモンを絞った塩につけて食べるシンプルな料理ですが、とても見栄えのよい一品です。

オーソドックスなベトナム料理に少し中華のアレンジも加えた料理も多く、組み合わせを楽しめるメニュー構成になっています。

ホーチミンで「話題性の高い店」を選ぶなら、ここTemple Clubが本命でしょう。

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン4.Hoa Tuc(ホアトゥック)

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン、続いてのおすすめは「Hoa Tuc(ホアトゥック)」です。日本人街といわれるレタントン通りからハイバーチュン通りに入った場所にあるレストランです。

Hoa Tucは、フランス植民地時代にアヘン工場であったという建物を改築して、インテリアにもこだわったオシャレな造りになっています。

おすすめ料理は、「バインセオ」。ベトナム風お好み焼きなどともいわれる定番の家庭料理ですが、Hoa Tucのバインセオは食べやすい小さめのサイズなのが特徴です。

Hoa Tucでは、ランチタイムも1,000円程度で利用できるので、昼食に迷ったら覗いてみてください。

ベトナム ホーチミンのおすすめレストラン5.Houng Lai(フーンライ)

続いてのベトナム ホーチミンのおすすめレストランは、「Houng Lai(フーンライ)」です。ホーチンミンの中心部ですが、裁判所や博物館に近い閑静な場所にあります。

Houng Laiは広々とした店の造りで、ゆっくりと食事が楽しめます。そしてオーナーが日本人ということもあり、日本語のメニューも用意されているなど、使い勝手が良い点が高評価です。

Houng Laiでは、普段ベトナムで食べられている家庭料理を中心に提供しています。アラカルトは400円くらいから70種類以上、自家製の春巻き(生・揚げ)や空心菜のガーリック炒め、紫山芋のスープなどが人気です。

ランチで1,000円前後、ディナーでも2,000円前後でいただけます。ホーチミンで日本人に優しいレストランを探すなら、Houng Laiは間違いなく、おすすめの一軒といえるでしょう