函館名物スープカレー!おすすめの6店はここ!

北海道

函館は北海道でも人気の観光地。函館グルメでは鮮度抜群の海鮮料理が有名ですが、北海道名物のひとつである「スープカレー」も外せません。

ここでは函館で人気のスープカレー店を、それぞれのおすすめメニューともにご紹介します。

スポンサーリンク

函館のおすすめスープカレー1. 吉田商店

函館でスープカレーといえば、まず名前があがるのが「吉田商店」。

函館市電の函館駅前から3つめの千歳町を降りてすぐの場所にあります。JR函館駅からは少し離れていますが、歩いても15分くらいで行けます。

店内は「昭和の小学校」の雰囲気。テーブルは小学校の机、椅子もまさにそのものです。昭和レトロ調のポスターや広告看板なども懐かしさを感じさせます。

吉田商店のこだわりは「唐辛子」。いくつかの唐辛子を自ら砕いてそれをブレンド、オリジナルの味を作り出しています。

人気のおすすめメニューは「やわらかチキンレッグカレー」(930円税込)。

チキンレッグが一本ドンと入っています。じっくり煮込まれているので、肉は柔らかく骨からハラリとはがれます。

野菜も北海道の新鮮なものを使っているので、ニンジン、ナス、ダイコン、ピーマン、レンコンにキヌサヤなど、どれも素揚げで十分な旨みを出しています。

辛さは0から10までの11段階。2段階目から有料になります(プラス30円)。最辛の10はプラス270円になります。

トッピングは60円(のり、とろろ昆布など)から。20種類以上あるので、自分好みのスープカレーを作ることができます。

函館でスープカレーを食べるなら、まずは吉田商店を候補に入れることをおすすめします。

函館のおすすめスープカレー2. ラマイ 函館五稜郭店

「ラマイ」は札幌発の人気スープカレー店。今や横浜に大阪と全国展開をすすめていますが、函館にも3店舗を出店しています。

その中でも利用しやすいのが「ラマイ 函館五稜郭店」です。函館市電の五稜郭公園駅から徒歩6~7分、五稜郭タワーからも近い場所にあります。

ラマイの店作りに共通した特徴が、座席に仕切りがあることです。仕切りによって圧迫感が生じないようにテーブルも広めのものになっています。これによって個室感覚で食事を楽しむことができます。

ラマイ 函館五稜郭店も店内の雰囲気は「バリ島」のイメージ。インドネシアのバリ島で買い付けた絵画や調度品が飾られ、少し暗めの照明もその雰囲気を引き立てます。

定番のおすすめメニューは「チキン」(1100円税込)。

ラマイのスープカレーはチキンベースです。それだけに「チキン」が相性抜群なのは言うまでもありません。じっくり煮込んだチキンは旨みたっぷりです。

そしてラマイの名物といえば、「キンタマーニ」。

1Kgを超える大ボリュームの「ナシクーニン」(ウコンとココナッツで炊いたインドネシアのライス)、見るだけでも価値ありのおすすめメニューです。

函館のおすすめスープカレー3. Rojiura Curry SAMURAI.函館店

「Rojiura Curry SAMURAI.(ロジウラカリーサムライ)」は札幌の平岸に本店を構え、北海道内8店舗、関東地区にも8店舗(ラーメン店等含む)を展開する人気のスープカレー店です。

その中で道南地区を代表する「Rojiura Curry SAMURAI.函館店」は、函館市電の競馬場前駅から歩いて15分くらいの場所にあります。

Rojiura Curry SAMURAI.のこだわりは「素材」。

特に野菜は北海道の士別や名寄の契約農家から直送された良質、新鮮なもの。

さらに調理法にもこだわり、素材ごとにその味わいを最大限に引き出しています。

「米」も店主の実家から届くという保証付きのものを、スープカレーとの相性を考え、白米と玄米を適度なバランスでブレンドしています。

注文のシステムは、まず「スープ」。野菜ベースの「レギュラー」ほか、4種類のスープから選びます。

次に「辛さ」。0から10の11段階から選びます。

そして「ライスの量」を「「SS」「S」「M」「L」「LL」の5段階から選びます。「NO(なし)」の可能です。

おすすめは「チキンと一日分の野菜20品目」(1480円税込)。具とスープを合わせるとなんと450gもの野菜が取れます。

Rojiura Curry SAMURAI.函館店は、野菜不足を気にされる方には一番のおすすめ店です。

スポンサーリンク