熊本県・阿蘇観光 キャンピングカーで巡る旅!

九州

アウトドアに無縁だった筆者家族がトレーラーハウス宿泊をきっかけに、2012年にキャンピングカーを購入!

それ以来、西日本各地を巡りながら週末キャンパーとしてB級な旅を楽しんでいます。基本的に1泊2日の小旅行。有名観光地とご当地ならではのニッチな場所を巡って楽しんでいます。

今回は観光名所目白押しの、熊本・阿蘇の旅をご紹介します。

スポンサーリンク

キャンピングカーで阿蘇を巡る家族旅行

キャンピングカーで家族旅行をするのが大好きな私たち家族。その魅力をたっぷりとご紹介します。

我が家のキャンピングカーにはテーブル座席・キッチン・トイレ・冷蔵庫・テレビ・エアコン・発電機・ソーラーまで搭載していて、まるで動く家です。

そして何よりの魅力はこちらの車種、これだけの装備を備えながら、普通駐車場に駐車できるサイズ!これでグッと活動範囲が広がります。

この相棒とともに家族で多くの小旅行に出かけています。今回はその中から熊本・阿蘇を巡った旅の様子とおすすめの観光スポットをご紹介します。

草千里から大観峰へ阿蘇パノラマラインドライブ

今回は有名な観光地である阿蘇ファームランドをメインイベントに旅の計画を立てました。

1日目は山陽道と九州道を使ってひたすら南阿蘇を目指します。楽しみは途中のSA。寄りたいSAを事前にチョイスします。私のこだわりは通過する県のSAに1つは立ち寄る事。特色ある景色やお土産を見て回ると頭のなかで地図が完成していき、旅行気分が盛り上がってきます。

各SAの特産品やお土産を少しずつ買って集め、夕食に食べるのが旅行の楽しみです。

初日は大自然を満喫するべく・草千里と大観峰が目的地。

熊本ICで降りたら阿蘇山に向かって1時間ほど走ると草千里に着きます。草千里といえば緑のじゅうたんを敷き詰めたような雄大な景色で有名な観光地。想像を膨らませて到着してみると、一面の雪景色が広がっていました。地元の方に聞くと数日前まで雪が降っていたそうです。

そりを持った親子連れが楽しそうに滑っていて、「こんな楽しみ方もあるんだなぁ。リサーチ不足だった」と残念に思いましたが、なんと草千里の売店にソリの貸し出しがありました。

急いで車に戻って、思いっきり遊べる恰好に着替えました。着替えが楽なのもキャンピングカーならではです。

雄大な景色の中で自然のコースに任せたそり遊びは大人でも楽しめます。そりを置く場所によって速さも行きつく先も違います。時間も忘れて夢中になりました。

大自然の山の中の観光地ですが、駐車場も広く、大きな売店にはお土産物や景色を眺めながら食べられるレストランもあって快適に観光できる場所でした。

草千里でたっぷり遊んだ後は、阿蘇パノラマラインをドライブしながら大観峰へ移動。

いろいろな道を走っていますが、その中でも阿蘇のドライブコースはキレイさも雄大さも指折りのルートです。走っていてとても気持ちがいいので、阿蘇を訪れると遠回りになっても必ず走ります。 40分程走ると大観峰駐車場へ着きました。ここも広い駐車場が整備されていて快適な観光地です。

整備された遊歩道を開けた場所まで歩くと、そこには阿蘇五岳やくじゅう連山も見渡せる大パノラマが広がっています。

ただただ圧巻!涅槃像(ねはんぞう)といって阿蘇五岳の根子岳・高岳・中岳がまるでお釈迦さまが寝ているような姿に見えます。それはそれは大きなお釈迦さまで、あまりの壮大さにしばし言葉を失います。

雲海が出た日は雲海の中にお釈迦様が寝ているように見えるそうですよ。

この大パノラマに落ちていく夕陽はとても大きく雄大で、誰しもが無言で見つめていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク