世界遺産 知床羅臼のおすすめスポット!ネイチャークルーズや名物グルメ満載!

北海道

世界自然遺産に登録されている「知床」は、1964年に国立公園に指定され、約4万haの面積のうち6割が特別保護区で立ち入ることが出来ません。

それゆえ知床には手つかずの自然が残され、ヒグマなど希少な動植物が生息する生態系が守られています。今回は、そんな知床の羅臼でおすすめのツアー、クルーズやホテルをご紹介します。

スポンサーリンク

知床岬ヒグマボートクルーズ


世界自然遺産に登録される知床羅臼。その知床半島の先端部には陸路では行くことができません。

道の駅「知床らうす」から車で30分の相泊漁港から瀬渡し船(小型ボート)乗って、知床岬までクルーズできる「知床岬ヒグマボートクルーズ」は、海からでないと絶対に見ることができない知床羅臼の魅力を楽しむことができるネイチャークルーズのアクティビティーです。

「知床岬ヒグマボートクルーズ」で使う小型ボートは船底が浅いため、海岸線の近くまで寄ることができるので、海岸線の断崖絶壁が間近に迫ってきて迫力満点です。

すぐ近くには北方領土の国後島も見ることができます。

知床岬ヒグマボートクルーズの船上からは、知床羅臼の自然や動植物に詳しいガイドさんの説明を聞きながら、珍しい動物やオジロワシやケイマフリなどの野鳥を観察することができます。

秋には川を遡上するサケやマス、そしてそれを狙うヒグマの姿に出会えるかもしれません。

流氷ボートクルーズ


北海道の冬の風物詩。

1月下旬から3月にだけオホーツク海に姿を表す流氷。知床羅臼の海を埋め尽くす真っ白な流氷を舟から楽しむことができるのが知床「流氷ボートクルーズ」です。

流氷は豊富な栄養分を運んで来て、小魚たちのエサとなるプランクトンを育てます。その小魚たちをエサにする大型の魚や更にはクジラ、イルカ、トドなどの海獣類や海鳥など、様々な海に暮らす生き物が住む知床羅臼の豊かな海を「流氷」が作り出しています。

知床「流氷ボートクルーズ」では、小型のクルーズボートで流氷が浮かぶ海を進み、すぐ真下に流氷を見ることが出来ます。

知床羅臼の流氷の海では、絶滅危惧種と言われ大変貴重なオオワシやオジロワシの羽を広げると2mを超える迫力の姿や、流氷の上で休憩するゴマフアザラシなどの姿を見ることができるかもしれません。

羅臼名物、海鮮ランチ付き!ウニ割り体験


北海道と言えばやっぱり新鮮な魚介類!知床の羅臼では1月中旬から6月までウニ漁が行われます。

ウニの種類には、バフンウニとムラサキウニがありますが、羅臼で水揚げされるウニはムラサキウニより美味しくて高級なエゾバフンウニです。

羅臼のエゾバフンウニは、高級昆布である羅臼昆布を食べて育っているので、特別に美味しいと言われており羅臼の名物になっています。

羅臼の「海鮮ランチ付き!ウニ割り体験」は、生け簀の中からエゾバフンウニを自分で選んで、自分で殻を割るウニ割りを体験できるアクティビティ。

その割ったウニは、ホタテやその時に旬の魚介と一緒に海鮮丼にして味わうことができます。

ウニ割り体験の場所は、羅臼丸魚濱田商店で、生うにはもちろん、いくらの醤油漬けやきんきの一夜干しなど羅臼名物のお土産のお買い物を楽しめます。

クジラ・イルカバードウオッチングクルーズ


手つかずの自然が残された知床羅臼の海には、豊富な魚を追って季節ごとに様々な野生動物が訪れます。

知床羅臼の海では、冬にはオオワシやオジロワシ、トドやゴマフアザラシ、夏にはクジラやイルカ、シャチなどの希少な野生動物の姿をクルーズ船に乗って観察することができます。

「クジラ・イルカバードウオッチングクルーズ」では、潮を噴き上げ、尾びれを跳ね上げる大迫力のマッコウクジラや、華麗な泳ぎのイルカ、海の王者といわれるシャチを船上から観察する知床羅臼名物のクルーズ・ツアーです。

知床羅臼の透き通るような青い海に、雄大な知床連山と対岸の北方領土国後島を背景に、ミズナギドリなど海鳥の大群と一緒に、マッコウクジラやシャチ、イルカの姿を追いかけるクルーズ・ツアーは、自然豊かな北海道でもここでしか体験できないアクティビティ・ツアーです。

羅臼湖トレッキング


豊かな自然が残る知床羅臼には美しい湖がいくつも存在しますが、「羅臼湖」は知床半島最大の湖で、まさに秘境と呼ぶにふさわしい場所にあります。

知床半島の中央部を縦断する知床連山の南、知西別岳(ちにしべつだけ)の麓に位置し、周囲を原生林や生い茂るハイマツに囲まれ、1985年に行政機関が正式な調査をするまで、ごく一部の人にしか知られていない幻の湖でした。

「羅臼湖」周辺の標高は600m~700mですが、本州中部の山の2000mから3000mに相当する環境で、ハイマツ帯やダケカンバの林が広がり、チングルマやエゾコザクラなどの様々な高山植物が見られます。

「羅臼湖」までは、知床峠横断道路沿いの登山口から片道約3㎞、一時間半程のトレッキングになります。

このトレッキングコースは例年6月から10月頃まで期間限定で開放され、7月上旬頃までは雪渓が残る場所もあり、足元に咲く可憐な高山植物の姿と雄大な知西別岳の姿を眺めながらトレッキングするとキタキツネなどの野生動物にも出会えるかもしれません。

陶灯りの宿 らうす第一ホテル


知床羅臼でおすすめの宿「陶灯りの宿 らうす第一ホテル」は、中標津空港から車で約1時間半、知床の原生林が茂る自然豊かな羅臼町湯ノ沢町にあります。

「陶灯りの宿 らうす第一ホテル」のロビーには手作りされた可愛い陶器のふくろうの灯り取りが並べられ、温かい雰囲気で出迎えてくれます。

「陶灯りの宿 らうす第一ホテル」の施設は決して新しくはありませんが、どこか懐かしさと温もりを感じる雰囲気で、客室にも歓迎のメッセージが書かれた陶器の壁掛けが飾られています。

「陶灯りの宿 らうす第一ホテル」の温泉は、羅臼の有名観光スポット「熊の湯」と同じ泉質の羅臼温泉で、源泉は80度以上の高温の含硫黄ナトリウム塩化物泉で神経痛や筋肉痛、慢性皮膚病などに効果があると言われています。

男性、女性とも露天風呂があり、知床羅臼の澄み切った空気を楽しながら温泉に浸かることができます。

羅臼の宿まるみ


JR釧路駅から阿寒バス羅臼行きに乗り約3時間30分のアクセス。

羅臼町八木浜町にある「羅臼の宿まるみ」は、テラスや露天風呂から国後島や根室海峡を望むロケーションが人気の宿です。

「羅臼の宿まるみ」の夕食では、羅臼名物の活カニをお刺身で、また茹でカニやお刺身の盛り合わせ、自家製イクラやキンキやホッケ、エゾバフンウニなど羅臼で水揚げされた魚介類が豪華に並びます。

「羅臼の宿まるみ」の温泉は自家源泉100パーセントの半露天風呂と、幻のキノコと言われるカバノアナタケから抽出したチャーガ湯の内湯が楽しめます。

大浴場の壁には知床羅臼の動物や植物、素晴らしい景色の写真が飾られています。

「羅臼の宿まるみ」では、観光船「アルラン」を運営していて、観光船の船上からのホエールウオッチングや知床流氷クルーズなども体験することができます。

知床食堂


「知床食堂」は、道の駅「知床らうす」に隣接した「深層館」の中にある海鮮料理のお店です。「知床食堂」では、店主が現役の漁師なので獲れたての新鮮な羅臼の海の幸が食べられます。

「知床食堂」では、ウニ丼やイクラ丼など定番の海鮮丼や、キンキやホッケの焼き魚定食も人気ですが、是非おすすめしたいのが知床羅臼産の黒ハモを使った「黒ハモ丼」です。鰻より身がしまっていて、脂がのっているのにあっさりしている黒ハモの蒲焼がのった丼です。

また、「知床食堂」では7月には地元でも幻と言われるブドウエビに出会えるかもしれません。羅臼ではブドウエビをエビ籠という漁法で採取していますが、その漁を行っているのは羅臼でも2軒の漁師のみで、1日に10数キロしか水揚げされない貴重なエビです。

「知床食堂」では、その幻のブドウエビがメニューに並ぶことがありますので、行った際にあれば是非食べてみてください。

北海道目梨郡羅臼町本町361-1

知床食堂

知床、羅臼でネイチャー・クルーズ観光とグルメを満喫!

世界自然遺産に登録される知床は、自然がそのまま残され、希少な動植物がたくさん生息する場所です。

今回は、そんな知床の羅臼でヒグマやオオワシ、オジロワシ、マッコウクジラやシャチなどの姿を観察できるクルーズ・ツアーや、羅臼のおすすめの宿、おすすめのグルメなど8つをご紹介しました。

知床羅臼には、他にもまだまだたくさん楽しいアクティビティや美味しいグルメがあります。是非、知床羅臼に行って体験してみてください。

スポンサーリンク
北海道
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび