大人のタイ パタヤ! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

「パタヤ」は、タイの首都バンコクから約150km、車で約2時間半ほど離れたビーチリゾートです。高層ビルが立ち並ぶ都会のバンコクとは違い、美しいビーチや森などの自然が楽しめるエリアで、バンコクとセットで訪れる人が多い人気の観光エリアです。

今回は、そんなタイのパタヤから、おすすめの観光スポットや穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

タイ パタヤ 人気観光スポット1.ラーマヤナ ウォーター パーク

タイ パタヤのおすすめ観光スポット、最初のご紹介は「ラーマーヤナ ウォーター パーク」です。

2016年にオープンした「ラーマーヤナ ウォーター パーク」は、敷地の広さ169,600㎡のスケールを誇る東南アジア最大のウォーターパークです。場所は、パタヤ中心部からは20kmほど南のナージョムティエン地区です。

園内には、ボートに乗って240mを駆け抜ける「デュエリング・アクア・コースター」など21種類のウォーターライドをはじめ、2つの波の出るプール、流れるプール、キッズ専用プールなど全部で50種類以上のアトラクションが用意されています。

また、タイ料理と各国料理を楽しめるレストランやウォーターフロントのバー、売店、マッサージなどの設備も充実しています。

タイ パタヤ 人気観光スポット2.サンクチュアリー オブ トゥルース

「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は、パタヤの人気観光スポットである巨大木造建築で、「アジアのサグラダファミリア」や「トゲトゲ寺院」とも呼ばれています。

1981年から建て始められて35年以上が経った現在も、未だに完成せず建築が進められています。木造建築の高さと幅は約100m、総面積は約2,115㎡あり、古典芸術や彫刻、技術保護を目的としています。

「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は、「トゲトゲ寺院」とも呼ばれていますが、寺院としての宗教的な目的は無く、資産家のレック・ヴィリヤファン氏が私費を投じて建築を開始したモニュメントです。

建築工事中のためヘルメットを被ることが必要ですが、間近で製作風景を見学することができます。また、施設内ではタイの伝統の舞踊ショーや象に乗ってトレッキングなども楽しめます。

タイ パタヤ 人気観光スポット3.アート イン パラダイス パタヤ

「アート・イン・パラダイス・パタヤ」は、熱帯魚が泳ぐ深海の洞窟でダイビングをしたり、絵筆を持ってモナリザを描いたりと、まるで実際に行っているように見える3Dアートが100点 以上も展示されているギャラリーです。

「アート・イン・パラダイス・パタヤ」は、北パタヤ近くのセカンド ロード沿いにあり、パタヤバスターミナルからモータサイやソンテウタクシーなどでおよそ10分以内とアクセスの良い場所にあります。

ギャラリーは、10のゾーンに分かれていて色々な種類の作品が楽しめます。カモフラージュルームには錯覚を引き起こし、見る人を混乱させるマジカルアイを使った絵が展示されていて、動物や恐竜、森を描いた本物そっくりの作品を楽しめます。

ここでは、作品を見るだけでなく、作品の前に立って絵画の中にまるで実際に居るように写真を撮るのが人気です。

ゾウにエサを与えたり、深い渓谷をのぞきんでいるようなリアルな写真が撮れ、たくさんの写真がインスタグラムに投稿されています。

タイ パタヤ 人気観光スポット4.ノンヌット・トロピカル・ボタニカル・ガーデン

「ノンヌット・トロピカル・ボタニカル・ガーデン」は、パタヤの南、車で20分ほどのところにある美しい景色の公園です。完成したのは1980年で、24㎢の広い敷地の中に、ラン園やサボテン園、動物園、鳥園、美術館などが点在しています。

「ノンヌット・トロピカル・ボタニカル・ガーデン」は、テーマごとに分けられた40ものエリアがあります。その中の1つ「フレンチガーデン」は、フランスのヴェルサイユ宮殿の芝庭を再現したエリアで、なぜか東南アジア周辺のパゴダのような建物が並んでいます。

また、「恐竜の谷」には、実物大とも思えるようなティラノサウルスやトリケラトプス、プテラノドンなどの巨大な恐竜のオブジェが並んでいます。

「ノンヌット・トロピカル・ボタニカル・ガーデン」では、1日6回、タイの古典舞踊や象のショーも行われ、自然だけでなくタイの文化も満喫することができます。

タイ パタヤ 人気観光スポット5.タイガー パーク

「タイガーパーク」は、2017年に新しくオープンしたトラと触れ合うことができる施設です。場所は、パタヤビーチの南、車で約25分のスクンビット通り沿いにあります。

「タイガーパーク」では、鎖や薬で虎を制御しないで、できる限り自然環境に近い環境でトラを育てています。

「タイガーパーク」では、生後2か月の赤ちゃんから36か月の大きなトラまで、トラの年齢によってゲージが分けられていて、観光客は好みの年齢のトラのゲージに入って、10分〜15分間トレーナーと一緒にトラと触れ合うことができます。

館内には、ガラス張りのレストランやカフェアマゾンもあり、トラを見ながらランチやコーヒーを楽しめます。

タイ パタヤ 人気観光スポット6.ジョムティエン ビーチ ナイト マーケット

「ジョムティエン ビーチ ナイト マーケット」は、ジョムティエンビーチロードのソイ9付近で開催されている飲食物から衣類までいろいろな屋台がでているパタヤで最大のナイトマーケットです。

「ジョムティエン ビーチ ナイト マーケット」は、週末の金曜日、土曜日、日曜日の夕方から9時過ぎまで開催されています。ビーチ沿いなので涼しい潮風を楽しみながらショッピングやグルメを楽しめます。

「ジョムティエン ビーチ ナイト マーケット」で、人気のお店は屋台街の東側いちばんスクンビット通り寄りの入り口角にある、イスラムの揚げ鶏屋店です。他にも蜂蜜で甘みをつけたタイ式の豚のスペアリブもおすすめです。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび