東京 接待で使えるおすすめの高級料亭!大切な日に是非使いたいお店8選

関東

東京 接待で使える高級料亭5. よし梅 芳町亭

地下鉄人形町駅から徒歩3分、細い路地にまるで隠れ家のように佇む「よし梅 芳町亭」。

「よし梅 芳町亭」の趣のある建物は、昭和の名女優といわれた花柳小菊が一時期住んでいたという美しい数奇寄屋造り建物で有形登録文化財に指定されています。

屋久杉の木目を活かした天井や細かくデザインされた格子、床の間の床柱など、昭和初期の懐かしい日本の雰囲気が漂います。

「よし梅 芳町亭」の店内は、2名から利用できる個室が用意され、掘りごたつやテーブルの席もあり、特に海外のお客様の接待の際には喜ばれています。また、5名から利用できる中庭が見える個室もあります。

「よし梅 芳町亭」でおすすめのコースは、鍋は江戸名物のねぎま鍋や鴨鍋、牡蠣鍋から1種類を選べ、食前酒、先付、季節の八寸、刺身、焼き物、煮物、鍋、ぞうすい、香物、デザートと全10品の「祥雲(しょううん)豪華な季節料理と鍋を」です。

東京 接待で使える高級料亭6. 花蝶

地下鉄東銀座駅から徒歩3分、築地市場駅から徒歩4分の「花蝶」は、 昭和2(1927)年創業の料亭を蘇らせた料亭スタイルのレストランです。

戦後「花蝶」は東京を代表する有名料亭として名をはせ、政治家や一流企業の接待、歌舞伎役者、映画俳優などに利用されていました。

海外からの大切なお客様をおもてなしする迎賓館的な役割もはたしていてチャップリンやウォルトディズニーが、「花蝶」の座敷で芸妓と小唄に興じている写真が残っています。

「花蝶」は、平成16(2004)年にリニューアルされ、伝統ある料亭の佇まいはそのままに、モダンな現代アートを融合させて新しいスタイルの“料亭レストラン”へと変わりました。

「花蝶」には2名から最大60名まで利用できる個室が用意されていて、坪庭付き個室の「あやめ」は、政財界の奥座敷と呼ばれた料亭「花蝶」の面影を残す「花蝶」最高ランクの部屋で 大切な接待などには利用したい個室です。

「花蝶」で、最も豪華なコースは「玉極~tamakiwami~」で、食前酒、先付、八寸、椀物、造り、揚げ物、焼物、食事、甘味、手土産の全8品、食前酒にシャンパン、焼物には神戸牛のステーキが味わえます。

東京 接待で使える高級料亭7. くずし割烹 天ぷら竹の庵 東銀座店

東京メトロ日比谷線の 東銀座駅5番出口から徒歩2分の場所にある 「くずし割烹 天ぷら竹の庵 東銀座店」は、旬の食材を使った天ぷらや和食会席が楽しめるお店です。

店内には完全個室のお部屋が6室あり2名から22名まで利用することができます。中でも特に接待に向いた廊下の一番奥の完全個室は、隣接する個室がないので静かな雰囲気で会話と食事を楽しむことができます。

「くずし割烹 天ぷら竹の庵 東銀座店」には豊富なコース料理が揃っていますが、接待の際におすすめするのは「織部コース」で、先付、八寸、御椀、御造り、一の皿、二の皿、天ぷら、食事、止、甘味の全12品をゆっくりと2時間半の時間をかけれ味わうコースです。

「くずし割烹 天ぷら竹の庵 東銀座店」は、日本酒が常時30銘柄以上と豊富に揃えられていています。

日本酒は竹の筒で提供され、吟醸香を引き出すのガブリエルグラスか熱伝導率が極めて高い錫の猪口酒楽で味わえます。

東京 接待で使える高級料亭8. 近江 源助

JR中央線の「立川駅」、多摩都市モノレール「立川北駅」のいずれからも 徒歩1分の「近江 源助」は、創業40年以上の老舗でブランド和牛として有名な「近江牛」をしゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキと好きな食べ方で楽しめるお店です。

肉はもちろん他の食材や、醤油・味醂・酢などの調味料までこだわり全国から特に良いものを厳選して取り寄せています。

「近江 源助」には、2部屋の完全個室が用意されていて接待の人数に合わせて選べます。どちらも掘りごたつで、ゆったりと座ることができ1部屋は2名~4名、もう1部屋が5名~10名と商談や接待、会合など幅広い用途で利用できます。

「近江 源助」でおすすめのコースは、「会席しゃぶしゃぶorすきやき特選コース」でしゃぶしゃぶ(近江牛ロース)またはすきやき(近江牛ロース)、前菜、刺身盛り合わせ、焼き物、酢の物、季節野菜、しゃぶしゃぶにはきしめん、すき焼きにはご飯または伊勢うどんまたは卵とじご飯、デザートと全7品のコースで近江牛を味わえます。

伝統と文化、そして美味しい料理が楽しめる料亭の世界

いかがでしたか?今回は、今回は東京で接待に使える高級料亭を8店厳選してご紹介しました。

最近では海外からのお客様を接待する機会が増え、料亭は日本の伝統や文化を感じることができる場所として人気です。

会合や特別の記念日の会食などでも利用できるお店もあるので、是非「料亭」文化を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク