東京のステーキ コスパランキングbest8! あの有名店もランクイン!

関東

今やステーキは安いだけでなく、メニューにも工夫を凝らして気軽にステーキを楽しめるようになりました。

今回は、東京のコスパの高いステーキ店を厳選して紹介します。単に安いだけではなく、肉の品質、美味しさも考慮したbest8をセレクトしています。もちろん、あの有名店もランクインしていますよ!

スポンサーリンク

東京のステーキ コスパランキング第8位 ミスターデンジャー 立花本店

東京のステーキ コスパランキング、まず第8位は「ミスターデンジャー 立花本店」です。

「ミスターデンジャー 立花本店」は、元プロレスラー「ミスターデンジャー」こと松永光弘氏が経営する人気のステーキハウス。

墨田区立花、東部亀戸線の東あずま駅から徒歩3分くらいの場所にあります。

繁華街でもないこの場所で連日店が賑わうその理由は、何といってもその肉の品質とボリューム、コスパの良さにあります。

「1ポンドセット」2,500円(税込)は、1ポンド(450g)のデンジャーステーキにスープ、ライスがセットになったおすすめのメニューです。焼き方は「ベリィレア」から「ベリィウェルダン」まで7段階から選べます。

標準ではややレア気味に焼かれるのは、肉質が良いからでしょう。肉は150gから1Kgまで、ほぼ50g刻みで用意されます。もちろん希望があれば1Kg以上のカットも可能です。

「ミスターデンジャー 立花本店」はことさらに格安を売りにはしませんが、そのボリュームと肉質の良さは東京でも指折りのコスパの高いステーキ店だといえます。

なお、営業時間は17:00~23:30なのでランチはありません。

東京のステーキ コスパランキング第7位 ステーキハウス 听 銀座店

東京のステーキ コスパランキング第7位は「ステーキハウス 听(ポンド) 銀座店」です。

「ステーキハウス 听(ポンド) 銀座店」は、京都に本店を構える人気ステーキハウスの東京進出店で、銀座駅から徒歩2分というアクセスに便利な場所にあります。

「ステーキハウス 听」は、鹿児島県の平松牧場で育てられた和牛を熟成のマイスターの「ドライエイジング技法」によって旨みを極限まで高め、さらに職人の腕によりをかけた絶妙の焼き加減で仕上げてくれるステーキハウスです。

その高品質な熟成肉をお得に食べるならランチタイムがおすすめです。「黒毛和牛のお重ランチ」980円(税込)は、銀座店のみで10食の限定メニュー。その肉の品質からは断然の高コスパメニューです。

その他、「熟成黒毛和牛切り落とし定食」も980円(税込)とかなりお得な値段設定なので、限定メニューが売り切れの時にもおすすめです。

少し贅沢をしたいなら、「本日の熟成黒毛和牛ステーキ炭火焼セット」は1/2ポンド(225g)でライス・味噌汁・お新香・サラダが付いて2,980円(税込)です。これも肉のクオリティからは、かなりお得なメニューです。

銀座でコスパの高いステーキランチを楽しむなら、「ステーキハウス 听 銀座店」も候補に入れることをおすすめします。

東京のステーキ コスパランキング第6位 HERO’S ステーキハウス 秋葉原店

東京のステーキ コスパランキング第6位は「HERO’S ステーキハウス 秋葉原店」です。

「HERO’S ステーキハウス 秋葉原店」は、人気格安ステーキハウスの秋葉原店。秋葉原駅、御茶ノ水駅からそれぞれ徒歩7~8分の場所にあります。

名物は「1ポンドステーキ」。1ポンド= 約450gのド迫力ステーキです。オーダーごとに、火力の強い鉄板のグリドルで焼き上げます。肉汁がたっぷり、ジューシーなステーキが特徴です。

「サイコロステーキ」の1ポンドは1,830円(税抜)、「チャックステーキ(肩ロース)」の1ポンドは1,730円(税抜)になります。

ランチタイムは「サーロインステーキ」が150gで920円(税抜、ライス・スープ付き)とお得になります。その他、ハンバーグとの「コンボランチ」も各種揃っています。

ボリュームと肉質のコスパを重視するならば、ここ「HERO’S ステーキハウス 秋葉原店」は東京でもおすすめの一軒になるでしょう。

東京のステーキ コスパランキング第5位 いきなりステーキ 銀座4丁目店

東京のステーキ コスパランキング第5位はいきなりステーキ 銀座4丁目店です。

今や「格安ステーキ」の代名詞ともいえるのが「いきなりステーキ」。2018年内には東京をはじめ47都道府県全てに出店し、その店舗数は300件を超えています。

その1号店(2013年12月開店)が、「いきなりステーキ 銀座4丁目店」です。現店舗はリニューアルして場所も少し変わっていますが、東銀座駅から徒歩2分ほどでほぼ同じアクセスになります。

「いきなりステーキ 銀座4丁目店」の店内は、ほとんどの席が椅子席になりました(旧店舗は立ち食い)。格安ステーキをゆっくりと楽しむことができます。

ランチタイムには「ワイルドステーキ」(ライス・サラダ・スープ付き)が人気。200gで1,130円(税抜)、300gでも1,390円(税抜)というコスパの良さです。

ディナータイムには「リブロースステーキ」が6.9円/gで300gからのオーダーカット、「USヒレステーキ」は12円/gで200gからのカットになります。

さらに「USアンガス牛のサーロインステーキ」は8.2円/gで200gからのオーダーカット、最高級の「黒毛和牛 真芯サーロインステーキ」は28円/gで100gからのカットが可能です。

ランチタイムにはコスパの高いステーキを、ディナータイムにはちょっと贅沢も楽しめるのが、「いきなりステーキ」のよいところです。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび