北海道の名瀑(滝) 一度は見たい絶景10選!マイナスイオンで心も癒されます!

北海道

一度は見たい北海道の名瀑(滝)6. 大滝ナイアガラ滝

洞爺湖と支笏湖のちょうど中間地点、伊達市大滝区にある、大滝ナイアガラ滝をご紹介します。

大滝ナイアガラ滝は、高さが5mほど、しかし幅が100mはある滝。まさにナイアガラの滝そのもの。自然が生み出した天然の絶景スポットです。

大滝ナイアガラ滝は秋の紅葉も素晴らしく、名瀑の魅力をより一層引き立ててくれます。フォトジェニックなスポットとしても人気がある滝です。

大滝ナイアガラ滝へのアクセスは、JR白老駅から車で40分ほど。駐車場もありますが、そこからさらに10分歩いた先に滝はあります。

また、洞爺湖温泉から大滝ナイアガラ滝までは車で30分ほどの距離。洞爺湖温泉に宿泊する際はぜひこの大滝ナイアガラ滝も合わせてお楽しみください。

一度は見たい北海道の名瀑(滝)7. 鱒見の滝

鱒見の滝は、札幌市南区、滝野すずらん丘陵公園の東側に位置する滝です。

鱒見の滝は、高さが18m、幅が20mある水量豊富な迫力満点の滝。アシリベツの滝も近いのでぜひ合わせてお楽しみください。

鱒見の滝は、水しぶきを浴びられる気持ちの良い場所です。整備された遊歩道を15分ほど歩くのもとても快適。ハイキング気分で楽しめる滝です。

鱒見の滝へのアクセスは、地下鉄南北線の真駒内駅から車で約20分。また、札幌駅からは45分ほどの距離になります。鱒見の滝のそばにある滝野すずらん丘陵公園は、キャンプ場やレストランもあり、緑いっぱいでおすすめのスポットです。

一度は見たい北海道の名瀑(滝)8. 三段滝

つづいてご紹介する北海道でおすすめの滝は、北海道芦別市にある三段滝です。

三段滝公園内にある三段滝は、芦別川の上流に位置する滝で、北海道を代表する名瀑のひとつ。ぜひ多くの方に見ていただきたい滝です。

三段滝という名前が示す通り、三段になった岩盤を大量の水が流れ水しぶきをあげる滝。水量は時期により変化します。水量豊富な時期は迫力満点。また、水量が少なければ岩肌が見え、静かな美しい三段滝が見られます。

雪が溶け始める時期は特に水量が多くなり、迫力ある名瀑の姿を見ることができます。

また、三段滝は秋の紅葉とも素晴らしく調和します。マイナスイオンたっぷり、心を癒される絶景です。

三段滝へのアクセスは、JR根室本線の厚別駅から来るまで30分ほど。夕張国道沿いにある三段滝公園の駐車場に車を停めて、あとは徒歩で行けます。

一度は見たい北海道の名瀑(滝)9. 白銀の滝

石狩市浜益区にある白銀の滝は、国道が走る海沿いにある穴場的スポット。白銀の滝は滝そのものとしてみても美しい滝で、北海道の名瀑のひとつとして知られています。

高さ30mの白銀の滝は、雪解けの時期には水量も多くなり、とても見ごたえのある滝です。滝のすぐ正面が広大な海という、珍しいタイプの滝。ドライブの途中に気軽に寄れる気軽さも魅力です。

白銀の滝へのアクセスは、JR札幌駅から車で1時間50分ほど。JR留萌駅からは車で50分の距離になります。国道のオロロンライン沿いに駐車場があり、国道からすぐ滝が見られます。

一度は見たい北海道の名瀑(滝)10. 賀老の滝

一度は見たい北海道の名爆、最後にご紹介するのは賀老の滝です。

島牧郡島牧村にある賀老の滝は、高さ70m、幅が30mある滝。ものすごい水量の滝で豪快に水しぶきをあげている姿が印象的。

滝らしい豪快さが魅力の賀老の滝。遠くの展望台から眺めても、近づいてみても魅力たっぷりの滝です。

賀老の滝へのアクセスは、JR函館本線の黒松内駅から車で90分ほど。函館、札幌などからも非常に遠く、アクセスしやすいとはいえない場所。まさに穴場の名瀑です。

また、賀老の滝の周辺にはドラゴンウォーターと呼ばれる炭酸水の湧き水スポットがあります。炭酸水が湧き出す不思議な場所。ヒグマには要注意です!

北海道の名瀑(滝)でマイナスイオンを浴びまくる!

北海道で一度は見たい、おすすめの名瀑(滝)を厳選してご紹介しました。

北海道の豊かな自然の産物である滝は、場所によって地形はもちろん、水量もまるで違います。季節が変わればまた印象が変わって見えます。何度もリピートしたくなるような、お気に入りの名瀑を見つけましょう!