札幌 冬のおすすめ観光スポット!冬だから楽しめる場所 best8

北海道

冬の長い北海道。半年近く雪に埋もれる札幌ですが、冬だからこそ楽しめ人気の体験や観光スポットがたくさんあります。雪で真っ白に染まった札幌市街の景色や、白い雪によってさらに引き立つ幻想的なイルミネーションなど…。今回は、札幌の冬におすすめの観光スポットを8つご紹介します。

スポンサーリンク

冬の札幌観光スポット1. 藻岩山

札幌市街を一望でき日本新三大夜景に選ばれる「藻岩山」は、春から秋にかけての観光シーズンには、海外からの観光客も多く訪れる人気のスポットですが、冬には冬にしか体験できない楽しみがあります。

まず、札幌の「藻岩山」山頂からの景色を楽しむには「もいわ山ロープウェイ」に乗ります。もいわ山ロープウェイまでは市電停留所「西4丁目」または「すすきの」から乗車して20分、停留所「ロープウェイ入口」で降車します。そこからは無料のシャトルバスが運行しておりもいわ山山麓駅まで5分で到着します。

ロープウェイとケーブルカーを乗り継いで「藻岩山」山頂まで上がり、その山頂から見る雪で飾られた冬の札幌市の景色は、春から秋にかけて雪のない季節の景色とはまた違った趣があり感動的です。

また、冬限定の観光アトラクションとしておすすめなのが「もーりす号ホワイトクルージング」です。雪上車の「もーりす号」にノルウェー製の木でできたソリをつなげて、雪深い山道を進みます。「もーりす号」とソリどちらかに乗車することを選べますが、どちらもなかかな出来ない体験ですよ。

北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7

[link class=”link” href=”http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/”]札幌もいわ山ロープウェイ[/link]

冬の札幌観光スポット2. 大倉山展望台

1972年に開催された札幌冬季オリンピックで、90m級シャンプ(現在のラージヒル)の会場となったのが、札幌の大倉山ジャンプ競技場で、札幌の冬の人気観光スポットになっています。札幌駅からは地下鉄に乗り「円山公園駅」下車、そこからJR北海道バスに乗りかえ大倉山競技場で下車と約30分で行くことができます。

「大倉山展望台」へは、二人乗りのリフトに乗って約5分間。リフトにのって上がるにつれてジャンプの選手の緊張感がわかるような気がしてきますよ。選手のスタート地点のすぐ真上にある「大倉山展望台」の展示ラウンジからは、大通公園を始め札幌ドームなど札幌の街並みを一望することができ、ここのソフトクリームが観光客の人気です。

「大倉山展望台」には、オリンピックとパラリンピックの歴史を学べる「札幌オリンピックミュージアム」があります。館内1階の体験コーナーには、スキーシャンプ選手の視点を体験できるシュミレーターがあり、大型のスクーリーンに映し出される映像の前でラージヒルジャンプの疑似体験ができます。他にもクロスカントリースキーやボブスレー、アイスホッケー、スピードスケートの体験ができ、冬のオリンピックについて楽しく学べる観光スポットです。

北海道札幌市中央区宮の森127

[link class=”link” href=”http://okura.sapporo-dc.co.jp/”]札幌もいわ山ロープウェイ[/link]

冬の札幌観光スポット3. さっぽろホワイトイルミネーション

「さっぽろホワイトイルミネーション」は、日本で最初のイルミネーションとして1981年に始まりました。札幌市の大通公園や駅前通、南1条通の大小様々なシンボルオブジェが幻想的なイルミネーションで飾られ、札幌市民や観光客の目を楽しませている観光イベントです。

2017年は11月24日から2018年3月14日まで開催された「さっぽろホワイトイルミネーション」。大通1丁目会場は会場のテーマを「LOVE」として赤く輝くハートがモチーフのラブツリーが会場中央に設置されました、大通2丁目会場は、「ミュンヘン・クリスマス市inSapporo」の会場となっています。その他、大通3丁目から大通8丁目までの会場や、札幌駅南口駅前広場会場、北3条広場(アカプラ)会場、駅前通会場、南1条通会場と広い範囲がイルミネーションで飾られています。

クリスマスの時期には24時まで点灯時間が延長され、ロマンチックな雰囲気から観光客だけでなく地元札幌市民にも人気のデートスポットになっています。

北海道札幌市中央区大通

[link class=”link” href=”http://www.sapporo.travel/event/autumn/sapporo_white_illumination/”]ようこそさっぽろ[/link]

冬の札幌観光スポット4. ミュンヘン・クリスマス市inSapporo

ビールの街として知られるドイツのミュンヘン市と札幌市は経度や人口が似ているなど共通点が多く、また1972年の冬季と夏季のオリンピック開催地に選ばれるなど関係が深く、1972年には姉妹都市として提携調印式が行われました。2002年の姉妹都市提携30周年を機に、姉妹都市であるミュンヘンを広く札幌市民に知ってもらおうと開催されたのが「ミュンヘン・クリスマス市inSapporo」のイベントです。

「ミュンヘン・クリスマス市inSapporo」は、例年11月下旬から12月下旬までの1ヶ月間、大通公園2丁目を会場に開催されます。会場には、クリスマス感あふれる雑貨や工芸品などを販売するショップが並び、フードブースにはミュンヘン名物の白いソーセージ”ヴァイスブルスト”や”ジャーマンステーキ”などの本格的なドイツ料理やホットワインやクラフトビールが楽しめる観光スポットとなっています。

また「ミュンヘン・クリスマス市inSapporo」の期間中、屋外の特設ステージではゴスペルなどクリスマスの雰囲気いっぱいのコンサートやダンスなど色々なイベントが開催され会場を賑わせています。また、2丁目会場内にあるヴァイナハツパビリオンではクリスマスの飾り作りやグリューワイン作り体験などのワークショップを体験することができます。

北海道札幌市中央区大通2丁目

[link class=”link” href=”http://www.sapporo-christmas.com/”]ミュンヘン・クリスマス市inSapporo[/link]

冬の札幌観光スポット5. さっぽろ雪まつり

札幌の冬の観光と言えば絶対に外せないのは「さっぽろ雪まつり」です。その歴史は古く1950年に札幌観光協会と札幌市の主催で開催されたのが始まりで、2019年には70回目の開催となります。カナダのケベック・ウインター・カーニバル、中国のハルピン氷祭りと合わせて「世界三大雪まつり」と言われ、北海道内だけでなく日本全国や海外から200万人もの観光客が訪れる人気の冬のイベントです。

「さっぽろ雪まつり」の会場は、「大通会場」、「つどーむ会場」、「すすきの会場」と3つの会場で開催されます。「大通会場」は大通公園の1丁目から12丁目までに札幌市民と陸上自衛隊が制作した大小の雪像が並び観光客の目を楽しませます。第2会場としてすっかり定着した「つどーむ会場」は、雪で出来たすべり台やスノーラフトなど雪と触れ合いながら楽しく遊ぶことができます。「すすきの会場」は、「氷を楽しむ」をテーマに幻想的な氷で出来た像が立ち並び、アイスバーでは温かい飲み物が提供されます。

北海道札幌市中央区大通

[link class=”link” href=”http://www.snowfes.com/”]さっぽろ雪まつり[/link]

冬の札幌観光スポット6. 白い恋人パーク

札幌の「白い恋人パーク」は、お土産で人気NO1、北海道を代表する銘菓「白い恋人」を作っている工場を見学できるお菓子のテーマパークで、観光スポットとしても人気です。

公式のホームページには「冬のデートにオススメ!白い恋人パークの楽しみ方」が紹介されています。オススメのコースには、約10mのメインツリーと約11万球のLEDで飾られた無料エリアの中庭のイルミネーションの見学や写真撮影、スイーツドリームイルミネーションの入口手前に置かれたロンドンバスでの温かい飲み物やフードの販売や、ガリバータウンの中に設置された氷を使わないスケートリンクでは光と映像が動く幻想的な体験を出来たりと、冬限定の体験メニューが揃っています。

また、「白い恋人パーク」では年間を通して「私の白い恋人焼き上げコース」や「お絵描きコース」、「型抜きクッキー」などお菓子作り体験をすることができます。

北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

[link class=”link” href=”http://www.shiroikoibitopark.jp/”]白い恋人パーク[/link]

冬の札幌観光スポット7. さっぽろテレビ搭

「さっぽろテレビ搭」は、大通西1丁目の大通公園の中にある札幌の代表的なランドマークと言える電波塔で、観光スポットとしても人気です。地上90.38mの展望台からは、眼下に大通公園の遠くには日本海や石狩平野を背景に札幌市を360℃一望することができます。

特に、大通公園を会場に冬に開催される「さっぽろ雪まつり」や「ホワイトイルミネーション」は、「さっぽろテレビ搭」の展望台から見る景色が最高と多くの観光客が記念撮影に訪れます。閉館後の30分間は展望台を貸切にすることができる特別プランがあり、道外からの観光客だけでなく、地元のカップルにも人気となっています。

1Fのエントランスコートにあるショップでは、さっぽろテレビ搭の人気のゆるキャラ「テレビ父さん」のグッスが販売されていて、他ではないお土産を買うことができます。

北海道札幌市中央区大通西一丁目

[link class=”link” href=”http://www.tv-tower.co.jp/”]さっぽろテレビ搭[/link]

冬の札幌観光スポット8. 札幌市中央卸売市場 場外市場

北海道の冬と言えば魚介が美味しい季節。「札幌市中央卸売市場 場外市場」には、約60店舗が軒を並べ、中央卸売市場から仕入れた新鮮な北海道の海の幸をリーズナブルな価格で提供しており、観光客にも人気です。

「札幌市中央卸売市場 場外市場」には、鮭やカニ、ウニなど海産物を扱うお店や、農産物や精肉、お菓子やお酒などを扱うお店が並び、観光客だけでなく地元札幌市民も多く買い物で利用しています。

また、「札幌市中央卸売市場 場外市場」には北海道の新鮮な海の幸を丼や定食、お寿司で食べさせてくれる人気の飲食店もたくさんあり、毎日観光客で賑わっています。朝は7時から営業しているお店も多く、ホテルの朝食を取らずに、ここでの朝食を楽しみにして来る人も多くいます。

北海道札幌市中央区北11条西21丁目2-3

[link class=”link” href=”http://www.jyogaiichiba.com/”]札幌市中央卸売市場 場外市場[/link]

寒さを忘れて楽しめる冬だからこその北海道

春から秋にかけて豊かな自然を満喫できる北海道の観光ですが、真っ白な雪に覆われる冬には冬の北海道の楽しみがあります。

今回は、札幌市での冬だから楽しめる観光スポットをご紹介しましたが、札幌以外の地域でもたくさんの冬の魅力があります。是非、冬の北海道を楽しんで見てくださいね。

スポンサーリンク
北海道
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび