北海道 利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ 厳選10!

北海道

日本の最北端北緯45度にある利尻島と礼文島。日本百名山にも選ばれている利尻富士とも呼ばれる利尻岳がある利尻島と、緯度が高い場所にあるため海抜0mから高山植物が咲き、「花の浮島」とも呼ばれる礼文島は、いずれもここでしか見られない豊かな自然が残された離島です。今回は、そんな利尻島と礼文島のおすすめの観光スポットやグルメを10厳選しご紹介します。

スポンサーリンク

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ1. ハートランドフェリー 稚内フェリーターミナル


利尻島へのアスセスは、札幌丘珠空港から飛行機でという方法もありますが、礼文島とともに稚内からフェリーで渡るのが最もポピュラーな方法です。フェリーは稚内フェリーターミナルから「ハートランドフェリー」が、利尻島と礼文島それぞれ1日に2~4往復しています。「ハートランドフェリー」の乗り場である稚内フェリーターミナルまではJR稚内駅から車で2分程です。

「ハートランドフェリー」の乗船の予約は乗船日の2ヶ月前から、電話またはインターネットで出来ます。「ハートランドフェリー」の料金は、一人2等船室で片道2,140円から1等ラウンジ4,200円まで選ぶことができ、さらに6名までのグループで特別室も別料金で利用することができます。

「ハートランドフェリー」での所要時間は、稚内港から利尻島の鴛泊港まで約1時間40分の船旅で、天気が良ければ青い日本海に浮かぶ利尻富士の姿がどんどん近づく様子がフェリーのデッキから眺めることができます。また、夏の観光シーズンには夕方のフェリー便もあるので夕陽に赤く染まる礼文島の姿を見ることもできます。

北海道稚内市開運2丁目7-1

ハートランドフェリー

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ2. 利尻島 鴛泊港 海の家おしどまり


稚内港からフェリーにのり1時間40分、到着するのが利尻島の海の玄関口である鴛泊フェリーターミナルです。鴛泊フェリーターミナルは「海の家おしどまり」になっており、フェリーの到着、出航時間には観光客や地元の乗船客でにぎわっています。「海の家おしどまり」の建物内は無料のWifiやコンセントが備えられ、目の前にはお土産屋さんや食堂、レンタカーなどが軒を連ねています。

「海の家おしどまり」の建物1階の正面入り口横には利尻島の特産品やお土産を販売している売店があり、2階には「食堂 丸善」と「TSUKI CAFE」があります。

「食堂丸善」は、全国ご当地どんぶり選手権で2年連続グランプリを獲得して、史上初の殿丼(殿堂)入りを果たした”うにめし丼”が人気のお店です。また、「食堂丸善」では磯の香り豊かな岩のりがたっぷりのった”天然岩のりラーメン”もおすすめです。「TSUKI CAFE」のガラスに面したカウンター席から観る景色もおすすめ。「TSUKI CAFE」のカウンター席からは、ゆったりとコーヒーを飲みながら出航するフェリーの姿を眺めることができます。

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊港町

利尻島 鴛泊港 海の家おしどまり

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ3. さとう食堂


「海の家おしどまり」の道路を挟んですぐ前にある「さとう食堂」。ミシュランガイド北海道2017特別版に調査員のおすすめとして掲載されているお店です。「さとう食堂」のメニューは、ラーメンやうに丼や海鮮丼などの丼物、定食、お刺身、焼き魚や煮魚など豊富に揃っていますが、やはり中でも人気なのは”うに丼”です。「さとう食堂」では、時期が良ければエゾバフンウニとキタムラサキウニの2種類のウニのどちらか、または食べ比べが出来ます。

また、「さとう食堂」では利尻昆布を使った「とろろこんぶラーメン」も人気です。スープに利尻昆布の出汁が溶け込んで、一口麺をすすると口の中いっぱいに磯の香りと利尻昆布の旨味が広がります。

6月から9月の観光シーズンには、「さとう食堂」は朝の8時から営業しているので朝からラーメンを楽しむことも出来たりします。

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町

[食べログ]さとう食堂

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ4. 利尻自然ガイドサービス


利尻島のシンボル、標高1,721mの利尻岳。その美しい姿から利尻富士とも呼ばれています。利尻島でのアクティビティで人気なのが、その利尻岳への登山やトレッキングです。「利尻自然ガイドサービス」は、そんな利尻岳への日帰り登山や山中泊登山をガイドしてくれるプロの自然ガイドです。

「利尻自然ガイドサービス」の他のガイドメニューには、利尻島の1DAYトレッキングや花ガイドツアー、ポン山や姫沼へのトレッキング、またシーカヤックによるツアーやフィッシングなどがあります。また「利尻自然ガイドサービス」では、冬にはスノーシュートレッキングも行っています。

利尻郡利尻富士町鴛泊字本町11番地 まるぜん観光株式会社

まるぜん観光株式会社

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ5. 仙法志御崎公園


利尻島の南端、鴛泊港からはちょうど島の反対側にある「仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)」は、利尻富士の絶景と、むかし利尻岳が噴火した際に海に流れ出した溶岩でできた独特な利尻島の海岸線を見ることができる利尻島を代表する観光スポットです。

仙法志御崎公園から海に向かって道路を下りていくと、2軒のお店があり利尻昆布などの利尻島の特産品を販売しています。またウニ漁の時期だと、獲れたてのウニを目の前で割ってくれて、その場で食べることもできます。

仙法志御崎公園では、ウニや昆布を間近で見ることが出来る自然磯観察場があり、そこにはアザラシが見られるアザラシプールもあります。お店で売っているアザラシの餌を与えると、さらに近くでアザラシのかわいい姿を見ることができます。

北海道利尻郡利尻町仙法志字御崎

仙法志御崎公園

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ6. ミルピス


「ミルピス」は、利尻町の沓形港の北に位置する新湊地区にあるミルピス商店が製造する利尻島でしか飲めない手作りの乳酸飲料、利尻グルメです。ミルピスは、1967年から販売され50年以上の歴史がある利尻島の名物グルメドリンクなのです。

現在、ミルピス商店ではおばあちゃんが一人でミルピスの製造と販売を行っており、店内にはお店に来た有名人の写真やサインがたくさん飾られています。ミルピス商店では、乳酸飲料ミルピスの他に、果汁ジュースも製造しており、ご主人が利尻島内で採集してくる「野グミ」や「山ぶどう」「ハマナス」「コクワ」など他では無いような種類のジュースがたくさんあります。

利尻島内では、ミルピス商店以外に観光スポットであるオタトマリ沼と鴛泊の漁協組合、そして利尻島内のホテルでもミルピスを販売しています。

北海道利尻郡利尻町沓形字新湊150

[4travel]ミルピス

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ7. 香深フェリーターミナル


礼文島へは、利尻島と同じく稚内フェリーターミナルからハートランドフェリーに乗って、礼文島の香深フェリーターミナルまで1時間55分で到着します。礼文島の香深フェリーターミナルは、2015年に改修工事がされ、エレベーター、エスカレーターが備えられ、バリアフリー化もされているので誰でも利用しやすい施設になっています。また、香深フェリーターミナルにはボーディングブリッジも設けられたため雨や雪に当たることなくフェリーの乗り降りをすることができます。

香深フェリーターミナルの建物の2階には、日本最北の寿司店である「寿し処武ちゃん」があり、お寿司やうに丼の他ラーメンなども食べることができます。また、香深フェリーターミナル1階には売店があり、昆布や海産物など礼文島の特産品を買うことができます。

香深フェリーターミナルのすぐ向かいには、礼文おみやげセンターやレンタカー店、ガソリンスタンドなどが並んでいます。夏の観光シーズンには、全てのレンタカーが出払うこともあるので、事前に予約しておくことをおすすめします。原付バイクに乗れる方はレンタバイクの利用も便利です。

北海道礼文郡礼文町香深村

[4travel]香深フェリーターミナル

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ8. 株式会社レブニーズ 島の人 礼文島本店


株式会社レブニーズの礼文島の店舗「島の人 礼文島本店」では、礼文島の観光や宿泊施設の情報を発信しています。「島の人 礼文島本店」の店舗は香深フェリーターミナルから車で40分の礼文島の最北端「スコトン岬」にあり、利尻昆布やウニ、そして全国の物産展で人気の商品「島の人サーモン重ね巻」など、礼文島の名産品やお土産品を販売しています。また、「島の人 礼文島本店」では利尻昆布の粉末を練り込んだ「昆布ソフトクリーム」も人気です。

「島の人 礼文島本店」は、礼文島の他に直営店が、新千歳空港に2店や東京の玉川高島屋にあり、通信販売も行っているので全国でウニや昆布など礼文島の特産品を味わうことができます。

北海道礼文郡礼文町船泊字須古頓

株式会社レブニーズ 島の人 礼文島本店

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ9. 炉ばた ちどり


礼文島の香深フェリーターミナルから徒歩3分の場所にある居酒屋「炉ばた ちどり」。「炉ばた ちどり」の店内には全32席あるが、観光シーズンだと開店直後から行列ができる礼文島では人気のお店です。「炉ばた ちどり」で一番人気はホッケを使った「ホッケのチャンチャン焼き」。一般的にチャンチャン焼きは鮭と野菜を味噌で味付けした料理だが、ここ礼文島ではホッケを使います。しかも、そのホッケは「根ボッケ」。根ボッケとは、回遊せずに岩礁に住み着いた真ホッケのことで、脂ののった締まった身が特徴のホッケの中でも高級品のホッケです。

「炉ばた ちどり」の「ホッケのチャンチャン焼き」は、獲れたての根ボッケを干さずに生のまま、炭火にのせてじっくりと焼いて、焼けたところから身を箸でほぐし、身に乗せられたみそと長ネギをつけながら食べる礼文島の名物グルメです。「炉ばた ちどり」では、メニューは他にも人気のうに丼やいくら丼、定食なども揃っているので家族で行っても楽しめるお店です。

北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ入舟

炉ばた ちどり

利尻島、礼文島のおすすめスポット&グルメ10. 花れぶん


「花れぶん」は、礼文島の香深フェリーターミナルから徒歩5分。あらかじめ連絡しておけば無料の送迎バスも手配してくれます。礼文島で一番高級な温泉宿である「花れぶん」は、高山植物が見られる散策路、桃山展望台の山並みを背にして建ち、目の前には漁火を灯した漁船が行きかう香深港や、利尻富士、朝焼けや夕やけに染まる日本海を望む絶景宿です。

「花れぶん」の4階の全フロアーに広がる展望大浴場は、海を一望できる眺めと天然温泉が自慢で、ハーブ湯や潮風の香りを楽しみながら入浴できる露天風呂も備えられています。湯上がり所では、お風呂上りにゆっくりとくつろぐことができ、無料で昆布のエキスたっぷりの「こんぶ水」も飲むことができます。

「花れぶん」の食事には、礼文島ならではの獲れたての新鮮な海の幸が並び、朝食には礼文島名産のウニを使った茶わん蒸し等の礼文島グルメを味わうことができます。

北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ558

花れぶん

北海道の秘境利尻島と礼文島のおすすめスポット&グルメ10選 まとめ

今回ご紹介した北海道の利尻島と礼文島には離島ならではの手つかずの自然が残り、利尻島や礼文島でしかでしか見ることのできない貴重な高山植物を求めて、夏の観光シーズンには多くの人が訪れます。また、利尻島や礼文島で採れたウニや昆布をはじめ新鮮で美味しい海産物も魅力的。稚内からはフェリーで2時間弱とちょっとした船旅気分も味わえます。是非みなさんも今年の夏には利尻島と礼文島に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
北海道
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび