大人の街 北千住 ディープな飲み屋、居酒屋8選!

関東

北千住といえば、年配のサラリーマンや地元の親父衆の集まる大人の街。大人を惹きつける理由は、どの居酒屋も料理がおいしいのに値段が安いというコスパ。これは地元に「市場(足立市場)」があるがゆえです。さらに大人向けのディープな飲み屋街もあります。

ここではそんな北千住の「おすすめ居酒屋」を厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

北千住 ディープな飲み屋、居酒屋1.大はし

北千住駅西口、旧街道の「宿場通り商店街」に店を構える「大はし」。「北千住の居酒屋で知らぬものなし」とまでいわれます。その理由は「東京三大煮込み」などとも評される「煮込み」があるからです。

「煮込み食べるためにわざわざ北千住に出向く価値あり」といえるほどの名物には、2種類のメニューがあります。

「肉とうふ」と「牛にこみ」(各320円税込)です。同じ煮込みですが「豆腐」のあり、なしの違いになります。できれば、お代わりして両方楽しむのがおすすめです。

飲み物は下町飲み屋の定番「キンミヤ焼酎」にしましょう。一緒に出される「梅シロップ」が牛の煮込みにピッタリです。

もうひとつの名物が「豆腐ダブル(肉なし)」。メニューにないので「裏メニュー」になりますが、注文すればすぐに出してくれます。2回目のおかわりはこちらがおすすめです。

大はしは煮込み以外にも、刺身やほかの料理も充実している北千住を代表する居酒屋の一軒といえます。

北千住 ディープな飲み屋、居酒屋2.千住の永見

北千住で飲み屋のディープ感を味わうならこの店をおいてない、とまでいえる居酒屋が「千住の永見(せんじゅのながみ)」です。北千住駅西口すぐの場所にあります。

北千住駅前の通称「飲み横(飲み屋横丁)」とも呼ばれる「ときわ通り」入口に店を構え、15時半に開店の「夕飲み」ができる飲み屋です。

千住の永見の名物は「千寿揚げ」。玉ねぎたっぷりのオリジナルさつま揚げで、熱々のジューシーな状態で提供されます。

もうひとつの人気メニューが「カレーコロッケ」。素朴な味ながらビールに最高のおつまみです。千寿揚げと並ぶ人気揚げ物のツートップです。

その他、刺身も焼き鳥もおすすめで、北千住の飲み屋の雰囲気を味わうには一番の居酒屋です。北千住駅を降りたら、まずは千住の永見でワイワイやりましょう。

北千住 ディープな飲み屋、居酒屋3.徳多和良

北千住の立ち飲み居酒屋として圧倒的な知名度を誇る店が「徳多和良」でしょう。北千住駅西口から徒歩7~8分の場所で、看板には「割烹くずし」とあります。

厨房を囲んだL字のカウンターで常に満員の店内ですが、メニューもわかりやすく、注文しやすいのでゆっくりと飲むことができます。

徳多和良では、何といっても魚の品質が高くて安いのが売りで、400円(税別)、500円(税別)、600円(税別)というシンプルなメニュー構成になっています。魚は旬のものを使うためその日によって品書きは変わります。

定番の名物ともいえるのが「あん肝」(400円税別)。素材が違い、腕が違うとこれだけ差が出るのかと思わせる一品です。

徳多和良は立ち飲み屋なので、いくつかのルールがあります。まず「入店は3名まで」、これは分かれて入って合流ということも禁止です。次に「入店はメンバーが揃ってから」、そして「1時間制」になります。

このルールを守って、北千住の立ち飲み屋を楽しみましょう。

北千住 ディープな飲み屋、居酒屋4.酒屋の酒場

「酒屋の酒場」は北千住の地元で愛され50年以上という居酒屋です。北千住西口駅前通りをまっすぐに、国道4号線を渡ってさらに200mほど先にあります。駅前の飲み屋街からは少し外れた、まさに地元の飲み屋です。

酒屋の酒場は刺身が新鮮で安いのが売りです。特におすすめは「まぐろ中落ち」400円(税込)。この品質の刺身がこの値段というのは、かなりのコスパだといえます。

もうひとつのおすすめが「アジフライ」。刺身にできる新鮮なアジで作るフライは、熱々のサクサクで旨みがたっぷり。ビールにも日本酒にもピッタリのおつまみです。

酒屋の酒場が、駅から少し離れた場所にありながらいつも盛況なのは、やはり地元の飲み屋として多くの人から愛されているということでしょう。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび