竹富島 沖縄の原風景で癒される!水牛観光ツアーやおすすめの宿など!

沖縄

沖縄の石垣島からフェリーで約10分の離島「竹富島」。

周囲約9キロの小さな島「竹富島」の北西部には3つの集落が集まっており、これらの集落の建物は赤い瓦の木造で、道には白い砂が撒かれているなど、沖縄の原風景をそのまま残しています。

島内の観光には水牛車が使われ、集落の中をゆっくりと水牛車が移動する風景はまさに沖縄のイメージそのものです。

今回は、人気の観光地「竹富島」のおすすめの観光、グルメ、そして宿泊施設をご紹介します。

スポンサーリンク

竹富島へのアクセス

「竹富島」に行くには、まず八重山諸島の主島である石垣島に「飛行機」で渡ります。「石垣島」からは石垣港離島ターミナル発着の高速船かフェリーで移動します。

所要時間は高速船で約10分です。運航は、安栄観光、八重山観光フェリー、ドリーム観光の3社が行っていて1時間に2本~3本の船が出るのでとてもアクセスが便利です

「竹富島」にはレンタカーやレンタバイクがないので、島内の移動にはタクシーか貸切バスを利用するか、レンタサイクルで自転車を借り潮風を感じながらゆっくりと観光するのもおすすめです。

竹富島の観光

水牛車

八重山の中でも特に沖縄の原風景が強く残る「竹富島」。「水牛車」に揺られながら、その集落を巡るツアーは、「竹富島」に行ったら是非体験してほしい観光メニューです。

水牛使いの通称「おじぃ」が島の歴史や集落の特徴、植物などについてな話り、三線を奏でながら巡る旅は「竹富島」の雰囲気をたっぷりと楽しめます。

「水牛車」は新田観光と竹富観光センターが行っており、新田観光は、なごみの塔や安里屋クヤマなどの名所を巡る西側を、竹富観光センターは西塘御嶽方面、まちなみ館や竹富観光センターがある東側を周るコースです。

なお料金はどちらも港からの送迎付きで、大人1,200円、こども600円、所要時間はおよそ30分です。

コンドイ浜

「コンドイ浜」は、「竹富島」の西側に広がる島を代表する人気のビーチです。真っ白な砂浜と透き通るようなエメラルドグリーンの海が、まるで絵にかいたような美しさです。

「コンドイ浜」は、海水浴場でもありますがその絶景から人気の観光スポットでもあり多くの観光客で賑わいます。

ビーチの向こうには、西表島や小浜島、黒島などが見渡せ昼は海水浴や景色を楽しむ観光客で賑わい、夕刻は宿泊客や島民が夕陽を眺めながらくつろぐ憩いの場となっています。

コンドイ浜周辺の海岸線は、西表石垣国定公園における第二種特別地域にあたり厳しく開発が制限されていますが、沖縄県が園地を設けていて無料のトイレやシャワーが設置されています。

また、シーズンにはビーチパラソルやビーチチェア、シュノーケルセットなどのレンタルショップも開き、手ぶらで行っても楽しめます。

西桟橋

2005年に国の登録有形文化財に登録された「西桟橋」は、海に沈む美しい夕陽の絶景が見られることで「竹富島」の人気のスポットです。

「西桟橋」は、1938年に作られ1971年頃までは西表島から来る船の荷揚げに利用していた桟橋です。

「西桟橋」は全長約105mの長さがあり、昼間は満潮時に行くと澄みきった海の中を泳ぐカラフルな魚たちを鑑賞することができます。

また夜は桟橋に寝そべって満天の星空を見ることができます。「西桟橋」から眺める素晴らしい夕陽と夜の星空は、「竹富島」に宿泊する人だけの特典です。

カイジ浜

「竹富島」を代表する人気のビーチ「コンドイ浜」からコンドイ岬を越えて南隣にあるのが「カイジ浜」です。「カイジ浜」は潮の流れが速いので遊泳は禁止されていますが、砂浜がきれいで木陰もあるのでのんびりとした時間を過ごすのにおすすめのビーチです。

カイジ浜は別名「星砂の浜」とも言われていて、その名の通り白い砂浜の砂の中からは、太陽や星の形をした貝殻を拾うことができます。ちなみにこの星の砂は、有孔虫(ゆうこうちゅう)という微小生物の殻です。

「カイジ浜」は国立公園なので、砂ごとすくって持ち帰ることは禁じられていますが、星の砂はお持ち帰りOKです。また、周辺には星の砂のお土産やアクセサリーも販売されている売店もあります。

なごみの塔

老朽化のため2016年から立ち入りが禁止されましたが竹富島のランドマークともいえる建築物が「なごみの塔」です。

「なごみの塔」は竹富島の中央にある小高い丘に建つ、高さ4.5mの塔で、塔の上からは赤い瓦屋根の民家やきれいな海など島全体を見渡すことができ、人気の撮影スポットになっていました。

現在は、下からその姿を見たり撮影したりすることしかできませんが、「竹富島」に行ったら是非訪れたいスポットです。

安里屋クヤマ生誕の地

沖縄民謡「安里屋ユンタ」の主人公で、絶世の美女と伝えられるクヤマの生誕地で、水牛車のコースにも入っており竹富島の人気観光名所の一つです。

「安里屋クヤマ」は、誰もが驚くほどの絶世の美人で、役人などからたくさんの求婚があったにも関わらず「竹富島」に残る為に生涯独身を貫いたことで有名です。

家には、今も末裔が住んでいるので一般開放はされていませんが、当時クヤマが畑の帰り道に石を拾って積み上げた石垣がそのまま残っています。

「竹富島」は、石垣島から高速船で約10分と近いため殆どの観光客が日帰りで訪れますが、夕刻からの「コンドイ浜」や「西桟橋」では絶景の夕日や都会では見られない満天の星空を眺めることができます。ぜひ「竹富島」に宿泊して、それらの魅力を体感してみてください。

竹富島の宿

星のや竹富島

「星のや竹富島」は、珊瑚の石垣に囲まれ琉球赤瓦を使った沖縄の伝統建築を再現した一棟貸切の宿です。 客室はズーキ、ガジョーニ、ギャンギの3タイプ。

いずれも一棟ごとにプライベートな庭がついたヴィラで、竹富島の伝統と現代的なアレンジを組み合わせ快適に過ごせる空間になっています。

食事は、竹富島の獲れたて新鮮な海産物や、島で育つ野菜やハーブなどを使ったオリジナルフレンチ。

国際コンクールでの受賞歴もある料理長が作る沖縄の食材や伝統料理を生かしたフレンチを味わえます。また、客室の庭でプライベートバーベキューも楽しむことができます。

ホテルピースアイランド竹富島

港から歩いて10分の竹富集落の中にある美しいコテージタイプの宿泊施設が「ホテルピースアイランド竹富島」です。

沖縄伝統の素材「琉球漆喰」が使われた壁が印象的な赤瓦のコテージは、スタンダードツインルームの他にファミリータイプ、コネクトルームもあり、人数や用途に合わせてお部屋を選べます。

施設内には、沖縄の食材を使った料理が楽しめるレストラン「ゆくい処あかばな~」や長期の宿泊に便利な洗濯乾燥機が設置されたランドリースペースもあります。

やど家たけのこ

「竹富島」の人気観光スポット「西桟橋」まで歩いてすぐの場所にある「やど家たけのこ」
は、1日6組限定でゆっくりと竹富島の雰囲気を味わえる宿です。

全室が落ち着ける和室で、開放感のある吹き抜け天井の部屋では、畳の上にゴロリとなってくつろげます。各部屋には浴室や洗面所、トイレがありプライベートもしっかり確保されています。

「やど家たけのこ」は、手作りの沖縄料理が人気です。落ち着いた雰囲気の食堂で、地元ブランド牛の石垣牛や竹富島産の車エビ、島野菜などを竹島島や八重山の食材を使った沖縄料理が楽しめます。

竹富島のグルメ

そば処竹の子

「竹富島」で一番人気の食事処「そば処竹の子」。「西桟橋」の近くにある「そば処竹の子」は八重山そばやソーキそばがおすすめの創業40年の老舗食堂です。

港からは歩いて15分ほどの場所にお店があり、昼時には行列ができるほどの人気です。エアコンの効いた涼しい店内か、潮風が心地よい開放的なオープンテラスのどちらかで食事を楽しめます。

「そば処竹の子」の一番のおすすめは「八重山そば」で、透明であっさりとしながらコクのあるスープに、店オリジナルの島とうがらしで作った香辛料「クチュ」をかけていただきます。

値段のお手頃で「八重山そば」が1杯650円。大人気で日によっては売り切れになる「ソーキそば」でも1杯850円です。

お食事処かにふ

「お食事処かにふ」は、「竹富島」の集落内にあるオシャレな定食屋さんです。

お店は、「竹富島」の中心部、水牛車の乗り場近くにあり、お店の入り口や周囲の低い塀の上にはユニークな表情や仕草のシーサーがたくさん並んでいます。

「お食事処かにふ」は、竹富島で一番大きな飲食店で広い店内は、天井が高く開放的で木のぬくもりたっぷりの空間です。

「お食事処かにふ」の豊富なメニューの中でおすすめは、揚げ物。「4種の揚げ物スペシャル」は、石垣産牛のメンチ、グルクン(白身魚)フライ、エビフライ、島豚ロースの1枚揚げと4種類が一度に楽しめるボリューム満点のメニューです。

夜はオリオンビールや泡盛のメニューもありてびち(豚足)のから揚げなどをつまみにお酒も楽しめます。

竹富島で沖縄の原風景を味わおう!

いかがでしたか?今回は、八重山の中でも沖縄の原風景を残す「竹富島」をご紹介しました。赤い瓦の集落の中を水牛車がゆっくりと進む景色は、なつかしい沖縄の伝統的な風景です。

石垣島からは約10分。都会では味わえないようなゆっくりとした時間が流れる「竹富島」にぜひ行ってみてくださいね。

スポンサーリンク