北海道 函館朝市のおすすめグルメ8選

北海道

JR函館駅から徒歩1分の場所にある、函館でもっとも観光客に人気のあるスポットの「函館朝市」。その函館朝市の来客数は年間180万人~200万人とも言われ、お店の数は周辺も含めると約280店舗あります。

今回は、そんな函館朝市の中で特におすすめのお店と自慢のメニューをご紹介します。

スポンサーリンク

函館朝市のおすすめグルメ1. うに むらかみ 函館本店

JR函館駅から歩いて3分のアクセス、函館朝市の奥のアールロード1号館に「うに むらかみ函館本店」はあります。「うに むらかみ函館本店」ウニ加工会社直営のウニ料理専門店なので、無添加の新鮮なウニが地元ならではのお手頃な価格で食べられると人気のお店です。

お店で一番人気のメニューは、「無添加の生うに丼」。「うに むらかみ函館本店」では、形を保つために普通使われるミョウバンを使用していないので、ウニ本来の濃厚な甘みを味わうことができます。まずは何もつけずにそのままで、生ウニ本来の味を楽しんで、その後に自家製の出汁醤油をかければさらに甘さが引き立ちます。

「うに むらかみ函館本店」の他のおすすめメニューは、「自家製うに屋のウニグラタン」。ホワイトソースにしっかりとウニを練りこみ、うにの殻の器に入れて焼き上げたグラタンは、とろりとした食感と甘さは、まるで上質なスイーツのようです。また、自家製のうに味噌をたっぷり塗って焼き上げた「うにのせ焼きおにぎり」もお酒の〆におすすめ函館グルメです。

函館朝市のおすすめグルメ1. きくよ食堂

JR函館駅のすぐそば、朝市仲通りを進んでいくと、黄色い看板に緑の暖簾が目印の「きくよ食堂」があります。「きくよ食堂」は昭和31年から函館で暖簾を守り続けている老舗の食堂で、海鮮丼を食べるならここと地元の人もおすすめするお店です。函館朝市の内に本店、支店があり、ベイエリアにもベイエリア店があります。

「きくよ食堂」で一番人気のグルメメニューは「元祖函館巴丼」。函館近海で獲れた、新鮮なウニとイクラ・ホタテがたっぷりとのった丼です。無添加塩水の生ウニと、厳選された良質のイクラ、殻から外したてのホタテは、甘みも食感も最高の逸品です。その他にも、「きくよ食堂」の「大漁丼」はウニ、イクラ、ホタテの他に、カニ、エビ、イカ、アワビの7種類の海鮮がのった超贅沢なグルメメニューで、まさに口の中が大漁です!

「きくよ食堂」は定食のメニューも豊富で、人気のイカ刺身定食や、イカソーメン定食の他に、ふっくらとした身が美味しい銀だら焼き定食や紅鮭ハラス焼き定食など、どれを食べようか迷うほどに美味しそうなグルメメニューが並んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク