沖縄 古宇利島 大切な人と訪れたい恋の島!素敵なビーチやカフェがいっぱい!

沖縄

沖縄県は、沖縄本島をはじめ160の島々からなりますが、そのうち離島が148、本島と橋などで繋がっている島は11です。

「古宇利島」は、本島の北部「屋我地島(やがじしま)」との間に全長1,960mの「古宇利大橋」とで結ばれています。「古宇利島」は周囲8㎞の小さな島ですが、素敵なビーチと美しい海などの自然が魅力で、おしゃれなカフェやラグジュアリーはホテルなどもあり人気の観光スポットです。

「古宇利島」には、アダムとイブに似た伝説が残っていて「恋島(くいじま)」とも呼ばれています。今回は、そんな恋の島「古宇利島」のおすすめの観光スポットやホテル、そして素晴らしい景色が楽しめるカフェをご紹介します。

スポンサーリンク

古宇利島へのアクセス

那覇から車で「古宇利島」へは、沖縄自動車道、国道58号線を通り、屋我地島を経由し「古宇利大橋」を渡ります。

所要時間は、那覇空港から距離にして約90km、車で1時間30分ほど、那覇市街地からは約82km、 1時間20分ほどです。

古宇利島の観光名所 古宇利大橋

沖縄本島から奥武島、屋我地島を経由しており、屋我地島と古宇利島を結ぶ「古宇利大橋」。

「古宇利島」の最大の観光名所で、橋の全長1,960mのほとんどが海の上を通っていて、車で走ると両側にエメラルドグリーンの海の絶景が広がります。

「古宇利大橋」は、車はもちろん、のんびり徒歩でも渡る事もできます。

このあたりの海は透明度が高いので、橋の下を泳ぐ魚やウミガメやマンタ、イルカの姿を見ることができるかもしれません。カメラを片手にゆっくりと橋の上の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

古宇利島の観光名所 ハートロック

「古宇利島」の北部にある「ティーヌ浜」。ここにテレビのCMで有名になった「ハートロック」と呼ばれる2つの岩があります。

海から出ている2つの岩をある角度からうまく重ねて見たときに、きれいなハート型に見えます。

「恋島」ともいわれる「古宇利島」で、二つの岩が重なってハート型に見えるなんて、とってもロマンチック。とくにカップルにおすすめの観光スポットです。

古宇利島の観光名所 古宇利オーシャンタワー

2013年にオープンした「古宇利オーシャンタワー」は、海抜82mの高台にあり、展望台からは、古宇利島を囲むエメラルドグリーンの海や本島に続く「古宇利大橋」を上から眺めることができます。

「古宇利オーシャンタワーに」は、1階に「古宇利島資料館」があり古宇利島の歴史に関する資料が展示されています。

2階と3階は展望フロア、屋上にはオーシャンデッキがありエメラルドグリーンの海と「古宇利大橋」の眺望をパノラマで楽しめます。

また、館内には世界中から集めた1万点以上の貝がディスプレイされた「シェルミュージアム」や、貝で作られたアクセサリーを販売する「シェルショップ」、海を見ながら限定スイーツが楽しめる「オーシャンカフェ」、沖縄でも最高の眺望が魅力のレストラン「オーシャンブルー」などがあります。

古宇利島のおすすめの宿 ラ・カシータ古宇利

「古宇利島」の北部、ハート型に見える「ハートロック」がある「ティーヌ浜」や「ポットホール」のある「トケイ浜」の人気の観光スポットから歩いて5分の場所に「ラ・カーシタ古宇利」はあります。

「ラ・カーシタ古宇利」は、プライベートな時間をたっぷり楽しめる1日に1組限定の宿。客室は56㎡のゆったりとしたジュニアスイート。

壁や天井は琉球漆喰、部屋の各所には琉球石灰岩、赤瓦、琉球ガラス、琉球紅型、シーサー、やちむん(沖縄の言葉で「焼きもの」のこと)琉球ガラスなどが置かれ、沖縄テイスト溢れる雰囲気です。

ジャグジーが設置されたテラスも62㎡あり「古宇利島」の美しい自然を眺めながらくつろぐことができます。

食事は、沖縄の麹から作った自家製酵母の手作りパンや自家菜園で栽培した野菜をはじめ、古宇利島、やんばる、沖縄県産の食材など季節の旬の食材を使った料理が楽しめます。

古宇利島のおすすめの宿 MUKAKA VILLA 古宇利島

「 MUKAKA VILLA古宇利島」は、1日1組限定の絶景が魅力のプライベートヴィラ。

歩いて3分でビーチに行って泳げ、「恋島」と呼ばれる「古宇利島」の象徴的な観光スポット「ハートロック」までも徒歩3分の場所にあります。

テラスと一体化したプラーベートスイートの客室は広さ90㎡と開放感のある空間で、テラスに出ると心地よい潮風を感じながらエメラルドグリーンの海と緑のさとうきび畑の景色を楽しめます。

食事は「 MUKAKA VILLA古宇利島」から車で5分の、提携レストラン「L lota(エル・ロタ)」で、古宇利島産や沖縄産の肉や魚、季節の野菜、果物を使った料理を楽しめます。

古宇利島のおすすめの宿 オーシャンヒルズ古宇利

「オーシャンヒルズ古宇利」は、「古宇利島」でナンバーワンの人気スポット本島と古宇利島を結ぶ「古宇利大橋」から車で約3分の高台に建つ、プライベートコンドミニアムスタイルのホテルです。

琉球赤瓦を使ったコンドミニアムからはエメラルドグリーンの海とそこに架かる「古宇利大橋」の絶景が一望できます。

オーシャンビューの「ストレート テンニンカ」は、プライベートテラスやウッドデッキ、バーベキュースペースがあり、広々44㎡ののスイートルームのジャグジー付きのバスルームの窓からは南国の植物を眺められるます。

有料でバーベキューグリルを借りることができ、プライベートテラスで夕日に染まる海を眺めながら食事を楽しめます。

古宇利島のおすすめカフェ&レストラン

カフェ・しまやど・陶芸工房 t&Cとうらく

本島と古宇利島をつなぐ「古宇利大橋」を渡り島を左回りに走る道を少し進むと、その道沿いに「カフェ・しまやど・陶芸工房 t&Cとうらく」があります。

「カフェ・しまやど・陶芸工房 t&Cとうらく」は、古宇利島の中でも高台に位置しているので、テラス席からは最高の眺めが楽しめます。店名の「とうらく」は、「島を楽しむ」、「陶を楽しむ」の意味でつけられ、隣接する工房で作られた美しい陶器をカフェでも利用しています。

「カフェ・しまやど・陶芸工房 t&Cとうらく」のおすすめは 、メインを肉か魚で選べる「創作ランチ」です。古宇利島産や沖縄産のあぐー豚や海ぶどう、ゴーヤなどを使った地産地消のこだわりランチです。

カフェ&レストラン 海の家YOSHIKA

「古宇利大橋」を渡り、「古宇利島」に入るとすぐの場所にある個性的な外観のお店「カフェ&レストラン 海の家YOSHIKA」。

スタッフみんなで手作りしたという建物の2階はカフェ&レストランになっていて、「古宇利島」の海やそこに真っすぐ伸びる「古宇利島大橋」などの絶景を眺めながら食事を楽しむことができます。

「カフェ&レストラン 海の家YOSHIKA」には、アグー専門店吉豊の「古我知アグー」を使用した「古宇利島丼」や、古宇利島で採れたウニや海ぶどうを使った海鮮丼などが人気です。

スイーツメニューも豊富で、濃厚な美味しさの「極上ソフトクリーム」やサトウキビのソースがかかった「きびソフト」がおすすめです。

「カフェ&レストラン 海の家YOSHIKA」の1階は、ドミトリー「古宇利島ゲストハウスYOSHIKA」になっていて気軽に宿泊することができます。

カフェ フクルビ

ロマンチックなハートの形をした岩「ハートロック」がある「ティーヌ浜」から歩いて行ける高台に建つ白い建物が印象的な「カフェ フクルビ」。開放的な広い店内からは大きな窓を通して古宇利島の青く広がる海が望めます。

「カフェ フクルビ」のフードメニューは、やんばる島豚を使ったハンバーグやロースステーキ、長時間かけてトロトロに煮込んだ豚足をフライパンで表面をパリッと焼き上げた「てびちの塩焼き」、海ぶどうと漬けマグロを使った「海ぶどう丼」など「古宇利島」らしい料理が並びます。

また、南国のフルーツを使った「ドラゴンスムージー」や「マンゴースムージー」、「シークァーサーフローズン」などカラフルで美味しいドリンクも人気です。

店内には、お土産にぴったりのかわいらしい雑貨や古宇利島の黒糖を使ったお菓子、オーガニックの蜂蜜なども販売されています。

恋の島「古宇利島」でロマンチックなひと時を!

いかがでしたか?今回は、アダムとイブに似た伝説が残っていて「恋島(くいじま)」とも呼ばれている「古宇利島」をご紹介しました。

沖縄本島から「古宇利大橋」を通って車で行ける「古宇利島」は人気のドライブコースでもあり、島内のおしゃれなカフェや「ハートロック」のある「ティーヌ浜」や「古宇利ビーチ」、「トケイ浜」などの美しいビーチを気軽に周ることができます。

沖縄観光の際には、ぜひ「古宇利島」まで足を伸ばしてみてくださいね。

スポンサーリンク
沖縄
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび